白保海岸、台風待ち。

白保海岸等待台风。

空港へ向かう途中、橋の上から宮良川を撮影。まずは山側。
我去机场的路上,从桥上拍摄宫良川。先拍了山那边。




そして海側。ここからでも海が荒れているのがわかる。
然后拍海那边。甚至从这里也能看到海上起风浪。




白保海岸へ抜ける道は今までと違って寂寥感たっぷり。
穿过去白保海岸的道路与以前看的不同,充满了寂寥。




海岸へ着くと、天気はますます怪しくなってきた。
我到海岸的时候,天气越来越怪了。






押し寄せる波にも台風の気配が。
涌过来的波浪也有台风要到来的样子。




でも潮溜まりは実に静かで、沖の不穏な空気が嘘みたいだ。
不过,海水洼子真的平静,难以置信海上的不稳气氛。








潮風に耐えて咲くイソマツの花。今日ばかりは「早く帰りなよ!」と言っているかのよう。
耐着海风开花的海芙蓉。只有今天它仿佛说:"你赶快回去吧!"。




こちらが動画。暴風で私も吹き飛ばされそう。
这是动画。遇上暴风,我也差一点刮掉。





幸い私はこの後帰京できたが(それでも機体がずいぶん揺れた)、翌日の石垣発着便は全便欠航、空港も終日閉鎖されたそうだ。
幸亏我此后能回东京(即使那样,飞机晃得厉害),不过据说次日在石垣岛起飞以及到达的班机都停航,机场也整天关闭了。





以上で石垣島旅行記は終わりです。長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。よろしければ以下のサイトもご覧ください。
石垣岛旅行记到以上结束了。非常感谢您们长时间作陪。如果有兴趣的话,以下网页也请看一下。


☆石垣&竹富 壁紙ギャラリー
☆石垣&竹富 壁纸展览室

★石垣&竹富 パノラマアルバム(スライドショー)
★石垣&竹富 全景相册(幻灯片)
[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-20 22:16 | 日本

石垣島路地探検

石垣岛小巷探险

旅の最終日は早起きして路地を探検した。
旅游的最后一天,我早早起来去探险小巷。

鳥居には「船着御殿」とある。海上安全の神様だろうか。
牌坊上写着"船着御殿"。是不是海上安全之神呢?




この雰囲気、北京で見た胡同を思い出すなぁ。
这个气氛,让我想起在北京看的胡同。






初めて来たのに懐かしい小道。
我第一次来这条小路,却令人怀念。




でもすだれは熱帯仕様だ。
可是帘子是热带型。




広い庭を持て余しているらしい。ベランダ菜園の身にはうらやましい限り!
这家院子大,看来用不过来,只有阳台菜园的我羡慕得不得了!




と思えば、こちらは庭の隅を有効活用。さすが石垣、植えてあるものが違う。
另一方面,这家充分利用院子的角落。不愧是石垣岛,栽培的内容不一样。




その後、宮良殿内へ足を伸ばした。りっぱな赤瓦は外からでも目立つ。
此后,我去了"宫良殿内"。红瓦很漂亮,从外面看也显眼。




入場料を払うはずだが、受付には誰もいない。庭いじりをしているおじいさんがいたので聞くと、手を休めることなく、「あそこの机に置いといて」。
我应该付入场费,不过谁都不在问讯处。我看见一位老爷爷,问了问,他不停手,说:"放在那里的桌子上。"




縁側からしばし庭を眺める。
从后厦暂时看院子。




すると、学生らしき観光客グループがやってきて先ほどのおじいさんと話をし始めた。写真を撮りながら横で聞いていると、何とこのおじいさんがここの当主だということがわかった。
这段时候,好像是学生的游客团来,与那位老爷开始说话。我边拍照片,边在旁边听一听,结果知道这位老爷爷原来是这家的户主。




おじいさんはさらに、この赤瓦が辿って来た歴史を熱っぽく語っておられた。
他接着用热情的语调讲这些红瓦走下来的历史。






おみやげはあやぱにモールで物色。
我去Ayapani商店街选择购买土产。




公設市場で写真を撮っていたら、店のおばさんに「何の調査?」と尋ねられた。帽子にサングラスに長袖・手袋で写真撮ってたら、そりゃ怪しいよな。
我在公设市场里拍照片的时候,有铺子的大娘问:"是调查什么?"。我戴着帽子与太阳镜,穿着长袖与手袋拍照片,她怀疑的是理所当然吧。




