板胡を求めて〜新街口

去买板胡〜新街口

頤和園に行った帰りに、新街口でバスを途中下車して楽器店ストリートを冷やかす。
我从颐和园回来的路上,在新街口中途下公共汽车,逛一逛乐器店街。

さすが北京、壁には京胡がズラリと並ぶ。
真不愧是北京,墙上挂着一大排京胡。
d0085939_22113426.jpg

気さくな店主が出てきて「何がほしいの?」と聞く。今回のお目当ては板胡。文字通り共鳴板に木の板を用いた、二胡よりかん高い音色のする擦弦楽器である。これならワシントン条約にひっかかる心配なく持ち帰れる。
爽朗的老板迎接我,问:"你要什么?"。这回我想买得的就是板胡:如字面那样,在共鸣板上用木板,音色比二胡尖锐的一种擦弦乐器。这件乐器没有因华盛顿条约被扣下的担心就可以带回日本去。

ところが板胡は5、6本しか置いてない。ほとんどが金属軸で見てくれはイマイチだ。かろうじて店主が「これはいいよ」と取り出してきたのは黒檀製で1000元以上するものだった。確かに美しく、音色もよくて、店主の弾く「绣金匾」にウットリ。でもちょっと予算オーバーかなぁ。
不过,那家店里只卖五,六把板胡,而且多半是用金属轴,不那么好看。老板说着"这个好"好容易才拿出来的乌木制的价格1000元以上。它确实很美,音色也好,老板拉的《绣金匾》使人听得迷入。只是我的预算不足啊。
d0085939_22151398.jpg

さらに「じゃあ、日本の曲を弾きましょう!」と言うので、「おっ、『北国の春』だな?」と思いきや、予想に反して『四季の歌』が流れてきた。「ん〜、いいですねぇ!」 店主は相変わらずニコニコと「何か京劇の曲を聞かせてあげられたらいいんだけどねぇ」と黒檀板胡を見せてくれるのだが、その脇から奥さんらしい恰幅のいい女性が覗きこんで「初心者でしょ? そんな高いの必要ないわよ。200元ので充分よ」と実に現実的なことを言う。中国の楽器店の、こういう商売気がなくのほほんとしたところが大好きだ。
他说,"那么,我来拉日本的歌曲吧!",所以我想:"哇,他一定要拉《北国之春》的", 但出乎预料,我听到的就是《四季之歌》。"哦,挺好!"。老板一直微笑着说,"如果我能让你听京剧的曲子,多么好啊",让我看乌木板胡,可是从他的旁边,好像是他妻子的体格好的一位女人凑过去看我,说很现实的话:"她是初学的吧,不用买那么贵的,200元的就够了"。我很喜欢中国的乐器店的这种特色:没有盈利心理,游手好闲。

続いて向かった店では、20代の男女が応対に出た。ふたりとも二胡も板胡も弾けないと言い、外国人の私が触るようすをもの珍しそうに眺めるばかり。残念ながら板胡もめぼしいものがなかった。
此后我去看的另一家店里,是年过20岁的一对男女接待的。两位说他们都不会拉二胡与板胡,似乎很稀奇地只看我这个外国人拉乐器的样子。遗憾的是板胡也没有较好的。
d0085939_221236100.jpg

ヘビ皮のタンバリンはあるんだがなぁ。
虽然有卖蛇皮制的手鼓——。
d0085939_22125731.jpg

そして揚琴の音色に惹かれて入ったこの店では、板胡はおじさんの後ろにあったので触りそびれてしまった。しかもこのおじさん、私が入って物色しようが写真を撮ろうがちっともおかまいなく弾き続けていて、果たして店の人なのかと訝しくなったほどだ。
于是我被扬琴的音色迷入走进了这家店,板胡由于挂在这位大叔的背后的原因,我不敢拉。虽然我走进看看乐器,拍拍照片,但是他一点都不在乎地弹下去,所以我不明白他到底是不是售货员。
d0085939_22131890.jpg




