お茶どうぞ。

请喝茶。

一昨年秋に深センで買った3年ものの巴達高山茶王「大白毫」。
時間が経てば経つほどおいしくなると聞いて、大事にしまっていたのだが、先日中国茶好きの友人にねだられてついに開帳することと相成った。
前年秋天我在深圳买了储藏三年的巴达高山茶王"大白毫"。
店员说越过时间越好喝,所以我一直珍惜地保存的,但前几天被一位喜欢中国茶的朋友闹着要求,终于决定了公开于众。


d0085939_22182137.jpg

棚の奥から取り出してきたら、ふわ〜んとひなびた香りが漂い、深センのあの店を思い出した。あの主人と家族は元気にしてるかな。
我从架子的深处拿出来的同时,它就轻轻地发散了带有乡下的香味,让我想起深圳的那家茶叶店了——那位夫妻俩和儿子现在过得怎么样了呢?

d0085939_22372832.jpg

保存がきくようにがっちり固めてあるのを、ドライバーを使ってほぐしていく。
因为茶叶为了长期保存好好坚硬,所以我用螺丝刀擢碎了。

d0085939_22183670.jpg

一煎めは苦みがきついが、二煎、三煎とじょじょに甘みが出て、さながら田舎のおばあちゃん家の縁側で飲んでいるような気分になった。
第一杯有点苦,但是喝第二,第三杯甜味渐渐出来,我感到仿佛坐在乡下的姥姥家的套廊上喝茶一样的心情了。

d0085939_22395329.jpg


いつかこのお茶に会いに、シーサンパンナへ行ってみたいものだ。
于是我想:总有一天去西双版纳遇上这种茶。
[PR]
by nohohonvillage | 2007-02-06 22:26 | 中国

マオポスト・コム

Maopost.com

文化大革命時代のプロパガンダ・グッズがブームとなっているらしく、最近こんなサイトを発見した。その名も「マオポスト・コム」
据说文化大革命时代的宣传制品现在很流行,我最近发现了这个网页:名字叫"Maopost.com"
d0085939_14361034.gif

膨大な数のポスターがサイトで閲覧できるうえ、注文すれば自分を主人公に見立てた油絵も描いてくれるそうな。Macユーザーならウィジェットもダウンロード可。絵柄は日替わりで、標語もついているので、少しは中国語の勉強になるかな?(使う機会はないけれど)
在网页上能阅览数量庞大的宣传画,而且如果定货的话,可以画把您当作主人公的油画。苹果机利用者可以下载窗体:花样一天一换,配上标语,所以也许对中文学习有一点用(虽然没有用标语的机会)。

それにしても登場人物は揃いも揃って力強い表情と輝く白い歯をしている。私なんかこんな顔で3分もいたらたちまち「はぁ〜疲れた!」とため息をつきそうだけど、彼らは眠ってるときもこの笑顔なんだろうなと思わせるところが、さすがプロパガンダ。 これに似たシーンがどこかにあったと思っていたら、昔見たコカ・コーラのCMだった。若い男女がコーラの瓶を手に颯爽と駆けていく。憎しみも悲しみも疲れもまったく感じさせないという、現実には「あり得ない」設定なのに、「私もあのなかのひとりだったらなぁ」と憧憬をかき立てるのに十分であった。
即使那样,宣传画中出现的人物毫无例外具备坚定的表情和闪耀的白牙。我这个人如果作出3分钟的这种神气,马上就会叹一口气说,"嗨,累了!",但是这些画使我想像他们连睡觉的时候也一定这样含笑,真不愧是宣传画。我觉得好像有与这个类似的场面,就是以前看的可口可乐的广告:年轻男女人人手中拿着可口可乐瓶,精神抖擞地快跑去。该广告一点都不给人憎恶,悲哀,疲劳的印象,虽然实际上"不可能"的设定,但充分足够令人向往:"要是我也是他们中的一个人,那么好呀!"

