岸辺で熱帯魚

在岸边看热带鱼

ヒルガオの繁る小道を抜けて米原海岸へ。
我穿过旋花繁茂的小道去了米原海岸。




ちょうど干潮時でここも干潟ができていた。
正好是退潮时,这里也出现了海滩。




カニは見つかるやいなやゴキブリ並みの速さで逃走。
螃蟹一被发现,马上就用和蟑螂一样的速度逃走了。




浜の左手は少し深さがあるようだ。覗きに行ってみよう。
看起来海边的左边更一点深。我要去瞧一下吧。




潜るまでもなく浅瀬で青い熱帯魚にお目にかかれた。ルリスズメダイというらしい。
用不着潜水,在浅滩能看到蓝热带鱼。据说它名字叫蓝魔鬼。




カニと違ってこちらはまったく逃げる気配なし。
与螃蟹不同,它们一点都没有逃开的样子。




黒いのもいた。
也有黑色的。




水面に近づくと、表情まで見て取れる。
靠近水面看,甚至表情都看得清楚。




左のはばっちりカメラ目線。
左边的凝视着照相机。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-10-06 21:39 | 日本

踏んづけてごめん

我踩上你了,对不起

その後、お約束の観光スポット・川平湾へ。湾へ降りる途中の小高い丘には、神様が祀られていた。
此后,我照例去了观光景点川平湾。下湾的路上有小山冈,供奉着神。




この景色、ガイドブックで幾度も見たのに、実際目の前にするとやはり息を呑んで見入ってしまった。
这个景色,虽然我在导游书上看了好几次,但是亲眼看起来,还是令人屏气,出神。




湾内の波は静か、水も綺麗で底が透けて見える。
湾内风平浪静,水也清澈见底。




足元を、縞模様の魚(コトヒキ?)が二人仲良く横切っていった。
在我脚下,条纹花样的两条鱼(好像是花身仔)一块儿横穿过去了。




向こうに見えるのは黒真珠の養殖。
那边看到的是养殖黑珍珠。




ダリでなくてもここでしばし絵を描いてみたい。
我不是达利,可是想在这里暂时画画儿。




だが、ちょっと油断したすきに足の裏ににゅるりとした感触があり、思わず悲鳴をあげた。その正体は……
不过,我一点疏忽大意,就在脚心有滑溜溜的感觉,惊得不由得叫起来了。其真面目是──





川平湾でクラゲは見かけなかったが、こいつはいたるところに転がっていて、触られると何本もの白い糸をびゅーっと吐き出すのだ。その様子ときたら、グロテスクなことこの上ない。
我没有在川平湾看见海蜇,不过这家伙在到处扔着,被摸一下,马上吐出好几条白线,其样子无比奇异。




でもここの水がこんなに澄んでいるのは、実は彼らのおかげだったりする。うっかり踏んづけてごめんよ、ナマコ君!
但其实说,这里的水这么清澈归功于它们。我没留神踩上你了,对不起海参!




さらに離れたところから眺めると、波が静かな理由がよくわかる。生き物たちにとって、何と恵まれた環境なのだろう。黒真珠やナマコがちょっとうらやましくなった。
从进一步离开的地点看起来,就容易理解浪很静的理由。对生物们,是多么好的环境啊! 我羡慕起黑珍珠与海参了。





ちなみに、波打ち際を歩きながら頭に浮かんだ曲はコレ
顺便说一下,我在水边走着涌上心头的曲是这个
[PR]
by nohohonvillage | 2008-10-02 21:18 | 日本

石垣島の朝

石垣岛的早晨

そんなこんなでやってきました石垣島。
干这干那我到了石垣岛。

朝早く目覚めたので石垣漁港を散歩してみる。
因为早晨很早睡醒,所以去石垣渔港散步了一下。




足元を覗き込むと熱帯魚やクラゲが泳いでいるのが見える。
凑过去看脚下,就可以看到热带鱼与海蜇在游泳。




漁師のおじさんと散歩していた犬。やはり魚が気になるのかな。
被渔夫的叔叔带去散步的狗。它还是对鱼有兴趣吗?