このハブ、昔おじが沖縄旅行みやげにくれたっけ。食いついて離れないので、幼心にとても怖かった。
这条毒蛇以前我舅父作为冲绳旅行的礼物给我过。它咬住不放,对幼小心灵来说非常可怕。







*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-13 22:40 | 日本

鍾乳洞と港の猫

钟乳岩洞与码头之猫

昼食後はホテルで一睡し、体力が回復したところで石垣島鍾乳洞へ。鍾乳洞の入り口の階段でヤエヤマサソリを見かけたが、逃げ足が速くカメラを出す前に姿をくらましてしまった、残念。
我午餐后在饭店睡了一觉,等体力恢复去石垣岛钟乳岩洞。我在钟乳岩洞门口的楼梯看见了八重山蝎,但遗憾的是它逃得快,在我把相机拿出来以前就躲起来了。

なかに入ると巨大な石筍がお出迎え。
进里面去,巨大的石笋迎接我。




お地蔵さんと七福神。
地藏与七福神。






雪女?
白衣女妖精?




この鍾乳洞、全長は3.2km、そのうち450mが見学できるそうな。
这钟乳岩洞全长3.2公里,其中450米可以参观。




でもって接触が悪いのか、こんなところで突然ライトが消えたりするからスリル満点だ。
我不知道是不是由于接触不良的原因,在这种场所电灯突然灭了,非常惊险。




トルコのパムッカレを思い出した(まだ行ったことないけど)
我想起来土耳奇的棉花堡(虽然还没有去过)






頭上注意。
留心撞头。




こんな小さな一滴が
这么小的一滴




こんな大きな柱になるなんて。
变成这么大的柱子。




やっぱり自然はすごいなぁ。
自然还是了不起啊!






夕方、石垣港に沈む夕日を見に行った。
我傍晚去石垣港看日落。




この猫さん、1日めの夜もここにいたような。
这只猫好像第一天夜里也在这里。




近寄ると、初日と同じく「にゃ〜」とご挨拶。カメラの前でポーズを取って、さらに背中をひとしきり撫でさせてくれた。
我靠近去看,它与第一天一样问候了:"喵〜",在相机的前面摆好姿势,而且让我暂时抚摸背。






その後も同じ姿勢でじーっと海を見つめていた。
然后它仍然保持同一姿势,目不转睛地在看海。




猫さんもこの眺めが好きなのかも。
我觉得,猫也可能喜欢这个景色。




こちらは730交差点のシーサー。
这些是730交叉路口的狮子。




晩は居酒屋でイカスミチャーハン、ゴーヤーと島イカのフライを頼む。
ビールは、やっぱりオリオンでした。
晚上在小酒馆点墨液炒饭,炸苦瓜与炸墨鱼。
要说啤酒,我还是喝了奥利安啤酒。








*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-04 21:47 | 日本

腿肚子象是烤鸡肉。

コンドイビーチを離れ、集落へ。
离开Kondoi海滨,去村落。




目に入るのは青い空、紅い瓦と白い道。
看到的是蓝空,红瓦与白路。






砂に車輪を取られるので自転車を押して歩くことに。この時点で日射しは最強で、目眩を覚えるほどであった。あと30分も歩いたら、日射病で倒れていたに違いない。
因为车轮容易埋在沙子中,所以我推着自行车走了。这一时点阳光最强烈,叫人感到头晕。如果再走30分钟的话,我会因日射病倒。




牛車引きの水牛も木陰でひと休み。お勤めご苦労!
拉车的水牛也在树阴休息一下。工作辛苦了!




ものみの塔に着いても昇る気力がなく、下から撮るのが精一杯で、日頃の運動不足を痛感。
我到瞭望台也没有上的精力,从下面拍照已经精疲力竭了,结果痛感平时运动不够。



竹富港へ戻る途中、ふくらはぎがチリチリ痛むので振り返って見てびっくり! 短パンから露出した肌がこんがり焼けて、まさにグリルチキン状態だったのだ。顔や手の日焼け対策は万全のつもりだったが、自転車に乗ると脚が焼けることまでは思いが及ばなかった。いやはや、熱帯の日射し恐るべし!(ちなみに、1カ月経った今でもまだ皮が剥けている)
回竹富港的路上,腿肚子火辣辣地疼,我一回头看就吃惊! 从短裤露出的皮肤晒得黑油油,象是烤鸡肉。我以为脸与手的防晒对策完善,却没想到骑车时腿也晒黑。哎呀,热带的阳光真厉害!(顺便说一下,过了一个月现在还在脱皮)


竹富港には来たときと同じひるぎ2号が私たちを待っていた。
在竹富港,与来的时候一样,Hirugi2号等着我们。






短い時間だったけれど楽しかった。
虽然时间不长,但是我愉快地玩了。




竹富島よ、ありがとう。きっとまた会いに来ます!
非常感谢竹富岛,我一定会再来看你的!