かたや共産主義、かたや資本主義と、対極にある社会のはずなのに、その宣伝がこんなに似通っているのは興味深い。
一方是共产主义,一方是资本主义。两个社会应该位置于相反的极端,可是双方的宣传这么相似,很有意思。

でもサイトにはこんな微笑ましい絵もあります。
不过该网页还有这些招人微笑的绘画。

d0085939_14382311.jpg
I test you.-考考你-

d0085939_14383822.jpg
Tug-of-war -拔河-


[PR]
by nohohonvillage | 2006-12-27 15:00 | 中国

中国のなぞなぞ

中国谜语

这三道谜语是我的中国网友九外先生给我出的。学中文的同学们也猜猜看怎么样? 我不公布正确的答案,但作为参考,在下面介绍我和他的交谈。

この3つのなぞなぞは、中国のネット友達・九外さんが出題してくれたものです。中国語を勉強している皆様も解いてみませんか? 正解は公表しませんが、参考までに下に二人のやりとりを紹介しておきます。

【容易级】
谜面:什么布剪不断?
提示:请尽情发挥想象

なぞなぞ:ハサミで切れない布はなあに?
ヒント:精いっぱい想像を働かせてね。


【中等级】
谜面:老虎的名字是什么?
提示:中国成语

なぞなぞ:トラの名前はなあに?
ヒント:中国の成語だよ。


【困难级】
谜面:三只公老虎加两只母老虎,猜一个人名。
提示:世界知名球类运动员的名字(此题不仅需要对中文的理解,还需要丰富的想象力。)

なぞなぞ:オスのトラ3頭たすメスのトラ2頭は、だーれだ?
ヒント:世界的に有名な球技選手の名前だよ。
(この問題は中国語の理解だけでなく、豊かな想像力も必要)




***

我:
我一边查词典,一边猜,不过还没有猜中的把握呢。我要问的是:
容易级:这个照片我在最近的北海道照相簿里介绍了吗?
中等级:这个东西我摸不得吧?
困难级:五只老虎在草坪上打相当小的球吗?

九外先生:
容易级:有介绍到
中等级:猜的不是一个东西,只是老虎的“名字”。这题对外国人来说确实很难,要对中国成语和谐音十分了解。
困难级:你很厉害,想法很正确哦!
大胆的猜吧!猜错也没关系。这些题我问过许多中国朋友,不给提示的话,大多数人也只能回答出简单级的答案。

我:
中等级的回答想了半天,还没想到,可是今天早上做梦时突然想出了一个成语。我要问你;盲虎不能这样叫,是吧?

[PR]
by nohohonvillage | 2006-10-18 21:11 | 中国

団子にロマンあり

年糕团子有浪漫
Rice dumplings have a romance

たまたま見かけたブログのおいしそうな写真に釘付けになって、文章を読んでみたらそれはなんとタンザニアの団子であった。写真&レシピはこちら(英語)。あまりにも日本の団子に似ていたのでその旨をコメントすると、筆者のMiriamさんは日本の団子の歴史に興味を持たれたようだ。
我偶然看见的博客里有一张看来很好吃的照片,我的眼晴定住了,看文章知道那竟然是坦桑尼亚的团子。照片和做法在这里(英语)。因为那个团子非常像日本的年糕团子,所以我留了这个意思的评语,好像笔者Miriam女士对日本的团子感兴趣了。
A blog I happened to passed by made my eyes fastened on a picture which looked delicious. After reading the text, I found it showed Tanzanian rice balls. Photo & recipe are here. I commented that they were just like Japanese one, so the author Miriam seemed to be interested in the history of Japanaese rice dumplings.

そこで団子の歴史を調べてみると……、
所以我把团子的历史查了一下;
Then I tried looking over the history of rice dumplings:

日本人が団子を食べ始めたのは縄文時代からではないかと推測されています。当時身近にあったクヌギやナラの実(どんぐり)はアクが強いため、食べるためにいったん粉にして水にさらしました。そのアクが取れた粉状のものを土器などで糊状の粥や団子にして食べていたようです。
日本人开始吃团子的时期估计是绳文时代*。当时在身边有的柞树和枹的种子(橡子)涩得很,因此为了食用一旦磨成粉面,泡在水里掉涩味。似乎把这个粉状的东西在土器里做成像浆糊样的粥或团子后吃。
It is supposed that the time Japanese people began to eat dumplings is Jomon Period*. At that time there were nuts of oak (acons) around there, but they were so bitter that it was necessary to grind into flour and soak into water. After removing the bitter taste, Jomon people put the flour into earthenware and made it paste-shaped porridge or dumplings to eat.