空がだんだん白んできた。今日は晴れそう。
天渐渐发亮了。今天仿佛要晴。




79号線を北上している途中に広大な干潟があった。
在79号公路北上的路上有宽广的海滩。




このあたりが名蔵アンパル湿地帯だろうか。
这边是不是名藏网张湿地带呢?




ダリの絵に出てきそうな幻想的な光景である。
好像是在达利的画里出现的幻想光景。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-09-30 22:54 | 日本

憧れの島へ

去我向往的岛

台風がよそ見をしている隙に、かねてから行きたかった島へ小旅行した。
乘着台风左顾右盼的机,我去了早就想去来着的岛小旅游。

富士山ともしばしの間お別れである。
我暂时离开了富士山。




乗り継ぎ空港では東京行きのポケモン号が待機中。
在我换乘的机场上,去东京的"口袋妖怪"号在待机中。




待合室の向こうでは飛行機がひっきりなしに行ったりきたりして、その下には超過密スケジュールを支える人々の姿が見える。
候机室的那边飞机接连不断地飞来飞去,其下面能看到为了排得十分稠密的时刻表工作的人们。






乗り継ぎ便は大幅に遅れて到着、再び慌ただしく飛び立った。
换乘航班到达得大晚,匆忙地再次起飞了。




海面から伸び上がる入道雲たち。
从海面踮起脚的积雨云。




「よく来たな!」と手招きされているよう。振り返ると縦長の虹がかかっていた。
它好像招手说:"欢迎你!"我回头看,就看到了竖挂着的彩虹。






家を出てから7時間、目的地がついに見えて来た。
我出门的7个小时后,才终于看到目的地了。




本当なら余裕で夕日見物ができるはずだったのに、空港に着くともうすっかり暗くなっていた。近くの浜も寂寥感たっぷり。
本来该有足够时间能观赏夕阳,但是我到了机场天已经都黑了。机场旁边的海滨也充满了寂寥。




気を取り直して夕食を食べに行く。まずはやっぱりオリオンビールでしょう!(飲みかけ失礼)
我改变心情,去吃晚餐了。先喝的还是奥利安啤酒吧!(对不起,我已喝了一下)




ソーメンチャンプルー。
炒素面。




ラフテーもおいしうございました。
东坡肉也很好吃。






*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-09-29 21:49 | 日本

無料温泉はしご記

连续泡免费温泉

四万温泉に到着後、まず日向見薬師堂を参拝した。室町時代は慶長3年(1598年)に建立された、国の重要文化財である。
到了四万温泉后,先参拜了日向见药师堂。这是在室町时代庆长3年(1598年)建立的国家级重点文物。




どっしりとした茅葺き屋根。古いのによく手入れされており、地元の人が代々大切にしてきた想いが伝わってくる。
庄重的草顶房屋。虽然很旧,但是拾掇得很好,我感觉到当地人世世代代珍惜的心情。




その向かいには無料立寄り湯「御夢想の湯」が。最近リニューアルされて、無料とは思えないほど立派である。ただ、中は狭いと聞いていたので、芋を洗うようならやめようと思っていたが、ラッキーなことにちょうど貸し切りであった。
它对面有免费简易温泉"御梦想之汤",最近改建得宏伟,不能马上相信不要钱。只是因为听说过里面很窄小,所以我想:如果煮饺子似的拥挤的话不泡,但幸运的是除了我以外,正好没有人泡。




で、中の写真もパチリ。お湯はというと、人が入っていなかったせいかびっくりするほど熱く、100も数えたら茹で上がってしまいそうだった。
在里面也拍了一张。要说温泉,不知道是不是由于没有人泡,热得吓人,仿佛是数到了一百会被完全煮熟。