[PR]
by nohohonvillage | 2007-08-07 22:13 | 北京

八達嶺で肉まんを食す

爬上八达岭吃肉包子

ご注意・お食事中の方は読まないでください。
请注意:请不要吃饭时看这篇文章。


万里の長城へは現地会社主催のツアー※を利用した。
到万里长城我利用当地的公司主办的团体旅游去了。※

集合時間は何と朝の6時! マイクロバスのそばに肉まん売りがやってきたので「車で食べよう」と2つ買って乗り込んだが、ドライバーは、臭うから中で食うな、食べたいなら外で全部食べてこい、と言う。で、ある客が「じゃあ待っててくれるのか」と聞けば「もう出発する」。それを聞いた乗客は大ブーイングで、けっきょくドライバーが折れるしかなく、車内で食べていいことになった。でも私はその応酬を聞いてるうちに食欲が失せ、肉まんはバッグにしまってしまった。
集合时间竟然是早晨6点! 一个卖肉包子的来到了面包车的旁边,因此我想在车内吃,买两个上车了,司机却说:"包子臭,别在车内吃。你想吃的话,在外面都吃掉后上车"。有位客人问:"那么,你等我吃完包子吗?" 司机回答说:"快要出发了"。听到这个,乘客就牢骚满腹了,结果司机不得不让步,我们可以在车内吃包子了。可是,他们互相冷嘲让我没有食欲,所以把肉包子放进了挎包里。

以前杭州ツアーに参加したときガイドがうるさいのに懲りていたので、道中は耳栓をして車窓の景色を見ていたが、それでもまだ聞こえてくる話からすると、しきりにおみやげの宣伝をしているようだ。今日は何の店に連れていかれるのだろうか。
我以前在杭州参加团体旅游时,导游说得太闹,吃够了苦头,所以去的路上用耳塞一直看车窗外的景致,但即使用耳塞还听到了她的话:她好像大肆宣传土产品。今天她们会带我们去什么土产店?

やっとそれらしき山々が見えてきた。
终于看到象样的山了。
d0085939_21234155.jpg

見学時間は約1時間半、上にはトイレがないと言うので駐車場脇の有料トイレ(5角。1角=0.1元)へ向かったが、一歩足を踏み入れるとそこには想像を絶する光景が広がっていた。それでも背に腹は代えられぬ。膀胱炎になるよりはと言い聞かせ、大量の落とし物を見て見ぬふりしつつ使うしかなかった。故宮のインスタント麺にもがっかりだったが、ここだって仮にも世界遺産なら、なぜトイレをきちんと整備しないのだろう?
参观的时间大约一个半小时,听到导游说上面没有厕所,我去了停车站旁边的收费厕所(5角),可是走进了一步,难以想像的光景就展现在眼前。即使那样,为了解救燃眉之急顾不得其他,我不得已一边对自己说:"比得膀胱炎好",一边假装没看见大量的失落的东西使用。故宫的方便面也令人失望,但这里也既然是世界遗产,怎么不把厕所修建好呢?

まぁ、下の疑問は下に置いてとりあえず上り始める。
把关于下方的疑问放在下方,暂时开始爬上。
d0085939_21241157.jpg

いや〜、階段は思ったよりはるかに急だ。振り返ると足がぞわぞわする。
哎哟,我没想到楼梯这么陡峭。一回头看,我的脚就哆嗦了。
d0085939_21243518.jpg

要塞のアーチ窓がしゃれている。もうだいぶ上ったかな?
要塞的弓形窗户有风趣。我已经爬了很多吧?
d0085939_21245344.jpg

手すりがなければ引力で落ちてしまいそう。
没有栏杆的话,我就会被引力落下去。
d0085939_21251344.jpg

すれ違ったおじさんは「あぁ〜、膝が笑う〜」と笑いながら下りていく。
私も帰りはあんなだろうか。
错过去的一位大叔一边说:"哎呀〜,膝盖颤动了〜",一边笑着下去了。
我下去的时候也是那样吗?

