私の北海道アルバム4

我的北海道照相簿4

4日目は3つの湖を巡った。なかでも面白かったのは屈斜路湖。岸辺を棒切れで掘るとたちまち熱い湯が湧き出て即席温泉ができあがるので、しばし童心に返って砂遊びに興じた。湖畔には足湯のできる「砂湯」や無料露天風呂「コタン温泉」(コタンはアイヌ語で「村」の意)があるが、私が行ったときは露天風呂はすでに湯温が低く、やむなく入るのを断念した。
第四天游玩了三个湖,其中最有意思的是屈斜路湖。用树枝在岸边挖一挖,热水马上涌出,即席温泉做好了,所以我暂时回到童心,玩沙子取乐。湖畔有能泡脚的"砂汤"和免费露天浴地"コタン温泉"(コタンkotan是阿伊努语;"村落"的意思),只是我去的时侯露天浴地的水温已经降低了,不得不打消泡澡的念头。

※ちなみに、北海道には16の活火山があるそうです。→詳細はこちら
※据说北海道有16座活火山。→详细写在这里

<10月19日(日)4日目> 阿寒湖→屈斜路湖(砂湯、コタン温泉→硫黄山→摩周湖→網走。網走湖畔温泉泊(露天風呂、夕朝食付) [阿寒湖〜網走:228km]
<10月19日星期天 第4天> 阿寒湖→屈斜路湖(砂汤、コタン温泉→硫黄山→摩周湖→网走。住网走湖畔温泉(有露天浴地,附带午餐和早餐) [阿寒湖〜网走:228km]


【写真の説明】
《Album1》
1.Lake Akan:阿寒湖/阿寒湖
2.Deer by Lake Akan:阿寒湖畔の鹿/阿寒湖畔的鹿
3.Lake Kussharo:屈斜路湖/屈斜路湖
4.Road by Lake Kussharo:屈斜路湖脇の道/屈斜路湖傍边的道路
5.Swans on Lake Kussharo:屈斜路湖の白鳥/屈斜路湖上的天鹅
6.Hot spring of Lake Kussharo1:屈斜路湖の温泉1/屈斜路湖温泉1
7.Hot spring of Lake Kussharo2:屈斜路湖の温泉2/屈斜路湖温泉2
8.Road toward Mt.Iou:硫黄山へ向かう道/往硫黄山的道路
《Album2》
1.View of Mt.Iou:硫黄山の眺め/远望硫黄山
2.Smoke of Mt.Iou: 硫黄山の噴煙/硫黄山的喷烟
3.Smoked eggs:薫製卵/熏制蛋
4.From Lake Mashu observatory1:摩周湖展望台より1/在摩周湖瞭望台拍1
5.From Lake Mashu observatory2:摩周湖展望台より2/在摩周湖瞭望台拍2
6.Overlooking Lake Mashu1:摩周湖を望む1/远望摩周湖1
7.Overlooking Lake Mashu2:摩周湖を望む2/远望摩周湖2
8.Overlooking Lake Mashu3:摩周湖を望む3/远望摩周湖3


《Album1》 d0085939_9563368.jpg
《Album2》d0085939_9563368.jpg
[PR]
by nohohonvillage | 2006-10-02 23:33 | 北海道

私の北海道アルバム3

我的北海道照相簿3

まだ走ってます。
我还在跑呢。
d0085939_972432.jpg
美瑛の丘へ向かう道1/往美瑛丘陵的道路1

d0085939_924756.jpg
美瑛の丘へ向かう道2/往美瑛丘陵的道路2

d0085939_973716.jpg
三国峠/三国岭


<10月18日(土) 3日目>
美瑛→層雲峡→然別湖→阿寒湖。夜、阿寒湖畔アイヌコタン:イオマンテの夜祭り見学。阿寒湖温泉泊(夕朝食付) [美瑛〜阿寒:263km]
<10月18日星期六 第3天>美瑛→层云峡→然别湖→阿寒湖。晚上去阿寒湖畔アイヌコタン(ainu kotan:阿伊努族村落),参观イオマンテ晚会(イオマンテiomante是'送熊'的意思)。住阿寒湖温泉(附带午餐和早餐) [美瑛〜阿寒:263km]

【写真の説明】
1.Potato farm in Biei:美瑛のジャガイモ畑/美瑛的土豆地
2.Flower garden on Biei Hill:美瑛の丘の花畑/美瑛丘陵上的花圃
3.Biei Character "Mr.Roll":美瑛のキャラクター「ロール君」/美瑛的主人公"小捲儿"
4.View of Mt.Daisetu: 大雪山/大雪山
5.View of Soun Canyon:層雲峡/层云峡
6.Overlooking Ogigahara:扇が原/扇之原
7.Northern fox at Ogigahara observatory:扇が原展望台のキタキツネ/扇之原瞭望台的北国狐狸
8.Ainu dance:アイヌの踊り/阿伊努族的舞蹈


