四万のコバルトブルー

四万的钴蓝色

老神温泉を発って、群馬県を東から西へと横断、四万温泉を目指す。日本ロマンチック街道からは、「まんが日本昔ばなし」の舞台さながらののどかな田園風景が一望でき、再びタイムトリップ気分を味わった。
离开老神温泉后,从东到西横越群马县,去四万温泉。日本浪漫街道上可以望见像《漫画日本故事》的舞台那样悠闲的田园风景,我又感到了时光旅行的感觉。

途中から四万街道に入り、しばらく北上すると左手に四万湖が現れた。
中途进入四万街道,北上了一会儿,左边出现了四万湖。




中之条ダムをせき止めた人造湖だが、水は透き通っていて、魚の影まではっきり見える。
这是中之条水库拦出来的人工湖,可是水很清澈,甚至鱼影都看得清楚。




コバルトブルーの美しさに引き込まれる。
钴蓝色的美吸引人。






湖畔に小さな食堂と貸しボート屋があったが、利用客は見当たらず、勝手口でおばあちゃんが孫らしき女の子をのんびりあやしていた。
湖边有小食堂与出赁小船店,却没有看到利用者,在后门有一位老太太悠然自得地逗弄着看来是她孙女的女孩。




もう少し北上すると群馬県の天然記念物、四万の甌穴がある。遊歩道の手前には売店があり、おじさんが道行く人に「帰りに見ていってね!」と声をかけている。店の前にはポットと湯のみを用意して、自由にお茶が飲めるようにしてある。酒造見学や朝市でも感じたが、旅先でこういう気配りに遭うのは、何ともうれしいものだ。
进一步朝北去,就有群马县自然保护物;四万瓯穴。散步道的这边有小卖店,有位叔叔招呼通行人:"回来的时候,看一下吧!"。铺子前面准备着热水瓶与茶杯,以便客人随便地喝茶。我参观酒窝或去早市的时候也想:在旅游的路上遇到这种照顾就是格外高兴的。

遊歩道を下ると、見えてきました甌穴の数々。
下散步道时,就看到了几个瓯穴。




では上流からどうぞ。ちなみに、このさらに上流には四万温泉がある。
那么,请从上游看看。顺便说一下,更上游有四万温泉。




甌穴は小石が流れで転がりながら川底を削ってできたものだそうな。どのくらいの歳月をかけてこれだけの穴が穿たれたのだろうか、まったく自然の造形力には恐れ入る。
据说瓯穴是小石子因河流滚动着刨河底的结果挖出来的。我不知道通过多少岁月才挖出来这么大的坑,自然的造型力真的令人佩服。












四万温泉の手前には桃太郎の滝、
四万温泉的这边有桃太郎瀑布,




そして奥には四万川ダムをせき止めてできた奥四万湖があり、水の色はやはりコバルトブルーであった。
里头有四万川水库拦出来的奥四万湖,水色还是钴蓝色。





[PR]
by nohohonvillage | 2008-06-17 22:23 | 日本

滝上森林浴ハイキング

在瀑布上的森林中漫步

さらに上流に行くと、対岸へ渡る吊り橋がある。ここからの眺めも絶景だが、忙しい団体さんは手前で折り返して帰っていくようで、ちょっともったいない。
更上游架着吊桥,能度过对岸。 从这里看的景色绝佳,不过团体游客看起来忙着不看返回去,有点可惜。






上流側はこんな感じ。岸は水流で見事にえぐられている。
上游方面就是这样,岸边被水流深深地挖去。






今度は上から滝を見るべく、山の遊歩道へ。
此后,为了从上面看看瀑布,进山走走散步道。




入り口には昔食堂として使っていたらしき廃屋があり、天狗様が出迎えてくれた。そういえば上州は天狗の国であった。
散步道的门口有一个以前好像是作为食堂用的破房,一位天狗迎接了我,令人想起:上洲(群马县的旧称)原来是"天狗之国"呀!