d0085939_21252928.jpg

村の家々が豆粒のよう。
村里的房子小得豆粒儿似的。
d0085939_21254927.jpg

延々と続く城壁。
城墙蜿蜒地连通着。
d0085939_212662.jpg

d0085939_2126183.jpg

あの赤い旗まで上って写真を撮ったら自慢できるかなとも思ったが、直前の階段のあまりの急さに恐れをなしてここで引き返した。長城に到らずんば、とも言うけど、まぁいいや、大和撫子だし。
我想:爬到那个红旗拍照片的话,也许可以自夸。不过,正前面的楼梯特别陡峭,因此有所畏惧,我在这里半路返回了。无论有人说不到长城,反正我是日本女性,不在乎。
d0085939_21275811.jpg

下りる前にひと息入れる。さっきまでヘトヘトだったのに、ここで気持ちのよい風に当たっていたら元気も回復してきた。ついでにお腹もすいてきたので、眼下に広がる景色を見ながらいただきます。
下去之前休息了一下。我刚才精疲力尽,不过在这里有很舒服的风,让我恢复精力。肚子也有点饿了,我看着眼下的风景开吃了。
d0085939_21282695.jpg

おいしかったので2個連続平らげた。
ちなみにお値段は1個8角也。紙の感触はなかったと思う。※※
包子很好吃,连续吃掉了两个。
顺便说一下,价格8角一个,好像没有吃纸的口感。※※

d0085939_21285061.jpg

階段を下りる。私の膝もやっぱり先ほどのおじさんと同じく笑っていた。
下楼梯。我的膝盖也像刚才错过去的大叔那样,颤动了。
d0085939_2129104.jpg

子どもをおぶって上る母親や背中の曲がったお年寄りも見かけた。万里の長城は中国人にとってそれだけ一度は上りたい場所なのだろう。
背着孩子爬的母亲与年迈腰弯的老人也看见了。我认为:对中国人来说,万里长城是这么值得爬一下的地方。
d0085939_2129332.jpg

駐車場に戻ってくるとバスの出発時間まで間があったので、近辺を散歩してみたら、小さなお寺を発見。
回到停车场时,还剩下时间到面包车的出发,我去附近散步了一下,结果发现了一座小寺院。
d0085939_21295213.jpg

人気がないのでちょっと怖くなってすぐ引き返したが、静寂のなかで見る要塞は時間が止まったようで印象に残った。
因为那里没有人影人踪,所以我有点害怕,马上就返回去了。但是在一片寂静中看到的要塞仿佛是时间停了,印象深刻。
d0085939_21301077.jpg



※このツアー、実はとんでもないツアーだったのですが、詳しくはそのうち日を改めて書きます。
※说实在的,这个团体旅游是太不像话的,我要改天写详细内容。

※※日本人の段ボール肉まん試作レポートを見つけました。
※※我发现了一个日本人的报告。他用瓦楞纸板试作了肉包子。

★ボイジャーも上っています。住人日記を見てね。
★Voyager也在爬呢。请看住人日记。

[PR]
by nohohonvillage | 2007-07-19 21:26 | 北京

頤和園一日散歩

颐和园一日散步

北京市街からバスに乗ること1時間、西太后が愛したといわれる頤和園に到着。昆明湖を眺めながら、私は右手の島を目指して歩き出した。
我从北京市街坐了一个小时的公共汽车,到了听说西太后很喜欢的颐和园。我看着昆明湖,以右边的岛为目的地开始走了。
d0085939_22193948.jpg


ちなみに手前に見えますのは万寿山でございます。
顺便说一下,这边可看到的是万寿山。
d0085939_22195785.jpg


行けども行けども橋はまだ先。頤和園広すぎ!
我走呀走,还没到桥。頤和園太大了!
d0085939_22201376.jpg


やっと到着したものの、うらぶれた建物があるのみでめぼしいものがなかったので、遊覧船に乗って対岸の万寿山へ。船上を渡る風が心地よい。
虽然我终于到达了,但是岛上除了只有一座破落的建筑物以外有趣的东西都没有,因此我坐游艇去了对岸的万寿山。吹过船上的风很舒服。
d0085939_22203378.jpg