奈良時代に、遣唐使が「団喜(だんき)」というものを持ち帰っています。これは米の粉をこねて丸め、ゆでて甘味料を塗ったもので、いまの団子とほとんど変わりません。この団喜は、はじめ仏前のお供え用として使われていたので、いまでも仏事に多 く登場するのでしょう。
奈良时代*遣唐使把叫"团喜"的东西带回来了。这是把米粉揉和,弄圆,煮之后抹甜味的,跟现在的团子差不多一样。这团喜当初作为佛前供品用,现在也佛事上常常登场。
In Nara Period* (Tang Dynasty in China), Japanese envoies brought "Danki"('dan' means a group and 'ki' means pleasure) from China. Danki is a dumpling with a sweetner which is kneaded, made a ball and boiled, and it is not much different from the rice dumplings of today. Danki was used as offerings to the Buddha, so it often appears on a Buddhist service still now.

室町時代にはすでに串ざしの団子があったようで、1600年代には団子は串に5つさすのが普通でした。
室町时代*已经有穿成串的团子,1600年代把五个团子穿在扦子是常事。
Rice dumplings with a stick already appeared in Muromachi Period* and it was common to skewer five dumplings in the 1600s.

一般的になったのは、江戸時代の1700年代で、その頃には「花より団子」と江戸いろはかるたでうたわれています。いまでもお花見には、酒と弁当などは欠かせないと思いますが、それよりも団子が主役になるほど当時流行したようです。
一般地吃团子的是从江户时代的1700年代,那时在江户伊吕波纸牌上咏"樱花不如团子"(意味是"舍华求实")。现在也看樱花时酒和盒饭不可缺少,不过当时团子流行得厉害,扮演了比那种东西还主要的角色。
In the 1700s of Edo Period, people began to commonly eat rice dumplings, because there is a verse; "Dumplings before cherry blossoms (Cake before flowers) " in Edo iroha (Japanese alphabet) cards. When it becomes watching cherry blossoms, sake and box lunches are essential, but at that period dumplings were so popular and played the more important part.

江戸時代の中頃には、祭りの日に神社などが厄除けとして団子を売り出したのがきっかけとなって、各地でさまざまな団子が作られました。この頃には、砂糖や醤油も使われるようになっていたので、いろいろな種類の名物団子が各地で生まれたのです。
江户时代中期,神社等开赛会的当天作为祓除不祥出售团子,此后各地做多种多样的团子了。这时候,白糖和酱油也利用,所以各种各样的特产团子在各地出现了。
In the mid-Edo Period, rice dumplings for good luck were on sale at shrines on feast days, and with that as a start, various dumplings were made everywhere. At that time there were sugar and soy sauce, so famous dumplings of many types appeared in each places.

*绳文时代:1万2000年前到2300年前的时代,奈良时代:710年到784年,室町時代:1333年到1573年
*Jomon Period: 12,000-2300 years before, Nara Period: A.D.710-784, Muromachi Period: A.D.1333-1573

g-chef.com「みんな大好き! 団子の歴史」より引用
上面的日文是g-chef.com《大家喜欢吃! 团子的历史》的引用
Above is a quotation from g-chef.com"Everyone likes rice dumplings!; about their history" (in Japanese).


ということは、現在日本で食べられている団子は中国から伝わってきたんである。
就是说,现在在日本人家吃的团子是从中国传来的。
That is to say, the rice dumplings now everyone eats in Japan were introduced from China.