日向見薬師堂と「御夢想の湯」に挟まれて小ぎれいな木造の東屋があり、下が足湯になっている。湯上がりに丸太のベンチに座って休んでいると、爽やかな山の風が吹いてきた。
日向见药师堂与"御梦想之汤"之间有一个整洁的木结构亭子,下面就是泡脚处。我从温泉出来,坐在圆木头凳子上休息的时候,清爽的山风刮来了。

東屋の傍には昔懐かしい円筒形のポストが佇んでいる。
亭子的旁边站着一个圆筒型邮筒,令人怀念。




「御夢想の湯」の下はこんな沢になっていた。
"御梦想之汤"的下面流着这条浅谷。




沢沿いに温泉街へ向かうと、
沿着浅谷去温泉街时,




砂防堰が出現。
出现了防沙堤坝。




道路の反対側には一軒の古い民家が。もう取り壊されてなくなった祖父母の家を思い出すなぁ。
道路的对面有一所古民房,让我想起来已经被拆除的外祖父母的房子。




この通りも何とも懐かしい。
这条路也真令人怀念。




四万温泉名物スマートボール屋さん。意外にも店内で遊んでいたのはほとんどが若い人であった。
四万温泉有名的游艺场。感到意外的是在店里玩的多半是年轻人。




今は亡き祖母も元気な頃はこんな「ストアー」で働いてたっけ。
我想起来了,已经去世的外祖母身体还健康的时候,也在这种小卖店工作过。




温泉街を抜けると有名な積善館が見えた。
通过温泉街,就看到了有名的积善馆。




玄関と本館部分は元禄4年に建てられたというから300年あまりの歴史がある。
据说大门与本馆是元禄4年(1692年)建筑的,有300多年的历史。




いにしえの文人が今にも障子を開けて顔を出しそう。
过去的文士好像快要开拉窗,伸出头来了。






5月も後半だというのに、岩の上には桜の花びらが散っていて、群馬の春は遅いのだとあらためて感じる。
虽然是5月的后一半,但是樱花花瓣飘落在岩石上,我又想:群马县的春天来得晚。




そうこうしているうちに午後3時が迫ってきたため、もう1軒のお目当て「河原の湯」へ急ぐ。こちらも無料立ち寄り湯で、最初おばあさんが一人入っていたが、すぐに上がってしまったので、ここぞとばかりにまたパチリ。
干这干那之间,因为下午3点快到了,所以我赶快去另一个想泡的"河原之汤"。这里也是免费简易温泉,起初有一位老太太在泡,可是她马上就出去了,我趁着这机会,又拍了一张。




こちらはちょうどいい湯加減で、しかも窓から心地よい川風が吹き込み、時間が許せばずっと入っていたいくらいであった。でも5分もしないうちに、さっき出ていったおばあさんがガラス戸を開け、「あと10分で閉めますからね〜」。どうやらおばあさんはここをボランティアで運営している地元の方だったようだ。これから掃除されるのだろう、迷惑かけてはいけないと、そそくさと撤収。入り口に無料温泉運営のための募金箱が設けてあったので、私もわずかばかりの志を入れてきた。
这里的澡水温度恰当,而且从窗户刮来的河风很舒服,如果有时间的话,我想一直泡。但是我还没有泡五分钟,刚出去的老太太拉开玻璃户,说,"还有10分钟就关门了"。看起来她是当地人,自愿管理这里的。我想:"她想从现在起开始打扫吧,我不能给她添麻烦了",慌慌张张地撤走了。为了管理免费温泉,在门口设置着募捐箱,我也放入了一点小意思。

外から見た「河原の湯」。屋上部分にベンチがあり、せせらぎを眺めながら休憩できる。
从外面看"河原之汤"。屋顶上有几个凳子,可以边看河流边休息。





[PR]
by nohohonvillage | 2008-06-19 23:50 | 日本

四万のコバルトブルー

四万的钴蓝色

老神温泉を発って、群馬県を東から西へと横断、四万温泉を目指す。日本ロマンチック街道からは、「まんが日本昔ばなし」の舞台さながらののどかな田園風景が一望でき、再びタイムトリップ気分を味わった。
离开老神温泉后,从东到西横越群马县,去四万温泉。日本浪漫街道上可以望见像《漫画日本故事》的舞台那样悠闲的田园风景,我又感到了时光旅行的感觉。