岩場からすっくと生える樹々たち。
树木坚持地站在岩石上。




写真ではわかりにくいが、崖はかなりの急斜面で、足を踏み外せばそのまま滝へすべり落ちそうである。天狗様ならひょいひょいと跳び回れるのだが。
从照片上难看得出,可是悬崖的斜面相当陡峭,我想:万一失足的话,就会一直滑到瀑布。虽然天狗一定会轻捷地跑来跑去。




誰に見られるともなく可憐に咲くヤマツツジ。
山躑躅:即使谁都不看也开花开得很可爱。




第一観瀑台に到着。ここから眺めてみると、人ってなんてちっぽけなんだろう!
到了第一观瀑台。从这里望去,人显得非常小啊!




歩道脇に「塞の神」という神様が祀られていて、賽銭の入ったお椀はどれも底に穴が空いている。説明によると耳にご利益があるそうで、私も「聞こえがよくなりますように」とお願いしてきた。
散步道的旁边祭祀着一位神,称为《塞之神》,献香钱的碗底都开着洞。据说明,它对耳朵很灵验,因此我也祈求了:"请让我的听力更好"。




第二観瀑台からの眺め。残念ながら私の背丈ではこれが限界。
从第二观瀑台的眺望:遗憾的是,用我的个子已经达到了极限。




「私を見て!」と手を差し伸べんばかりに咲いていたミヤマザクラ。白い花弁が清楚で美しい。
一棵深山樱花开得仿佛是边说:"看我!"边伸出手。白花瓣既整洁又漂亮。




第三観瀑台からは、水の落ちる様子もはっきり見えた。
从第三观瀑台能看到瀑布,水落下的样子也看得清楚。




下りはずっと急な階段が続くので、新緑と花を愛でながらゆるゆると降りる。逆ルートだったらさっさと断念してただろうなと思っていたところ、上ってくる老夫婦とすれ違い、その足取りの軽やかさにびっくり。
下山时一直连着陡峭的楼梯,所以我边赏新绿与花边慢慢下去。如果路程相反的话,可能早就放弃,我这样想的时候,与上来的一对老夫妻擦肩走过,他们的脚步却很轻松,让我吃惊。






階段途中に見事な朴の木を発見。
在楼梯的中途发现了一棵很大的日本厚朴树。




降り切ったところに橋があり、
下完楼梯的那里有桥,




下には老神渓谷が。
下面就是老神溪谷。






ふもとの茶屋から山を望む。切り立った岩肌が何とも神秘的で、やはり天狗様が潜んでいそうな雰囲気である。
从山脚的茶馆望山。峭立的岩石表面实在神秘,还是充满着仿佛是天狗隐藏的气氛。









「Qごろうとむしくんのグンマ」もどうぞ!
《Q吾朗和小虫去群马》也看一下!

[PR]
by nohohonvillage | 2008-05-26 22:05 | 自然

吹割の滝でクラクラ

吹割瀑布令人头晕

滝の脇には整備された遊歩道があるので、人間様は楽々と遡上できる。
因为瀑布的旁边有铺好的散步道,所以人家毫不费力地能去上游。






途中、激流によってできた天然のプールが(泳げません)。底はかなり深そうだ。
在路上有一个因激流挖出来的天然游泳池(不能游泳)。看起来水底相当深。




あんまり流れがきれいなので下ばかり見て歩いていたら、
水流特别漂亮,所以我只看下面走,






急に轟音が耳に入り、
但突然听到了轰鸣,




見上げると、そこには吹割の滝が!
我仰起头看:那就是吹割瀑布!




「でっかー!」思わず歓声を上げてしまった。
"好大呀!",我不知不觉发出了欢声。




奥の遊歩道にいる人々と大きさを比べてください。
请与里面的散步道上的人对比大小。




離れて見ると、水しぶきがまるで湯気のよう。
离开一下看看,水花象是热气。




足元これすべて急流で、
脚下都是激流,






じっと立っているうちに平衡感覚が怪しくなってきた。
一动不动地站了一会儿,就不能保持平衡的感觉了。




車酔いならぬ滝酔いがしてきたので、木陰でひと休み。
不是由于车,而是由于瀑布的原因头晕了,在树阴休息一下吧。




遊歩道脇には、ウツギ、ヤマブキ、ヤマツツジなど、初夏の花々が今を盛りと咲いていた。
在散步道旁边冰生溲疏,棣棠,山躑躅等初夏的花正在盛开。










動画もご覧ください。
动画也看一下。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-05-23 05:56 | 自然