石垣島に戻った後は「まーさん道」にてランチ。
回到石垣岛后,在《Ma-san道》吃中餐。




「ヘルシー定食」はしっかりした味付けであった。
《健康客饭》味调得浓。







それでは、皆さまも石垣ー竹富間のバーチャル船旅をお楽しみください。
那么,你们也享受石垣竹富之间的虚拟坐船旅行之乐!








*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。
[PR]
by nohohonvillage | 2008-10-30 21:43 | 日本

純白のコンドイビーチ

纯白的Kondoi海滨

そして、コンドイビーチへ。
駐輪場を抜けるとパッと視界が開け、その広大さと白さに感動のあまり絶句した。
然后,我去了Kondoi海滨。
一穿过存车场,视界就开阔起来,它既宽大又纯白,令人感动得张口结舌。





子どもがひとりで遊べる海辺なんてそうないよな。
我觉得孩子可以单独玩的海滨很少有。




あの鳥や人はいったいどのくらい先にいるのか。
歩いているうちにだんだん距離感覚があやしくなってきた。
那只鸟或那个人离这里到底有多远?
我走着渐渐失去距离的感觉了。







ちょうど干潮時で、ところどころに水たまりが残っている。
正好是退潮时,这儿那儿还残留着水洼。






水がないところは、まるで砂漠のよう。
没有水的场所象是沙漠。






この海藻を踏み分け踏み分け歩いていくと、
あのエメラルドグリーンの縁に辿り着けるだろうか。
我不知道用脚蹚着这些海草走下去的话,
能不能走到那个翡翠绿的边缘。





コンドイビーチを歩く動画です。
我在Kondoi海滨走的动画:







*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-10-27 22:00 | 日本

皆治滨的长凳是谁的?

砂まじりのデコボコ道をふうふう言いながら走り続け、ようやくカイジ浜に辿り着いた。
我在有沙子的坑坑洼洼的道路上呼哧呼哧喘着跑下去,好容易才走到皆治滨。




樹々の向こうには見たこともないアクアマリンの世界が広がっていた。
树木的那边展现着我从来没看过的海蓝宝世界。




あの親子連れは星の砂を探しているのだろうか。岩礁の上には釣り人も。
那一家是不是在找星沙呢? 岩礁上有人钓鱼。




海はどこまでも透明で遠浅。
海到哪里都清澈而平浅。




ナマコもくっきりはっきり!
海参也可以看得清楚!




ふたりをサンゴ石に閉じ込めてみる。
我把他们俩关关在珊瑚石里。




熱帯の日射しは容赦ない。少し休もうと木陰のベンチへやってきたところ、すでに先客が。
热带的阳光非常毒。我想休息一下,去树阴的长凳看看,却已经有先来的客人。




観光客が覗き込もうがびくともせず、叩き売りのバナナ状態。
即使游客凑过去看,它们也一丝不动,仿佛是摆在铺子的香蕉。




おかげで人様は遠慮して余所で休むハメに。
既然如此人家客气,只好去别处休息。




何というのほほんぶり! 素直に言おう、
君たち、羨ましいぞ!!
它们过得多么悠闲啊! 我坦率地说:
好羡慕你们!!









*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-10-23 22:43 | 日本

竹富島へ!

去竹富岛!

石垣港離島フェリーターミナル。
石垣港离岛渡轮码头。




船を待つ時間はいつもわくわくする。
我等船的时候每次都欢欣雀跃。




「竹富行」。
"开往竹富"。




本日は晴天なり。
今天是晴天。




私たちの乗船する「ひるぎ2号」が接岸した。
我们乘坐的船《ひるぎ2号》(ひるぎHirugi是红树的意思)靠岸了。




港を出るや、山の向こうに「グッジョブ!」の雲を発見、幸先いいなぁ。
一开出了港,就发现了山的那边有一片云彩,仿佛是竖起大拇指,预兆吉利!