途中から四万街道に入り、しばらく北上すると左手に四万湖が現れた。
中途进入四万街道,北上了一会儿,左边出现了四万湖。




中之条ダムをせき止めた人造湖だが、水は透き通っていて、魚の影まではっきり見える。
这是中之条水库拦出来的人工湖,可是水很清澈,甚至鱼影都看得清楚。




コバルトブルーの美しさに引き込まれる。
钴蓝色的美吸引人。






湖畔に小さな食堂と貸しボート屋があったが、利用客は見当たらず、勝手口でおばあちゃんが孫らしき女の子をのんびりあやしていた。
湖边有小食堂与出赁小船店,却没有看到利用者,在后门有一位老太太悠然自得地逗弄着看来是她孙女的女孩。




もう少し北上すると群馬県の天然記念物、四万の甌穴がある。遊歩道の手前には売店があり、おじさんが道行く人に「帰りに見ていってね!」と声をかけている。店の前にはポットと湯のみを用意して、自由にお茶が飲めるようにしてある。酒造見学や朝市でも感じたが、旅先でこういう気配りに遭うのは、何ともうれしいものだ。
进一步朝北去,就有群马县自然保护物;四万瓯穴。散步道的这边有小卖店,有位叔叔招呼通行人:"回来的时候,看一下吧!"。铺子前面准备着热水瓶与茶杯,以便客人随便地喝茶。我参观酒窝或去早市的时候也想:在旅游的路上遇到这种照顾就是格外高兴的。

遊歩道を下ると、見えてきました甌穴の数々。
下散步道时,就看到了几个瓯穴。




では上流からどうぞ。ちなみに、このさらに上流には四万温泉がある。
那么,请从上游看看。顺便说一下,更上游有四万温泉。




甌穴は小石が流れで転がりながら川底を削ってできたものだそうな。どのくらいの歳月をかけてこれだけの穴が穿たれたのだろうか、まったく自然の造形力には恐れ入る。
据说瓯穴是小石子因河流滚动着刨河底的结果挖出来的。我不知道通过多少岁月才挖出来这么大的坑,自然的造型力真的令人佩服。












四万温泉の手前には桃太郎の滝、
四万温泉的这边有桃太郎瀑布,




そして奥には四万川ダムをせき止めてできた奥四万湖があり、水の色はやはりコバルトブルーであった。
里头有四万川水库拦出来的奥四万湖,水色还是钴蓝色。





[PR]
by nohohonvillage | 2008-06-17 22:23 | 日本

老神温泉——溪谷,猫,早市

沼田市街から老神温泉まで戻り、宿に荷物を下ろして散歩に出た。最初、川のほうへ向かったものの、人っこ一人見えず、せせらぎの音とウグイスの歌声が聞こえてくるだけである。
我从沼田市街回到老神温泉,把行李放在旅馆后去散步。开始去了河川,但是一个人都没有看见,只是听到了潺潺水声与莺的歌声。

子どもの頃、こんな川のそばでキャンプしたっけ。
我想起来了,小时候在这种河川的附近露过营。




崖っぷちは深くて流れが急なんだよな。今にも背後から母の声が聞こえてきそう。「こら、行かれん!」
悬崖的旁边河流又急又深。现在也好像从背后听到妈说:"喂! 别去了!"