鱒飛の滝

鳟飞瀑布

関東に長く暮らしながら、これまで群馬を観光する機会がなかったのだが、行楽日和の先日、新緑と温泉を味わいに出かけてみることにした。
我在关东地方生活了好久,却从来没有机会去群马县观光,几天前在宜于出游的天气下,去看看新绿,泡泡温泉。

最初の目的地は、吹割の滝。みやげ物屋が並ぶ小道を下ると、木立の隙間から渓流が見えた。
第一目的地就是吹割瀑布。在几家土产店鳞次栉比的小道下去后,从树丛缝里看见了一条溪流。






案内板によるとこちらは吹割ではなく鱒飛の滝。
导游牌说,这不是吹割瀑布,而是鳟飞瀑布。




岩場には立ち入り禁止を示す白線はあるものの、手すりや防護柵はなく、滝の迫力が間近に感じられる。水しぶきのなかには虹が。
虽然在岩石上有白线意味着禁止入内,但是因为没有栏杆或防护栅栏,所以眼前能感到瀑布的势力。在飞沫里挂着彩虹。




ちなみに鱒飛の滝は昔は「鱒止の滝」と呼ばれ、遡上してくる鱒がこの滝を越えられなかったのがその名前の由来だとか。
顺便说一下,鳟飞瀑布以前称为《鳟止瀑布》,据说是来自鳟鱼向上游时不能超过这瀑布。




崖の下で渦を巻く水は、
水在悬崖下卷起旋涡,




やがて岩を伝って流れてゆく。
然后顺着岩石,流下去。




滝の上に行ってみると、大きな岩盤の脇を勢いよく清水が流れていた。
去瀑布的上面,看到了在大岩石的傍边猛地流着清水。






今にも吸い込まれそうな青。
水很碧绿,我也好像快要被卷进去了。






この断崖も長い時間をかけて徐々に削られてきたのだろうな。
这悬崖也是通过很长时间渐渐地被刨出来的吧。




ところどころにヤマツツジの紅が見える。崖を削る水の力ももちろんすごいが、絶壁に根を張る木の生命力もすごい。
这儿那儿看得到山踯躅的红色。刨悬崖的水力当然了不起,可是在绝壁上扎根的树木的生命力也了不起。





次回は吹割の滝を紹介します。
下次我要介绍吹割瀑布。






★よろしければ「Qごろうとむしくんのグンマ」もどうぞ!
如果有兴趣的话,《Q吾朗和小虫去群马》也看一下!

[PR]
by nohohonvillage | 2008-05-20 23:06 | 自然

そして夜桜。

还有夜撄。


[PR]
by nohohonvillage | 2008-04-03 20:36 | 自然

青空と桜

蓝天与樱花

花曇りの桜も味わい深いが、青空にキラキラ輝く桜も好きだ。
淡云蔽空下的樱花很雅致,可是我很喜欢在蓝天下光辉耀眼的樱花。

真っ青な空に満開の白いソメイヨシノ


天まで届け!
长长到天空!

上へ上へと枝を伸ばす桜


こんな桜の木のある庭に憧れる。
我向往有这些樱树的院子。

庭の松や高い桜の木


公園には桜の天蓋が。
在公园里发现了樱花的华盖。

上空を覆う満開の桜


一本橋や
独木桥与

画面を横切る太い幹


アーチ門も。
弓形门也有。

桜と桜の間に青空が覗く


もう若葉が出ている。早いなぁ。
已经长出了新叶。真快啊!

葉が出たばかりの桜の花アップ


こちらは大島桜。
这是大岛樱。

大島桜の大木


ソメイヨシノに比べて賑やかな感じがするのは、花も葉も一緒に顔を出すからだろうか。
与染井吉野比较起来,它有热闹的感觉:这是不是因为花开的同时长出叶子?