10分もするともう竹富港が見えてきた。
过了10分钟就看到了竹富港。




島巡りのお供はこのママチャリ。
陪我去岛游的是这个主妇用的自行车。




それでは私も出発進行!
那么,我也出发了!




道はどこまでも白く眩しい。
道路到哪里都白,刺眼。






沿道にはいろんな花が咲き乱れ、南国ムードたっぷり。
在道路的旁边各种花朵开得五彩缤纷,充满了南国气氛。

オオゴチョウ。
洋金凤。




テイキンザクラ。
琴叶珊瑚。




キバナキョウチクトウ。
黄花夹竹桃。




スジグロカバマダラ。
粗脉棕斑蝶。




アカバナー(ブッソウゲ)。
朱槿。










*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。
[PR]
by nohohonvillage | 2008-10-21 22:01 | 日本

平久保崎的蓝色碧玺

サトウキビ畑や黒牛牧場を眺めながら206号線をまだまだ北上。
我看着甘蔗地与黑牛牧场在206号线上继续北进。

あの山、ニュージーランドで見た山にそっくりだ。
やはり放牧のせいだろうか。
那座山很像我去新西兰时看的山。
也是不是由于放牧的原因?





坂道を上り詰めると、やっと目的地が見えてきた。
爬上坡道,终于看到目的地了。




散策路を歩いていると眼下にインディゴライトの海原が。
走在散步道的时候,眼下看见了象是蓝色碧玺的大海。




石垣島最北端の岬・平久保崎に到達!
我到达了石垣岛最北端的岬角;平久保崎!




灯台からの眺めも、これまた絶景なり。
向こうは無人島だろうか。
从灯塔的眺望也是绝佳也。
那边是无人岛吗?





灯台を見上げるとそこには虹が!
抬头看灯塔,居然有彩虹!




岬の右手にあった浜(平野ビーチ)を見に行きたくなった。
サトウキビ畑の間の赤土道を分け入って行くと、
岬角的右边有海滨(平野海滨),我也想去看了。
我在甘蔗地之间的褐土道路上穿行,





そ・こ・は、
发现的就是──,




誰もいない海♪
さっきの灯台がもうあんなに小さい。
无人之海♪
刚才去过的灯塔已经那么远了。





その後米原海岸へ戻って心ゆくまで魚と戯れ(水中写真に初挑戦)、
此后我回到米原海岸,跟鱼尽情地玩(我第一次尝试了水中摄影),




夕食はフリーマガジンで見つけた「食事処・大宝」へ。ナーベラー味噌炒め定食は素材の味を生かした味付けで、遊び疲れた体にしみ込むようであった。マガジンのクーポンでサービスしてもらった手作りジーマーミ豆腐もおいしうございました。
晚餐我去了在免费杂志上找到的《食事处・大宝》。酱焖丝瓜客饭把材料的味做出来,仿佛是渗透了玩累的身体。免费奉送给带优惠券的客人的花生豆豆腐也是亲手做的,很好吃。







☆平久保崎からの眺め・動画(00:42):灯台に立って180度見回してみた。子どもも大興奮!
☆从平久保崎的眺望;动画(00:42):我站在灯塔,张望了180度。孩子也非常兴奋!




☆平久保崎からの眺め&平野ビーチ壁紙:旅日記アップの記念に配布中。画像をクリック!
☆从平久保崎的眺望与平野海岸的壁纸:为了纪念上载旅游日记,正在散发中。请点击画像!






*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-10-14 22:42 | 日本

牛そばと道路横ビーチ

牛肉面与路旁的海滨

お昼は伊原間の「新垣食堂」で腹ごしらえをする。後で知ったがこの店、牧場主が営んでいるそうな。どうりでメニューが牛汁、牛そば、ビーフカレーだけなわけだ。
中餐我去伊原间的《新垣食堂》填了肚子。事后我知道,这家食堂听说是牧场主经营的。怪不得菜单只有牛肉汤,牛肉面与牛肉咖喱。




牛そばは並でもこのボリューム。石垣牛に根菜、昆布のだしがよく出て実においしく、スープもすっかり飲み干してしまった。
普通份的牛肉面也这样有质有量。汤汁用石垣牛,根菜类与海带煮出好,味道真好吃,所以我把汤都喝光了。




206号線を北上中、道路脇に砂浜が見えた。
北上在206线公路的时候,道路的旁边看到了海滨沙滩。




ぽつぽつ点在する小岩がユーモラス。
点点滴滴地散布的小岩石很幽默。




日射しが出て、海面がまるで水晶のようにきらめきだした。
太阳出来了,海面像水晶一样闪耀起来了。




あそこで泳いでるのはウミヘビ君かな。
那里游泳的是小海蛇吗?