☆写真をクリックしてください。もう少し大きい写真はこちら
☆请点击照片。这里能看到再稍大点的
d0085939_9162615.jpg
[PR]
by nohohonvillage | 2006-09-29 09:17 | 北海道

私の北海道アルバム2

我的北海道照相簿2

<10月17日(金)2日目>
ニセコ→大湯沼→神仙沼→小樽(小樽運河)→札幌→美瑛。美瑛白金温泉泊(露天風呂、朝食付) [ニセコ〜美瑛:258km] 
<10月17日 星期五 第二天>
ニセコ→大汤沼→神仙沼→小桶(小桶运河)→札幌→美瑛。住美瑛白金温泉(有露天浴池、附带早餐) [ニセコ〜美瑛:258km]

 
【写真の説明】
《Album1》
1. Northern Fox at Shinsen Marsh Gate:神仙沼入り口のキタキツネ/神仙沼门口的北国狐狸
2. Shinsen Marsh Moor:神仙沼湿原/神仙沼湿原野
3. View of Shinsen Marsh:神仙沼遠景/神仙沼的远景
4. Surface of Shinsen Marsh1:神仙沼水面1/神仙沼的水面1
5. Surface of Shinsen Marsh2:神仙沼水面2/神仙沼的水面2
6. Near Mt.Yotei:羊蹄山付近/羊蹄山附近
《Album2》
7. Overlooking Japan Sea:日本海を望む/眺望日本海
8. Hill just like dog food:ドッグフード山/象是狗食的山
9. Close-up of the dog food:ドッグフード山アップ/特写狗食山
10. Otaru Canal:小樽運河/小桶运河
11. Otaru Canal and autumn leaves:小樽運河と紅葉/小桶运河和红叶
12. Funny dolls on the other bank:対岸の怪しい人形/对岸有奇怪的人偶


☆写真をクリックしてください。もう少し大きい写真はこちら
☆请点击照片。这里能看到再稍大点的
《Album1》d0085939_6362679.jpg
《Album2》
d0085939_6362679.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2006-09-28 06:42 | 北海道

私の北海道アルバム1

我的北海道照相簿1

2003年秋、大学卒業以来久しぶりに北海道を訪れた。実は、「どっか行きたいなぁ」と思っていた矢先に、宿泊費・一部食事代・飛行機代・レンタカー代金込み、発着飛行場も宿も選べて、ルートも自由で5万円ちょっとというツアーを見つけたので、これは見逃す手はないと申し込んだのである。申し込んだはいいが、たった5日間で道南〜道東を横断するプランを敢行したものだから、いざ走ってみると、かなりのハードスケジュールになってしまい、毎晩ホテルにたどり着くなり倒れ込む有様……。広い北海道、本当なら1カ月くらいかけてゆっくり回りたいところである。
2003年秋天我访问了大学毕业后好久没去过的北海道。说实在的,正在想去什么地方的时候,发现了一个包干旅行;旅馆费,伙食费的一部分, 往返飞机票和租汽车费都包括在内,而且可以选择到达和出发的机场和旅馆,也可以随便设定路线,费用是5万日元还多一点。我不想放过这么难得的好机会,马上预约了。预约很简单,不过只用5天从道南(南部)到道东(东部)横断过北海道,真正开起车来才知道日程安排紧得要命,结果搞成了每天晚上好容易到了旅馆立刻倒在床上的样子。北海道很广阔,真应该花一个月左右慢慢周游。

それにしても、晩秋の北海道の紅葉は実に見事であった。そのとき撮った多くの写真を紹介したいと思っていたところ、つぼみさんがこんな面白いツールを紹介していたので、私も便乗して使ってみようと思う。
即使如此,晚秋的北海道满是红叶,真美丽。正要介绍当时拍的多张照片时,我看到了tubomimさん介绍的这么有意思的工具,所以我也要乘机利用。
d0085939_11465816.jpg
大湯沼遠景/大汤沼的远景


<2003年10月16日(木)1日目>
午前10時頃羽田空港発、昼頃函館空港着。海鮮市場で昼食→函館山→大沼国定公園。ニセコ温泉泊(貸切露天風呂、朝食付)。 [函館〜ニセコ:172km]
<2003年10月16日 星期四 第一天>
上午10点左右从羽田机场出发,中午左右到达函馆机场。在海鲜市场吃午饭→函館山→大沼国定公园。住ニセコ(Niseko:ニセコ来自阿伊怒语)温泉(有包租露天浴池、附带早餐)。 [函館〜ニセコ:172km]