木陰から仏香閣を垣間見る。
从树阴偷看佛香阁。
d0085939_22205173.jpg


右手に湖を見ながら長廊(728メートル)を歩く。
边看右边的湖,边走了728米的长廊。
d0085939_22211181.jpg


仏香閣入り口。ここからてっぺんまで階段なんである。
佛香阁的门口。我得从这里到顶点上楼梯。
d0085939_22212894.jpg


この池の睡蓮はもう咲き始めていた。
这个池子的睡莲已开花了。
d0085939_22214894.jpg


しつこいけど、ここからてっぺんまで階段……(ため息)
请让我再说——我得从这里到顶点上楼梯(叹息)

d0085939_2222579.jpg


まだ続いてるし(息切れ)
还有楼梯呢(气喘)
d0085939_22222169.jpg


ふうふう言いながらも何とか上りきるとやっと湖が見渡せた。
我上气不接下气地好歹上到顶点,终于能看望湖了。
d0085939_22225744.jpg


回廊からの眺めも美しい。
从回廊眺望的景色也美丽。
d0085939_22231441.jpg


ところが裏手に回ってびっくり。
建物が表とはまったく違った表情をしているのだ。
不过,我去后门看,就吃惊了:
建筑的表情与正面完全不同。

d0085939_22233852.jpg


これはまるでイスラム寺院のようではないか。
窓がすべて塞がれているのも異様だ。
这仿佛是回教寺院,是吧?
窗户都被堵上的也是奇怪。

d0085939_22235414.jpg


周囲に説明書きもなければ見る人もいないので、たった一人異次元に迷いこんだような気分である。この建物はいったい何なのだ?(ご存知の方、教えてください)
因为这附近没有说明牌,也没有参观的人,所以我以为只我一个人误入了异境。这到底是什么建筑呢?(请知道的人告诉我一下)
d0085939_22241464.jpg


山を下りると、その昔乾隆帝が買い物ごっこを楽しんだといわれる蘇州街が現れた。建物はみな再現だが、当時もこんな雰囲気だったのだろうな。
下山的我之前出现了苏州街:据说以前乾隆帝在这里高兴地假装买东西玩儿。建筑物都是再现的,但我想:当时的气氛也是这样。
d0085939_22243240.jpg


みやげ物屋に混じって、なぜかこんな部屋もあった。
張芸謀あたりの映画に出てきそうだな。
我不知道为什么,除了土产品店以外,还有这些房间:
好像在张艺谋的电影里能看到。

d0085939_222656.jpg

d0085939_22262940.jpg


ここにも可憐な蓮の花が。
这里也开几朵莲花,很可爱。
d0085939_22265090.jpg


めがね橋をくぐる。
通过拱桥。
d0085939_2227881.jpg


中華帽姿の小柄な主人が呼び込みをしていたので、
私も威勢のいい声につられて食堂へ入る。
戴中华帽的矮个儿的店主在招徕顾客,
有朝气的大声让我也走进了这家小吃店里。

d0085939_22272755.jpg


歩き回ってタンパク質をよほど消耗したらしく、
気づいたら豆腐もの2品を頼んでしまっていた。
我走了很远,应该消耗了不少蛋白质,
不由得点了两种豆腐菜。


蘇州豆腐干。
苏州豆腐干。
d0085939_22274534.jpg


麻婆豆腐。
麻婆豆腐。
d0085939_2228392.jpg




住人の旅行記も見てね!
住人的旅行记也看一下!

[PR]
by nohohonvillage | 2007-07-10 22:24 | 北京

街が消えた!

大街没有了!

北海公園から帰る途中、バス停から脇道へ入ると、そこには生活感あふれる光景が広がっていた。
我从北海公园回来的路上,从停车站走进了一条偏道,有生活感的光景就展现在眼前。

路地には自転車がよく似合う。
胡同配自行车很调和。
d0085939_22112024.jpg


飲食店をやっているのだろうか、空き瓶もこうなるともうアート。
这房子里的人是不是经营餐厅? 把空瓶子堆积得已达到艺术的境界。
d0085939_22114693.jpg