自然の造形は本当に面白い。
自然的造型真的有意思。




この岩の配置、竜安寺の石庭やイサム・ノグチの庭園を彷彿させるなぁ。
这些岩石的配置令我想起龙安寺的石庭或野口勇的庭院。




振り返ると青空が。お〜、これぞ沖縄の夏!
回头看到的就是蓝空。哇〜,这样才是冲绳的夏天啊!




小学生のとき、砂を固めて人工川をつくる実験をやったっけ。
我想起来了,读小学时做过把沙子坚实,做出来人工河川的实验。




いかがです、あなたもちょっと砂遊び。
你也玩儿沙子一下,怎么样?








*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-10-09 22:21 | 日本

在吹通川被剪刀手包围

干潮時から2時間経った頃を見計らって、吹通川の干潟観察にやってきた。
我估算好退潮后过2个小时,来了吹通川观察海滩。

橋から海を望む。
从桥眺望海。




山側はマングローブ。
山那边长满了红树林。




カヌー下りの一行を見かけたが、彼らが行ってしまうと辺りは再び静寂につつまれた。
我看见了坐独木舟顺流而下的一行,可是他们走去了以后,四周一片再次寂静了。




木の枝ではヤドカリが日光浴中。
树枝上一只寄居蟹在晒太阳。






私が近づくと大慌てで逃げて行く(どこにいるか、わかりますか?)
我靠近去,它就非常惊慌地逃跑(它在哪里,你看得见吗?)




このヒルギは何歳ぐらいだろうか、なかなか立派な根をしている。
我不知道这棵红树几岁了,根长得好漂亮。




根元の水たまりは栄養が豊富でいろんな生き物が集まってくるらしい。
据说根上的水洼富有营养,因此各种生物来聚。




うへへ、見ーつけた!
嘿嘿,我看到了-!




「あんた誰?」
"你是谁?"




「怪しい者ではございません。写真を一枚……、」
が、撮ろうとするとプイと向こうを向いて、どこかへ跳んでいってしまった。
"我不是可疑的人,请让我拍一张照片──,"
我准备拍摄,它却突然扭过脸去,飞跑到哪里去了。





その名はミナミトビハゼ。地元の人は「とんとんみー」と呼ぶそうな。
其名称为银线弹涂鱼。听说当地人叫它"Tontonmi"。




とんとんみーに夢中になっていたところ、背後に何やら気配が。
我专心致志地观察Tontonmi时,总觉得背后象是有什么动了。




さっきつけた足跡のわきで紅いハサミ軍団が臨戦態勢だったのだ。
耳をすませるとかすかにチョキチョキいうのが聞こえてちょっと怖い。
我刚才留下的脚印附近有红剪刀军团作好临战态势。
我注意倾听起来,稍微有喀嚓喀嚓的声音,感到有点可怕了。





こちらはまた違う種類のシオマネキ(オキナワハクセンシオマネキ)
这些是另一种招潮蟹(糾結清白招潮蟹)




その目線の先には……、
它在向什么看去?




甲羅の模様が何とも鮮やか。
甲壳的花样真的鲜艳。



仲間の前では威勢よくチョキチョキやっているが、私がレンズを向けるとさっと穴に潜って、しばらく待っても出て来てくれない。人様はやはり招かれざる客ということか。
它对伙伴示威,喀嚓喀嚓地鸣夹子,不过我一把镜头转向它,它马上就钻进洞里,我等一会儿也不出来了。到底人家还是不速之客的意思吧。


この奥は前人未踏のエリアか。生き物たちには文字通りパラダイス。
这里面也许是没人到过的地区,对生物们是如字面那样的乐园。





では、息を殺して撮った動画をどうぞ(ピンボケ御免)
那么,请看我屏息拍摄的动画(对不起,影象模糊了)









*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-10-07 22:09 | 日本