などと思い出していたら、自分が今いる場所も時間もあやふやになるような、不思議な感覚にとらわれた。
我这样想起的时候,有一种不可思议的感觉:自己现在站在的场所与时间几乎模糊了。

下流には満々と水を湛えた谷が。
下游有水满满的山谷。




それでは温泉街のほうはどうかと歩いてみたものの、ここも人影がなく、
やはり自分が生まれ育った田舎を思い出す。
此后,我想看看温泉街如何,走了走,却没有看到人影,又想起了自己生长的故乡






こんな商店とか、
当时那里也有这种商店,




こんな居酒屋とか、
这种酒铺,




こんなスナックも、あったあった。
还有这种小吃店。




で、人の代わりに出会ったのは猫。やっぱり温泉街なんだな。この黒猫、近づいても逃げもしないが、かといって甘えてくるわけでもなく、カメラを構えると目だけをジロリとこちらに向けた。どうやらお呼びでないらしい。
我没有遇见人,却碰到了猫:在温泉街到底有猫啊! 这只黑猫,我靠近去也没有逃开,即使那样,也不是亲近,我拿起照相的时候,它只是用锐利的目光向我看。看起来它不想理我。




と、そのとき別の一匹が湧いてきた。
我这样想,却涌出来了另一只猫。




おや、さらにもう一匹! 当・猫ストーカーは狂喜し、定山渓シーンの再現を期待。
噢,还有一只出来了! 我这个"猫尾随者"就欣喜若狂,期待了"定山溪"的场面再次出现。




しかし、すり寄ってきたのは最後の三毛猫だけで、あとは知らん顔。最初の黒猫なんか、終始背中を向けっぱなしだ。つれないったらありゃしない。
不过,只有最后的花猫亲近,别的都没有理我。要说最初的黑猫一直扭过身子去。多么冷淡的家伙!




そのうち三毛猫も愛想を振りまくのをやめて、あっち向いて毛繕いを始めた。とほほ……。どうやらここでエサやりの人を待っていたようだ。
在这儿当儿,甚至花猫也不亲近了,转向那边开始修边幅了。哎呀——。看起来它们是在这里等着有人带来饵食的。




そして翌日。夜中に大雨が降っていたので心配したが、明け方にはすっかり止んでひと安心。朝食前に朝市を覗きに行く。途中、薄ピンクのつつじに出会った。
第二天半夜下了大雨下得令人担心,但是在黎明完全停了,我就放心了。早餐之前我去了早市看看。在路上看到了薄粉红色的杜鹃花。




花びらに雨露がきらめいて、何とも瑞々しい。
花瓣上雨露照得灿烂,真的娇嫩。




坂の途中に小さな神社があり、ここにも天狗様が。
坡道的中途有小神社,也祭祀着天狗。




遠くから見ると怒っているようだが、近くで見るとなかなかユーモラスな表情をしている。
从远方看来,他好像在生气,但是靠近看起来,他的表情相当幽默。




朝市会場に到着。
到了早市会场。




途中誰にも会わなかったせいか、ここに着いたら「お、人がいる!」と妙に感激してしまった。
我不知道是不是由于在路上谁都没有碰见的原因,到了这里不由得感动:"哇,这里有人啊!"




今まで旅先で何度か朝市を見たが、ここの朝市は特に気さくな雰囲気で、誰もが「食べてみて!」と試食を勧めてくれるうえ、セールストークもうまいので、楽しく買い物ができた。
我以前去旅游时看过几个早市,其中这个早市特别有和谐的气氛,大家都边说:"尝一下吧!",边让客人品尝,而且商品的说明也好,所以我高兴地买东西了。

ひと通り見てから、おばあちゃん自家製の切り干し大根と干芋、
我看了一趟后,买了一位老太太自制的萝卜干与干红薯,




それとおじさん栽培の「とりたて」(「とれたて」でないところに自信のほどを感じる)椎茸を購入。
而且买了一位叔叔栽培的「とりたて」蘑菇(他说的「とりたて」[我刚收获的]比「とれたて」[刚收获的]更有"亲手收获"的意思,所以我想他充满信心)。