【写真の説明】
1.Slope of Motomachi, Hakodate:函館・元町の坂道/函館・元町的坡道
2.Russian Orthodox Church, Hakodate:函館ハリストス教会/俄罗斯正教教会
3.Onuma National Park:大沼国定公園/大沼国定公园
4.Road toward Oyu Marsh from Niseko:ニセコから大湯沼への道/从ニセコ往去大汤沼的道路
5.Road near Oyu Marsh: 大湯沼付近/大汤沼的附近
6.Northern Fox is greeting.:キタキツネの歓迎/北国狐狸欢迎你
7.Steam of Oyu Marsh:大湯沼の湯気/冒热气的大汤沼
8.Surface of Oyu Marsh Pool: 大湯沼の水面/大汤沼的水面

☆写真をクリックしてください。もう少し大きい写真はこちら
☆请点击照片。这里能看到再稍大点的
d0085939_11471757.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2006-09-27 11:48 | 北海道

赤とんぼと黒とんぼ

红蜻蜓和黑蜻蜓

d0085939_239237.jpg
菜園ではこの時期になると赤とんぼがわんさか飛び交うようになる。田舎の赤とんぼはもっとすばしっこかった記憶があるが、都会のはカメラを至近距離まで近づけても首をかしげるばかり。子どもの頃の私なら狂喜して捕まえたに違いない(素手で)。
这段时间我菜园里红蜻蜓一拥地飞来飞去。我记得乡下的红蜻蜓很敏捷,但城市的蜻蜓,即使我把照相机靠近到最近距离也只是歪头而已。如果我小时候发现它的话,我会欣喜若狂空手捕捉。
d0085939_2394584.jpg
かの有名な「赤とんぼ」の歌詞に「とまっているよ竿の先」という一節があるが、赤とんぼは本当に竿の先がお好きらしい。私が休憩の邪魔をすると、ふわりと上空へ飛び立つものの、数分もたたぬうちに舞い戻ってくる。
有名的日本童谣「赤とんぼ」(aka-tonbo:"红蜻蜓")的歌词里有"停在竿子的尖儿"的一节,看起来红蜻蜓确实是喜欢停在竿子的尖儿。被我打搅休息的它轻轻地飞上天空,不过没有过几分钟就飞回来。
d0085939_23101676.jpg
d0085939_23103117.jpg
d0085939_23104735.jpg

赤とんぼの正式名称は「アキアカネ」かと思いきや、赤い色をしたとんぼは他にも何種類かあるらしい(詳しくはこちら)。私なぞ素人には到底見分けがつかないけれど、機嫌よさげに乱舞しては畑に彩りを添えてくれる彼らを、初秋の短いひととき、歓迎したいと思う。
我一直以为红蜻蜓的正式名称是"アキアカネ"(aki-akane:汉字写"秋茜"),但是据说除了アキアカネ之外,红色的蜻蜓还有几种(这里有详细的说明(日文和照片))。我完全外行,怎么也辨别不出来,只是想:欢迎它们秋天的一段时间高兴地乱舞,把菜园点上颜色。
d0085939_23105935.jpg



菜園の作業が終わって、ちょっと足を伸ばして川辺を散策していたら、なんと今度はハグロトンボを発見。こちらは実物を見たのは小学生のとき以来かもしれない。ゆらゆらと舞う姿が実に優雅で幻想的だ。ただ、こちらは菜園のとんぼと違って、人の気配を察するとさっと逃げてしまい、やっと撮れたのがこのメス一匹だった。ときどき羽を一瞬広げてまた閉じるようすはまるでオスにウィンクをしているようにも見える。ちなみにオスの身体は目の醒めるような鮮やかな瑠璃色をしているのだが、せわしく飛び回ってついに写真を撮らせてもらえなかった。
菜园的工作完了之后,再一点往前去河岸随便走走,这回竟然发现了「ハグロトンボ」(haguro-tonbo;黑蜻蜓。ハグロ汉字写"羽黑")。这个实物我恐怕小学毕业后没看过。它摇摇晃晃地飞舞的姿态真是优雅而又幻想。可是它不像菜园的蜻蜓,发觉有人动的话,马上逃跑,所以我终于拍到的只是这只雌蜻蜓。有时把翅膀张开一下,又闭上的它的样子好像给雄蜻蜓送秋波。顺便说一下,雄蜻蜓的身子长得鲜艳夺目的深蓝色,不过它一直忙碌地飞来飞去,没容我拍下它的照片。
d0085939_2311189.jpg
d0085939_23112885.jpg
d0085939_23113877.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2006-09-25 23:15 | 自然