ちなみに、タンザニアの団子Vibibiも米の粉でできていて、しかもラマダン(イスラム教歴第9月の断食月)に好んで食べられるのだそうな。そういえば日本人も中秋の名月(おっと今日だ!)に月見団子を食べて祝う。Miriamさんは「タイにも団子のレシピがある。タイからタンザニアに団子がもたらされたのはペルシャ人が関わっているのでは」と考察しているが、もしかして団子もシルクロードを旅して、東は日本、西はタンザニアまでたどり着いたなんてことはないだろうか?
听说坦桑尼亚的团子Vibibi也用米粉做,而且喜欢在齋月(Ramadan回教年的第9个月)里吃。那么说,日本人也吃"月见团子"祝贺中秋明月(正好是今天呢!)。Miriam女士考察:泰国也有团子的做法。与从泰国到坦桑尼亚带来团子可能波斯人有关系,于是我猜:团子也是不是走过丝绸之路,好容易才走到东方的日本和西方的坦桑尼亚的呢?
Miriam says that Tanzanian rice balls "Vibibi" are made from rice flour as well, moreover, they often eat them during Ramadan. Japanese people also eat rice dumplings and enjoy the harvest moon (oops, it is just today!). She gives such consideration: "We share this recipe with Thailand which they call this recipe rice balls. The Persians must have something to do with this", so I guess the rice dumplings also might have traveled on the Silk Road and arrived at the eastern Japan and the western Tanzania.

たかが団子、されど団子。あいにくの天気で月は拝めないが、悠久のロマンを感じつつ、団子をいただこうではないか。
不过是团子,然而正是团子。偏巧今天天气不好,看不到月亮,但是我们一面感觉悠久的浪漫,一面吃团子,怎么样?
Dumplings are only dumplings, but are still dumplings. Today it is unable to watch the moon because of the bad weather, but let us eat rice dumplings, feeling the eternal romance!

d0085939_14481788.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2006-10-06 15:12 | うまいもん

耳の痛い話

揭短的故事

私は大の試験嫌いなのだが、数年間独学してきた成果を試そうと、2003年5月に思い切ってHSKを受けたことがある。受験しようと思い立ったのが2月、教材の「模擬試験集」を注文したら版元が品切れとかでやっと届いたのが3月末で、実質準備期間は2カ月弱。本番では案の定、ヒアリングであがってしまったが、それでも総合点では何とか目標ラインをクリアすることができた。
我最怕考试,但是想看看数年来自学的成果,2003年5月下决心地考了HSK。想起要考的2月我订购了一本教材《模拟试题集》,出版社却缺货。3月末才得到教材,所以实际上的准备期间不足2个月。正式考试上,不出所料,听力考试的时候过于紧张了,不过综合点上好歹跨过了自己的目标。

HSKの面白いところは、問題の内容が縦横無尽であることだ。中国での生活を想定してか、なかには友達と喧嘩するシーンが出て来たり、ガールフレンドとのデートの約束、なんて設定もある。私が受けたときは、ヒアリングに笑い話が出て来て、思わず会場で吹き出しそうになって困った。
HSK有意思的特点是试题内容无拘无束。也许是设想在中国的生活,其中出现和朋友吵架的场面,还有假定和女朋友的约会。我考的时候,听力试题中出现了一段笑话,我在会场几乎不由得笑了出来,有点窘。

試験勉強で唯一参考書として使ったこの「模擬試験集」にもこんな文章があって、他の内容はほとんど忘れてしまったが、これだけは何故か今でも折に触れ、思い出してしまう。
我为了准备考试,作为唯一的参考书利用的这本《模拟试题集》里也有这个文章,虽然别的内容我差不多忘记了,但不知为什么只有这个,现在也偶尔想起来。



有一个人特别懒,有一次,他去办事,要在朋友家住几天。
早晨起床后,他不整理床铺,朋友只好替他整理。他说:”反正晚上要睡觉,现在何必去整理!”吃完饭后,朋友洗碗,他又说:“反正下一顿还要吃,现在何必要去洗!”
晚上,朋友让他洗澡,他又说:“反正还是要脏的,现在何必去洗!”
第二天吃饭的时候,朋友只顾自己吃,也不理他。他就问:“我的饭呢?”朋友说:
“反正吃了还要饿,你又何必去吃!”睡觉的时候,朋友只管自己,还不理他。他问:“我睡哪儿?”朋友说:“反正迟早要醒,你又何必要睡!”懒人急了,叫道:“不吃,不睡,不是要我死吗?”朋友答道:“是啊,反正总是要死,你又何必活着!”
——《中国汉语水平考试模拟试题集(初,中等)》北京语言文化大学出版社