枝にびっしりと白い花と若葉


樹の下から見上げているだけで幸せな気分。
从树下抬头看就感到幸福的气氛。

空を覆うように咲く大島桜

大島桜アップ""


ソメイヨシノ。逆光で撮るとまったく違った表情を見せる。
染井吉野:用逆光拍照时它露出完全不同的表情。

光を背にした大島桜のシルエット


この木も大島桜かな。
这棵树也是大岛樱吧。

民家の前で咲く白い桜の若木


今、飛行機に手を振っているところ。
正在向着飞机挥手呢。

枝の指す先に白い点(飛行機)


このソメイヨシノも民家の庭で発見。かなりの老木と見た。
这棵染井吉野也是在民房的院子里发现的。应该是相当老的吧。

桜のごつごつした黒い幹


2本の幹が競うように伸びている。
两棵树干争先恐后地伸长。

絡むように伸びる2本の幹


奥のはガッツポーズしてるのかな。
里头的在举起双手表示胜利吗?

奥にもう一本の桜の木


カンヒザクラとの共演。
与寒绯樱的合演。

ソメイヨシノの手前に濃いピンクの桜が数輪


夕日を浴びて頬紅を差したように色づいた。
沐浴在夕阳中变粉红色,仿佛是搽胭脂了。

薄桃色に輝くソメイヨシノ

[PR]
by nohohonvillage | 2008-04-02 21:24 | 自然

花曇りの週末

淡云蔽空的周末

1週間前にまだ一分咲きだったソメイヨシノがもう満開になった。
一周前盛开一成的染井吉野已经盛开了。




あいにくの曇り空ですが、しばしの間バーチャルお花見をお楽しみください。
虽然不巧云多,但是请暂时享受网上赏花会。






















鳩も、
鸽子,






鯉も、
鲤鱼




鴨も(?)
野鸭子(?)




お花見中。
都在赏花中。




少し晴れ間が見えてきて、
晴一会儿了,




水面の桜もより映える。
映在水中的樱花也更清楚了。




野良猫もふり返りみる花の径
野猫也回头看的樱花道





[PR]
by nohohonvillage | 2008-04-01 22:41 | 自然

芽どき花どき

发芽了,开花了

住宅街のミモザアカシア。
住宅街的贝利氏相思树。




サンシュユ。
山茱萸。




これは、サクランボの花だろうか?
这是不是樱桃花?




遅咲きのツバキは、春の訪れに立ち会えて自慢気。
这朵山茶花开得晚,却能体会到春天的到来,扬扬得意。




君たちは居残り組かな?
你们是在加班的吗?




これも柑橘類かと思いきや、調べたらシキミであった。
我以为这也属于柑橘类,但查了一下知道它叫芥草。




ビワは11〜12月に花が咲き、半年かけて実をつける。
琵琶在11月到12月开花,用半年的功夫结果。




カタクリの花。満開までにはもう少し時間がかかりそう。
山慈姑花:看起来还要一会儿时间才盛开。




木々もまさに芽吹きどきだ。
树木也正在是发芽的时候。




「待ってました!」とばかりに顔を出した様子が可愛くて、近寄って手当たり次第に撮ってみる。
等春天等得着急,终于伸出头的样子很可爱,我靠近去它们那里,随便地拍照片。




と、通りすがりの母娘連れに、「それは何の木ですか?」と尋ねられた。
……植物研究者にでも見えたのだろうか。
这时侯,路过的一对母女问我:"那是什么树?"
——她们有没有以为我是植物研究者?





冬の間休ませた畑はほんのり紫色に染まっていた。
冬休的菜园稍微染成紫色了。




市民農園では厄介者だった、ホトケノザのしわざである。
でも、雑草と思わなければなかなか可憐ではないか。
是在市民农园给我添麻烦的宝盖草干的。
不过,只要想它不是杂草,就觉得它很可爱,是不是?





別の畑には茶色いものが多数顔を出している。
近寄ってみると、おお、何とも懐かしい、ツクシではないか!
(残念ながら、フェンス越しにつき、これが限界)
在另一个菜园上不少褐色的东西露出来。
靠近去看的我就叫欢声:哇,真令人怀念! 这是节节草嘛!
(遗憾的是,因为有栅栏,不能更靠近去拍)





若芽を身にまとった柳は、振り袖を着てはしゃぐ子どものよう。
身着新芽的柳树仿佛是穿着长袖和服欢蹦乱跳的孩子。




コブシの花の盛りは、ソメイヨシノより短いだろう。
玉兰花盛开的时间可能比染井吉野樱花短吧。




それでも太陽の光をめいっぱい浴びて咲く姿が好きだ。
即使那样,我喜欢它尽情地晒阳光开花的样子。




桃の花かな? こちらも天に向かって「わーい! 春だー!」と言っているようだ。
这是不是桃花? 它也好像是看着天空,高兴地说:"春天来了〜!"