ふるさと

故乡

「ふるさと」と聞くと中国人は魯迅の名作を思い出すかもしれないが、日本人ならまずこの歌を口ずさむだろう。私とて例外ではなく、去年約10年ぶりに生まれ故郷である高知県本山町に帰省し、青々とした四国山脈と清らかな吉野川の流れを見て脳裏を巡ったのはやはりこの歌であった。
一听到“故乡”中国人可能会想起鲁迅的名作,但日本人首先会诵这首歌「ふるさと」(furusato)。我也不是例外:去年大约阔别10年之后回到我出生的故乡高知县本山町,看到青绿的四国山脉和吉野川的清清的水流时萦回于脑海的还是这首歌。


あるサイト
によると、「ふるさと」は岡野貞一が1910(明治43)年、東京音楽学校(現東京芸術大学)助教授時代に賛美歌のメロディにヒントを得て作曲したものだそうだ。作詞は長野県に生まれ苦学して東京音楽学校の教授になった高野辰之で、「ふるさと」は高野の故郷・信州の風景を描いたのだといわれている。
根据有个网页,「ふるさと」是冈野贞一1910年当东京音乐学校(现东京艺术大学)副教授的时候从赞美歌的旋律得到启发作曲的。作词的是出生于长野县,刻苦学习后当上东京音乐学校教授的高野辰之。据说他在「ふるさと」里描写他的故乡,信州的风景。

私は二胡仲間とともにボランティアで老人ホームをまわっているが、この「ふるさと」を弾くと皆さんしみじみと歌われ、なかには涙ぐむ方もいらっしゃる。100年近く前に生まれたひとつの歌が、一瞬で違う世代同志の気持ちを結びつけることは不思議でもあり嬉しくもある。
我跟二胡朋友自愿去养老院演奏:我们拉这首「ふるさと」的时候大家都感慨地唱歌,其中也有唱着眼泪往往的。近乎100年以前产生的一首歌可以把不同世代的心情转瞬即结合起来的事实一方面有点奇怪,另一方面令人高兴。

「ふるさと」に限らず、よい歌は永く歌い継がれてほしいと思う。
我希望好歌——不仅限于「ふるさと」被世世代代唱下去。

*****

ふるさと 曲を聴く(※リンクするとすぐ曲が流れます)
故乡 听曲子(*一连接就放音)
 
うさぎ追いし かの山 追赶过兔子的那座山
こぶな釣りし かの川 钓过鲫鱼的那条河
夢はいまも めぐりて 现在还在梦中见到
忘れがたき ふるさと 忘不了的故乡

いかにいます 父母  如何好吗,我的父母?
つつがなしや 友がき 平安无事吗,竹马之友?
雨に風につけても   每逢刮风或下雨
思いいずる ふるさと 就想起来的故乡

志を 果たして    我希望总有一天
いつの日にか 帰らん 实现理想后能回去
山は青き ふるさと  回到山青翠的故乡
水は清き ふるさと  回到水碧绿的故乡


d0085939_1829189.jpg
        私のふるさと 我的故乡
[PR]
by nohohonvillage | 2006-09-11 21:26 | 日本

心愛的富士山

心爱的富士山

上个周末我和二胡朋友去富士河口湖,举办了二胡集训。
整两天都秋高气爽,在湖畔拉二胡时,好象富士山也高兴地听了我们的演奏。
d0085939_1043238.jpg

听说欧美人用“Kyoto, Fujiyama, Geisha(京都,富士山,艺妓)”这三句形容日本。虽然我觉得京都没有奈良好,艺妓的那么白色的脸并不漂亮,但是我不得不承认富士山就是日本人的骄傲。对日本人说来,不到富士山非好汉了。

我坐车或新干线通过富士山的附近时,不由得猜:今天的富士山怎么样? 看到那个秀丽的山容,谁都就发出欢呼声。我在新干线里听过“这辆车现在在通过富士山的傍边”的广播。还有,住在东京的有几个朋友得意洋洋地说:“晴天时,从我家看得到富士山!”。听到这种自夸,日本人都会说:“是吗? 真羡慕你!”。我坐飞机的时候也拍了富士山的照片:
d0085939_12123235.jpg

我这回在河口湖站和忍野八海看见了不少中国人在观光,发觉了中国人观光者比五,六年前更多了。在富士山的山脚有很多景点(中文介绍),但我希望:你无论去什么地方,也饱尝这里的新鲜的空气和清水。
d0085939_2222387.jpg
    忍野八海的水很清,可以清楚地看到10米深的水底。请不要忘记喝富士山的泉水。
d0085939_22222226.jpg
    从忍野八海远望富士山

富士山的山容每天不一样,这个网页介绍今天的富士山。如果你想看美丽的富士山,请把"Best View"点击一下。
[PR]
by nohohonvillage | 2006-09-06 10:42 | 日本