 ひどい怠け者がおりました。あるとき用事があって、友達の家に何日か泊まることになりました。
 朝起きてもベッドを整えないので、友達がしかたなく代わりに整えてあげました。彼は言いました。「どうせ夜には寝るんだ、今整えなくたっていいじゃないか!」。ご飯がすんで友達が茶碗を洗うと、彼はまた言いました。「どうせまたご飯を食べるんだ、今洗わなくたっていいじゃないか!」夜、友達がお風呂をすすめると、彼はまた言いました。「どうせまた汚れるんだ、今入らなくたっていいじゃないか!」
 翌日、ご飯の時間になると、友達は自分だけ食べて、彼をかまってくれません。「僕のご飯は?」と聞くと、友達は言いました。「どうせ食べたってお腹がすくんだから、食べなくたっていいじゃないか!」寝る時間になっても友達は自分のことだけして、彼をかまってくれません。「僕はどこで寝るの?」と聞くと、友達は言いました。「どうせそのうち起きるんだから、寝なくったっていいじゃないか!」怠け者はイライラして叫びました。「食べるな、寝るなって、僕に死んでほしいのか!」友達は答えました。「そうさ、どうせいずれ死ぬんだ、生きてなくたっていいじゃないか!」
——『中国漢語水平考試模擬試題集(初、中等)』北京語言文化大学出版社




元来だらだら好きの私としては耳の痛い話である。
对生来是喜欢散漫的生活的我这个人来说这段话是揭我的短。

中国語はHSKが終わってからというもの3年間放ったらかしで錆び付いてしまっている。が、「どうせまた忘れるから」と勉強をさぼっていると、この友達が「生きてなくたっていいじゃないか!」と叱りに来そうな気がするのだ。
我的中国语考完HSK之后3年里放弃学习,就生疏了。不过,我觉得:如果我说“反正还是要忘记的”,偷懒不学中文的话,那位朋友就来责备我,说:“你又何必活着!”

この物語を覚えている限りは中国語を勉強しろということなのかもしれない。
这可能意味着:至少,我还记得这个故事的时候得学中国语。
[PR]
by nohohonvillage | 2006-09-18 20:32 | 中国

老太太和「何日君再来」

※この文章は、「おばあちゃんと何日君再来」(2005年11月15日)を訳したものです。



有天午后,我带二胡去了我家附近的公园。虽然刮寒风,但是公园里领着狗散步的人已满,真不凑巧。我不得不去再往前一个小公园,却发现了唯一的长凳上也已经有先来的客人。客人是三位;一位70到80岁的矮个儿的老太太,一位仿佛是她女儿或儿媳妇的中年妇女,还有一条看来比老太太大的拉布拉多寻回犬。

已经来到这里,返回的话一定会遗憾。我走进公园,坐在草坪的角落上打开了二胡箱子的时候,我看到了那三位(两人和一条狗)小组离开座位。我把箱子关上,赶紧去确保座位了。周围没有什么人,我可以毫无顾虑地练习二胡,太好了!

我首先把二胡聚会上想演奏的《冬天》第二乐章(维瓦尔第《四季》),然后把《茉莉花》连续练习了几遍。《茉莉花》是朱昌耀改编的,其中有两个地方出现特别快的小段,我拉好几次也拉不好。加上寒风,我的手指僵硬的不听使唤了。

临阵磨枪也完成不了这曲子——唉声叹气的同时,听到了一声:“坐在傍边,好吗?”。
我回了头,看到了那三位站在我的傍边。“好的。”听到我回答,中年妇女帮助老太太坐下了。老太太的动作非常缓慢,女人跟她说无论什么话,也不答应,只是有时微微点头而已。我觉得她也许不高兴,要不就是脑筋有点木。