これは梅ではなくカンヒザクラ。
这不是梅花,而是寒绯樱花。




そしてソメイヨシノもちらほら咲きだした。
于是,染井吉野樱也一个接一个地开花了。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-03-25 22:48 | 自然

梅は咲いたか

梅花开了吗?

先日、府中市郷土の森博物館へ梅を見に行った。昨年より2週間ほど経っていたので、もういい加減見頃だろうと思ったのだが、実際は固いつぼみのものも少なくなかった。やはりこの2月が寒すぎたからかなぁ。
前几天,我去府中市乡土森林博物馆赏梅花。今年去得比去年晚两周左右,我以为已经是正好看的时候了,但实际上还在含苞待放的不少。是因为今年二月太冷的原因吗?

おまけに、朝は穏やかな天気だったのに、博物館へ向かう頃から曇って寒風が吹き出し、せっかく用意したおむすびも震えながら食べるはめに。
并且,虽然上午天气比较暖和,但是到博物馆出发的时候天阴沉得很,冷风开始刮,结果特意准备的饭团子也不得不哆嗦地吃。

今年いちばん目を引いたのはしだれ梅。
今年最引人注目的是垂枝梅树。

白い枝垂れ梅

桃色の枝垂れ梅は満開


この梅の木は昨年も撮った覚えが。数珠つなぎに落ちる滝の水滴のように美しく、見るたびに感動する。
我记得去年也拍了这棵梅树:花开得像联成一串地落下的瀑布水滴一样漂亮,我每次都看得感动。

老木の白枝垂を見上げる


紅梅はもう見頃を過ぎて、ピンクの梅がそろそろ満開。可愛いなぁ。
红梅已经过了正好看的时候,粉红色的梅花就要盛开了。好可爱!

薄桃色の梅のアップ


春を告げる花は、心なしか黄色が多い気がする。曇天の下でもそこだけ日だまりがあるようで、見ていて心温まる。
我总觉得,通知春天的到来的花中,黄色的比较多。连阴天的下面也只有这种花的周围好像有阳光,看起来感到心情暖和。

「朧月夜」が歌いたくなる畑。
我一看这菜园,就想唱《朦月夜》(描写菜花田的日本歌→试听)。

菜園の一角に咲き誇る菜の花


水仙。
水仙。

水仙の花のアップ


福寿草。
侧金盏花。

水仙の根元に咲く数輪の福寿草


サンシュユ。
山茱萸。

小川をバックにサンシュユの花


マンサク。
金缕梅。

満開のマンサクの花


風がますます寒くなってきたので、梅園だけ駆け足で回って、民家見学はパスしたが、それでもお気に入りの旧越智家はしっかり押さえた。
因为风越来越冷,所以我匆忙地看了梅园,没有去看别的民房,不过,只有最喜欢的旧越智家仔细地看了。

昨年撮り忘れた生け垣もパチリ。
去年忘记拍的树篱也拍了。

民家を囲む常緑樹の高い生垣


この素朴で美しい佇まいに心惹かれるのだ。
我被这个朴素而漂亮的门面迷住。

茅葺き農家と菜園のある前庭


これは何を祀っているのだろう。お神酒がわが郷里の「司牡丹」なのがうれしい。
在这里祭祀什么神? 神酒牌是我故乡的《司牡丹》,令人高兴。

庭の一角に藁造りの祭祀所が


「ごめんください。また来ましたよ!」
"有人吗? 我又来了!"

農家の畳の間


ここに座って、お茶をすすりながら「この春は何を播こうか」と思案している自分を想像するだけでも楽しい。
我一想像自己坐在这里,喝杯茶,考虑今年春天播什么,心情就愉快了。

板の間から畑を見渡す


シイタケも栽培していた。取り残し一個発見!
蘑菇也栽培着。我发现了一个没收获的!