いずれも美味でした!
哪个都很好吃!
[PR]
by nohohonvillage | 2008-06-10 23:23 |

参观酒窖,走访养蜂直销店

吹割の滝の茶屋でそばを食べた後、街まで下りておみやげ探しをする。来る前に調べたところでは、ここ沼田市は日本酒や蜂蜜が特産らしい。
在吹割瀑布的茶馆吃荞麦面后,来到市街,找土产。旅游之前查了一下:这里沼田市的特产是日本酒与蜂蜜。

特に惹かれた写真が、この立派な門構えの大利根酒造。酒造見学できるか電話すると、当日の予約なのにかかわらず快諾してくれた。
最吸引人的照片是大利根酒造的这个漂亮的格局。我打电话问能不能参观酒窖,虽然是当天预约,但是取得了欣然允诺。




入り口には大きな杉玉が。
在门口有一个大的杉球。




同社のホームページによれば、この杉玉、新酒ができたらお客さんに知らせるために吊るすもので、「酒林」とも呼ばれるそう。
该公司网页说,这个杉球是新酒酿出来的时候为了通知客人挂的,也称为"酒林"。




右手には風情のある手水鉢。
右边有盛洗手水的盆,很优雅。




「ごめんください」と言うと、奥から女性店員(おかみさん?)が出てきて、日本酒のつくり方をひと通り説明してくれた後、工場内へ。
我说:"有人吗?",从里面一位女店员(可能是女主人)出来,大略地解释日本酒的酿法后,领到工厂里。




冬場、この釜で酒米を蒸す。冬の朝は工場内に蒸気がたちこめ、何とも言えないよい香りがするのだとか。
冬季用这个锅蒸酒米。她说:冬天早上工厂里充满蒸汽,吹来难以形容的芳香。




あの天井まで蒸気で真っ白になるんだなぁ。
甚至那个天花板都会笼罩雪白的蒸汽吧。




酵母保管庫の扉に「開放禁止」の貼り紙が。他の菌が入ると酒の酵母が死んでしまうので、冬場は杜氏も店の人も絶対に納豆を口にしないそうだ。
酵母保管库的门上贴着:"出入关门"。听说别的菌侵入的话,酒酵母就死,因此冬天酿酒人与店员都绝对不吃纳豆。




奥の扉の向こうにも大きなタンクがいくつも保管され、出荷のときを待っている。飲んべえならきっと突撃したくなるだろうけど、お酒の神様が見張り中です。
里面的门的那边也保管着好几个大罐,等着出货的时候。酒鬼看的话,一定会想冲锋,不过酒神在看守呢。




ここの猫さんダルマさんも酒好きだろうか。
这里的猫与达磨也是不是喜欢喝酒呢?




見学後は試飲タイム。つきっきりで説明を受けるのかと思いきや、店員さん、大ざっぱに商品を紹介しただけで「ごゆっくりどうぞ」と言ってその場から立ち去ってしまった。「余計な口上はいらない、飲んでもらえばわかる」との自信なのか、商売気がないのか、とにかく都会の売らんかな攻勢とはえらい違いだ。でも、心置きなく試飲できるのはうれしい。
参观后有试饮的时间。我以为店员一直在旁边说明,她却只是简单地介绍商品,说"请慢慢试饮"后,离开了。她有把握:"不用多余的说明,一喝就知道"? 还是没有盈利心理? 总之与在大城市的拼命推销完全不同。不过,可以豪不客气地试饮,令人感到高兴。




どの酒も美味しかったが、「左大臣 純米酒」は口元に運ぶや馥郁とした香りがありながら、のどごしが爽やかなのが特に気に入った。店員さんが「酒は水が命」と言っていたけど、さすがあの清流を使っているお酒だけあるなぁと納得。
哪瓶酒都好喝,但我特别喜欢的是《左大臣 純米酒》:拿到嘴边就有馥郁的香味,而且咽的时候很清爽。店员说:水是酒的生命,我同意,觉得:真不愧是用那个清流的酒啊!