既然老太太已坐在傍边,给她拉没练好的《茉莉花》会搅得她不安,所以我换个曲子,开始练习本月末打算在家乡的音乐会上演奏的曲子了。第一个曲子是《北风吹》,在寒风中拉这曲子太恰好,我觉得更冷了。傍边的三位也一声不响。不过,我继续把《何日君再来》拉起来的时候,傍边的老太太也轻轻地哼起来了。开头她哼得很客气,但轮到第二号,我听得到她的哼声很清楚。

拉完后,中年妇女给我鼓了一阵掌。我回头看,竟然那条拉布拉多寻回犬把两前腿摆在一起端坐,歪着头在看我——正象胜利公司的“狗听喇叭”卡通徽标那样。看到哈哈大笑的我,女人说:“这条狗也听的。”,老太太也微微一笑。

女人对我道谢后,招呼老太太和狗:“那,我们该走了。”那三位并排,慢慢地走了。

这件事使我想起一部电影《味(味道)》,是我2,3年之前看的。这部电影是记录片,拍摄年轻的时候在中国学了山东菜的佐藤孟江。她战争结束后返回日本以来直到现在在四谷保持传统的味道。我被又有骨气又顽强的她的力量所倾倒,但在仅一个场面里她偶然想起她的青春,露出暖和的表情。那时候她诵的就是《何日君再来》。以前我以为这曲子只不过是伤感而甜蜜的歌曲,她诵的歌倒不由得激动人心,让我才理解这曲子是应该以这种感慨唱的。

寒风中可能着凉也在所不惜地坐在我傍边的那位老太太,一边哼《何日君再来》,一边在心里描了什么样的情景? 我无法知道,但是,如果我拉这曲子时不交谈也能领会双方的心情的话,就是无比高兴的。

d0085939_23313830.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2006-09-14 23:45 | 中国

書法与二胡

书法与二胡

我在听王国潼拉的《三门峡畅想曲》

我总觉得他的演奏使人联想起书法:先在序奏从好好预备后一口气地往上跑的部分来说就令人想起用特大的毛笔画得笔直的样子。

我学小提琴的运弓时,老师说过:"推弓时吸气,拉弓时呼气。"
我注意这窍门练习着,一边想:这有点像书法。后来我开始了拉二胡,发觉了这种乐器比小提琴还容易受呼吸的影响。这是不是因为二胡是自己控制着拉力演奏的?

我从三,四岁到上高中的时候学过书法。虽然我本来喜欢弹钢琴,但是我父母好象认为我弹钢琴不会有出息,不久就不让我去钢琴教室了。而我讨厌书法,却每天从学校回来就被我妈督促,哭着把定额写完。

更坏的是中学后半开始了临摹王羲之的《兰亭序》,我毫无办法不知如何理解行书独特的风格,竟然发脾气,说:
"这么软塌塌的字体,哪儿好呀!?"
(顺便说一下,我最喜欢的书法是颜真卿的《多宝塔碑》

上高中后我借口准备高考终于告别了书法教室,心里就痛快了。父母说可惜了,我却根本没有留恋书法。不过,由于偶然的机会,现在还想起一件事:

那是书法老师常用的
"喂,在这儿噗地呼气"
"喂,在这儿足足地吐气"
等的说法。

她所说的呼气真像好好瞄准准了射箭那样,即使呼吸有一点乱,也使应该轻飘的部分胖
而重,或在应该拉长到最后的地方失去速度,结果文字也失去力量。这原则适用于小提琴和二胡。虽然我还不能用完美的呼吸演奏,但现在我拉推着弓想:以前那位书法老师说的就是这个意思。

那十年多的时间,我与其说是学了书法,不如说是学了呼吸法。

言归正传,王国潼二胡拉得多么自由自在呀! 他在一个曲子里有时候写牢固的楷书,有时候用流利的行书和草书引诱人。中途放弃了《兰亭序》的我——像你想象那样,不善于拉'三门峡'中的美妙而舒畅的中间主题。不过我这回不打算放弃,希望按自己的速度呼吸,一一清除坚硬的岩石,最后能表现大河的水流。


2006.8.23 日文 Japanese
[PR]
by nohohonvillage | 2006-08-30 23:09 | 中国