シイタケのほだ木


最後に、島田家のひな人形に挨拶をして博物館を後にした。
最后我告辞岛田家的桃花节偶人,离开了博物馆。

旧商家に古いひな人形が並ぶ


ところが皮肉なことに、駅へ戻る道すがら再び晴れて暖かくなってきたではないか。
不过天气捉弄人,我到车站的回去的路上天又晴,又暖和起来了。

青空とピンクの椿


梅園より沿道の梅のほうが見栄えがするとは思わなんだ。
没想到路边的梅花比梅园里的更好看。

青空と満開の桃色の梅





スライドショーで様々な梅の表情をお楽しみください。
请在幻灯上观赏各种梅花的表情。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-03-06 23:54 | 自然

新年散歩初め

新年初次散步

年明け早々、暖かい陽射しに誘われて散歩に出かけた。
刚过新年就被暖和的阳光吸引去散步了。

川原は、正月休みのせいか人っこ一人見当たらず、ハトがのんびり何かをついばんでいる。
不知道因为是不是新年休假,河滩上一个人都没看到,只有鸽子悠闲地啄食什么。

無人の川原を歩くハトの群れ


この近くに沼があり、以前見つけた際、勝手に秘密基地に認定したのだが、昨年の夏の洪水で川の形が変わったために、沼はすっかり干上がってしまっていた。だがその代わりに、沼と川の間に小さな池ができ、水がチョロチョロ湧き出していた。こうして見ると麻袋もディスプレイの一部のよう。
这附近有一个沼泽,我以前发现的时候随便认定为秘密基地,不过因为去年夏天发了大水,河川的形状变了,所以整个沼泽都干涸了。可是另一方面,沼泽与河川之间形成了小池子,水涓涓地涌出来。这样看来,麻袋也仿佛是展览的一部分。

池に沈む朽ち木と麻袋


水はとても澄んでいて、よく目を凝らすとメダカのような小魚が泳いでいた(小さすぎてこの写真では見えません)
水很清,目不转睛地看起来能看到像鳉一样的小鱼在游泳(因为它太小了,所以这照片上看不出来)

水面から石ころがくっきり見える


翌日もよい天気だったので、今度は山を散歩。
こちらも実に静かで、聞こえるのは葉音ばかりなり。
第二天也是好天气,上了山走一走。
这里也很寂静,只有叶子的声音能听到。


青空と枯木


葉っぱが全部枯れてもこの幹の佇まいに生きる意志を感じる。
即使叶子都干枯了,也这树干的样子令人感到活下去的意志。

ごつごつした幹が2本、空へと伸びる


そして地面にはドングリのための暖かいふとんが。
地上铺着橡子用的暖和的被子。

落ち葉が積もった細道


さくさくと音を立てながら歩く。
踩着落叶沙沙作响地走。

両脇に枯れ木のある落ち葉道


さらに奥には、おそらく自家用とおぼしき菜園がある。堆肥はもちろん、落ち葉。
更里面有看来是自家用的菜园。不用说,堆肥是落叶。

冬野菜の畑の周囲を落ち葉が覆う


たわわに実った果実が、今にも落ちてきそう。
果实坠得树枝都弯,快要落下来了。

黄色く大きな柑橘類が実る木


この農機具小屋はもう何十年使われてきたのだろうか。
这个农机具存放处被利用了几十年了?

壁に農機具がかかった木造小屋


モクレンだろうか、ふわふわの芽を発見。もう春の準備が始まっているのだなぁ。
发现了毛茸茸的芽:不知道是不是木莲。它为了春天已经开始了准备。

白いうぶ毛の生えた木の芽


数日後、再びあの川へ行ってみると、暖かい日が続いたおかげで、藻が生えていた。
几天后,再去看那条河川,由于这几天天气暖和的原因,长了藻类。

うす茶色の藻で濁った川面


魚はどこへ行ったかな。
鱼去哪里了?

さざ波の立つ水面

風が収まった水面


おぉ、いたいた! しかも数日前よりひと回り大きくなっているではないか。君らも春が待ち遠しいだろう。
哦,还在这儿! 而且,它们比几天前大了一圈嘛! 你们也盼望着春天吧?

小指大の小魚が群れをなして泳ぐ


対岸へと伸びる、光の飛び石。
伸到对岸的光的踏脚石。

川面にきらめく陽射し

[PR]
by nohohonvillage | 2008-01-15 23:15 | 自然