その後は辛党から甘党に一転、蜂蜜を探しに店から店へ。たしかに特産だけあって、道のあちこちに直売所がある。また、吹割の滝に向かう峠の脇では、ちょうど農家が蜂蜜を採取している光景を見ることもできた。
此后这个辛党(好喝酒)变成甘党(好吃甜食),为了找蜂蜜跑来跑去。蜂蜜确实是这里的特产,路上的这儿那儿有直销店。正好去吹割瀑布的时候,在山岭的旁边看见了农家采取蜂蜜的光景。




どこの店でも「いらっしゃいませ」に続いて「アカシアはくせがないので人気ですよ」と教えてくれる。蜂蜜初心者だと見破られているようだ。それでも味見していくと、花の種類によって味も香りも甘さもまったく違うことがわかる。この世界もなかなか奥が深そうだ。そのうち蜂蜜ソムリエなんて仕事が出てくるかもしれない(後で調べたら、すでにそう名乗っている方がいました)
在哪家店都说"欢迎"后,告诉我:"洋槐蜂蜜的味道清谈,所以很受欢迎"。他们好像看透我是蜂蜜初学者。即使那样,尝了几次就知道:花种不同,味道,香味,甜味也完全不一样。这个世界也相当深远,将来,品蜜师也可能会登场(事后查了一下:已经有这样自称的人)

坂井養蜂場のおばさんは「くせのある、濃厚なの」という私の好みを聞いて、奥からわざわざクローバーの生蜜を出してきたり、「おいしいとは言わないけど、くせのあるのが好きって言うなら、試してみて」とクリの蜂蜜(本当に濃厚 !)を味見させてくれたりした。ここのお店の蜂蜜はどれも香りがよかったが、いちばん気に入ったのはサクラはちみつ(期間限定発売)で、口に入れた瞬間、バラにも似た芳醇な香りが広がり、思わずうっとりしてしまった。
坂井養蜂場的大妈听到我的爱好:"有个性的,味道浓厚的",从里面把三叶草的生蜂蜜特意拿出来,然后说着:"我不敢说这个好吃,可是你说你喜欢有个性的,那么这个也尝一下吧",让我尝栗子蜂蜜(真的浓厚!) 这家店的蜂蜜哪个都香味好,其中我最喜欢的是樱花蜂蜜(限期间出售):一放到口里,就充满像玫瑰花一样的芳醇的香味,令人不由得陶醉。
[PR]
by nohohonvillage | 2008-06-03 23:22 | 日本

滝上森林浴ハイキング

在瀑布上的森林中漫步

さらに上流に行くと、対岸へ渡る吊り橋がある。ここからの眺めも絶景だが、忙しい団体さんは手前で折り返して帰っていくようで、ちょっともったいない。
更上游架着吊桥,能度过对岸。 从这里看的景色绝佳,不过团体游客看起来忙着不看返回去,有点可惜。






上流側はこんな感じ。岸は水流で見事にえぐられている。
上游方面就是这样,岸边被水流深深地挖去。






今度は上から滝を見るべく、山の遊歩道へ。
此后,为了从上面看看瀑布,进山走走散步道。




入り口には昔食堂として使っていたらしき廃屋があり、天狗様が出迎えてくれた。そういえば上州は天狗の国であった。
散步道的门口有一个以前好像是作为食堂用的破房,一位天狗迎接了我,令人想起:上洲(群马县的旧称)原来是"天狗之国"呀!




岩場からすっくと生える樹々たち。
树木坚持地站在岩石上。




写真ではわかりにくいが、崖はかなりの急斜面で、足を踏み外せばそのまま滝へすべり落ちそうである。天狗様ならひょいひょいと跳び回れるのだが。
从照片上难看得出,可是悬崖的斜面相当陡峭,我想:万一失足的话,就会一直滑到瀑布。虽然天狗一定会轻捷地跑来跑去。




誰に見られるともなく可憐に咲くヤマツツジ。
山躑躅:即使谁都不看也开花开得很可爱。




第一観瀑台に到着。ここから眺めてみると、人ってなんてちっぽけなんだろう!
到了第一观瀑台。从这里望去,人显得非常小啊!