「福」の文字が中国の風情を添える。
福字屏添中国特有的风趣。
d0085939_22123213.jpg


いかにも野良猫が好きそうな小道を発見。
我发现了野猫应该喜欢走的一条小道。
d0085939_22121198.jpg

そして奥では本当に猫が昼寝していた(どこにいるでしょう? 答えはこちら) 
それにしてもこの木、「しあわせの場所」を思い出すなぁ。
在里院一只猫真的午睡呢(它在哪里,你看到吗? 回答在这里
即使那样,这棵树让我想起《没事偷着乐》
d0085939_2215589.jpg


それぞれの瓶にそれぞれの小世界が。
各个瓮有各个小世界。
d0085939_2214571.jpg


前門へ到着。
到了前门。
d0085939_22142683.jpg


ガイドブックによればこの辺は庶民的なショッピング街だとかで胸躍らせて来たのだが、何と中心部一帯が工事用パネルで囲まれているではないか! 輪タクのおじいさんもヒマそうだ。
据导游书说,这附近是庶民的商店街,所以我满心欢喜地来这里,但中心部一带竟然是被工事用的嵌板围上着呢! 骑客运三轮车的老爷也看来闲散。
d0085939_22144390.jpg


もしやどこかに店への入り口があるのではと一抹の期待を抱いてしばらく歩くが、行けども行けども壁、壁、壁。
我还一点期待着:哪里可能有到商店的门,走了一会儿,但怎么走也看见的都是墙壁。
d0085939_22163785.jpg


壁の向こうがやっと見えたと思ったら瓦礫の山である。
我才看见了墙壁的那边,它却是一堆瓦砾。
d0085939_2217350.jpg


この辺にお目当ての店があるはずなんだけど……、とガイドブックを持って立ち尽くす(実は信じがたくて2回も足を運んだ)。ガイドブックには痛い目に遭ったので、わざわざ最新刊を持ってきたのに、またもかつがれてしまった。いや、変化の早い北京のこと、ガイドブックも街全体が消えることは想定していなかったのかもしれない。
这附近应该有我想去的商店——,我拿着导游书呆立不动(说实在的,难以相信的我来了这里两次)。因为我以前被导游书骗过,所以这回特意带最新书,结果又上当了。或者,北京的变化特别快,连导游书也可能没想到整个大街会消失。
d0085939_2217228.jpg


聞くところによれば、北京五輪開幕までには昔の街並みを再現した街が出現するらしいが、古い街並みを根こそぎ壊して1年でつくるとなると「テーマパーク」の域を出ないのではないか。前門に限らず北京じゅうで大規模な解体工事が進行中で、もうもうと立ちこめる土ぼこりと排気ガスには正直参った。先に紹介した胡同も近々消える運命にあるのだろう。都市化の波には抗えないとわかっていても、何とも惜しいことだ。
据说北京奥运会开幕以前在这里重新出现过去的街道,不过干净地拆陈旧的街道后一年内建造的大街恐怕不会脱离人造公园的阶段。不仅仅是在前门,在整个北京市街大规模的拆毁工事在进行中,因此尘埃与汽车排气弥漫,实在吃不消。我上面介绍的胡同也是注定不久消灭吧。虽然我知道这里不能反抗都市化的浪潮,但是那还是令人遗憾的。
d0085939_221884.jpg


ちなみに郊外では高層マンションが建設ラッシュだった。
顺便说一下,在郊外高楼公寓源源不断地建筑中。
d0085939_22183959.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-07-02 22:14 | 北京

北海公園で神仏に会う

在北海公园见神佛

北海公園の庭園は現存する世界最古の皇室庭園で、元の初代皇帝フビライは13世紀、ここを中心に都を構え、さらに、清の皇帝が園内の瓊華島にチベット式の白塔を建立し、信仰の対象としたそうな。
据说北海公园是在世界上现存的庭园中最古的皇室庭园:13世纪元朝初代的皇帝忽必烈把这里当中心修筑京城,然后清朝皇帝在该庭园里的琼华岛把西藏式的白塔兴修,作为信仰的对象。

瓊華島へ渡る永安橋から北海を眺める。冬は凍ってスケートができるのだとか。
到琼华岛渡过永安桥时,看望北海。听说冬天这里结冰,能滑冰。
d0085939_2240120.jpg