歩道脇に「塞の神」という神様が祀られていて、賽銭の入ったお椀はどれも底に穴が空いている。説明によると耳にご利益があるそうで、私も「聞こえがよくなりますように」とお願いしてきた。
散步道的旁边祭祀着一位神,称为《塞之神》,献香钱的碗底都开着洞。据说明,它对耳朵很灵验,因此我也祈求了:"请让我的听力更好"。




第二観瀑台からの眺め。残念ながら私の背丈ではこれが限界。
从第二观瀑台的眺望:遗憾的是,用我的个子已经达到了极限。




「私を見て!」と手を差し伸べんばかりに咲いていたミヤマザクラ。白い花弁が清楚で美しい。
一棵深山樱花开得仿佛是边说:"看我!"边伸出手。白花瓣既整洁又漂亮。




第三観瀑台からは、水の落ちる様子もはっきり見えた。
从第三观瀑台能看到瀑布,水落下的样子也看得清楚。




下りはずっと急な階段が続くので、新緑と花を愛でながらゆるゆると降りる。逆ルートだったらさっさと断念してただろうなと思っていたところ、上ってくる老夫婦とすれ違い、その足取りの軽やかさにびっくり。
下山时一直连着陡峭的楼梯,所以我边赏新绿与花边慢慢下去。如果路程相反的话,可能早就放弃,我这样想的时候,与上来的一对老夫妻擦肩走过,他们的脚步却很轻松,让我吃惊。






階段途中に見事な朴の木を発見。
在楼梯的中途发现了一棵很大的日本厚朴树。




降り切ったところに橋があり、
下完楼梯的那里有桥,




下には老神渓谷が。
下面就是老神溪谷。






ふもとの茶屋から山を望む。切り立った岩肌が何とも神秘的で、やはり天狗様が潜んでいそうな雰囲気である。
从山脚的茶馆望山。峭立的岩石表面实在神秘,还是充满着仿佛是天狗隐藏的气氛。









「Qごろうとむしくんのグンマ」もどうぞ!
《Q吾朗和小虫去群马》也看一下!

[PR]
by nohohonvillage | 2008-05-26 22:05 | 自然

吹割の滝でクラクラ

吹割瀑布令人头晕

滝の脇には整備された遊歩道があるので、人間様は楽々と遡上できる。
因为瀑布的旁边有铺好的散步道,所以人家毫不费力地能去上游。






途中、激流によってできた天然のプールが(泳げません)。底はかなり深そうだ。
在路上有一个因激流挖出来的天然游泳池(不能游泳)。看起来水底相当深。




あんまり流れがきれいなので下ばかり見て歩いていたら、
水流特别漂亮,所以我只看下面走,






急に轟音が耳に入り、
但突然听到了轰鸣,




見上げると、そこには吹割の滝が!
我仰起头看:那就是吹割瀑布!




「でっかー!」思わず歓声を上げてしまった。
"好大呀!",我不知不觉发出了欢声。




奥の遊歩道にいる人々と大きさを比べてください。
请与里面的散步道上的人对比大小。




離れて見ると、水しぶきがまるで湯気のよう。
离开一下看看,水花象是热气。




足元これすべて急流で、
脚下都是激流,






じっと立っているうちに平衡感覚が怪しくなってきた。
一动不动地站了一会儿,就不能保持平衡的感觉了。




車酔いならぬ滝酔いがしてきたので、木陰でひと休み。
不是由于车,而是由于瀑布的原因头晕了,在树阴休息一下吧。




遊歩道脇には、ウツギ、ヤマブキ、ヤマツツジなど、初夏の花々が今を盛りと咲いていた。
在散步道旁边冰生溲疏,棣棠,山躑躅等初夏的花正在盛开。










動画もご覧ください。
动画也看一下。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-05-23 05:56 | 自然