蓮が咲いたらさぞかし綺麗だろうなぁ。
莲花开的话,一定是很漂亮的。
d0085939_22403653.jpg

白塔へ向かう入り口を守っていた門番。こんないかつい顔で音楽を奏でなくてもいいんじゃないかな。
去白塔的路上有一道门:门口被这位门卫看守。他何必摆出这么严厉的面孔演奏音乐?
d0085939_2241633.jpg

園内ではいろいろな神仏に出会った。階段脇の石室は、まるで修道院のような静謐な雰囲気が漂っていた。
庭园里我碰见了各种的神佛。楼梯的旁边有一个石屋,里面充满着宁静的气氛,就象修道院一样。
d0085939_22415854.jpg

かと思えば、こんな愉快な布袋さんも。
另一方面,还有这么愉快的布袋。
d0085939_22422520.jpg

景山公園をパスしたものの、ここでもやっぱり急な階段を登らねばならなかった。登り切る頃には、もうへろへろ。
我没去景山公园,但是在这里也得上楼梯:爬完的时候我已经太疲倦了。
d0085939_22425013.jpg

振り返ると北京の街並みが目に入った。
回过头去,就看见了北京的街道。
d0085939_22431556.jpg

こっちは故宮かな。
那里是故宫吧。
d0085939_22433523.jpg

やっと白塔に到着。
终于爬到了白塔。
d0085939_22442452.jpg

塔の下にはやはり守護神が。ずいぶん腕力がありそうだ。
白塔的下面还是有守护神:看来它的臂力很大。
d0085939_22444687.jpg

そして塔の周囲には小さな仏さんが大集合。
于是,白塔的周围有很多小佛在集合。
d0085939_2245762.jpg

穏やかな表情にこちらまで心が和む。でも、人目につかない北面の仏さんたちはなぜか泣いたり叫んだりしているような顔ばかりであった。もともとそのように彫られたのか、誰か観光客がいたずらしたのだろうか、いずれにしても見てはいけないものを見たような気がして写真に撮ることができなかった。
看到他们的和颜悦色,我的心情也平静下来。但是, 不被人注意的北面的小佛们都做在哭或者在喊叫一样的表情。这是本来那样雕的,还是有游客淘气的? 无论是哪个,我还是感到仿佛是自己看了不应该看的东西,因此不敢拍它的照片。
d0085939_22453046.jpg

白塔の中に祀られていた神様は、千手観音と不動明王を合わせたような迫力だ。
白塔里供奉的神仙:好像合起千手观音与不动明王一样,扣人心弦。
d0085939_22455762.jpg

彼の足元では4匹の犬(?)が警備に当たっていた。
他的脚下四条狗(?)在负责警备。
d0085939_22462331.jpg

通用門。湖を覗き見る設計が何とも心憎い。
从便门露出湖的设计真的风雅。
d0085939_22464497.jpg

裏手にも湖が広がる。
后面的湖也展现得宽大。
d0085939_2247254.jpg

ボート遊びも楽しそう。
看起来坐小艇也是好玩。
d0085939_22472354.jpg

公園の遊歩道では、壁新聞を読む人々が。
公园里的散步道上有些人在看墙报。
d0085939_22474972.jpg



そうこうするうちにまたお腹がすいてきた。カップ麺を食べてからかなり歩いたものな。というわけで、出口の売店でヨーグルト飲料を買って一気飲みする。陶製の容器が可愛いので持って帰りたかったが、売店のお姉さんに「空き瓶は返してよ!」と事前にきつく言われたため、やむなく断念。
干这干那之间我又有点饿了:吃方便面后又走了很远。我在门口的小卖店买酸奶饮料,一口气地喝了。陶瓷的容器很可爱,所以我本想把它拿回去,但是小卖店的小姐事先严厉说:"空瓶要还!",我不得不放弃这念头。
d0085939_22481072.jpg

門の外で今度はトウモロコシ売りのおばさんに遭遇し、またまたお腹がクーと鳴る。商売繁盛のようだったので試しに買って食べたら、モチモチした食感でなかなか美味しかった。
在门外,这回我看到了卖玉米的大娘,肚子又咕噜叫。看上去她的买卖兴隆,所以我试着买一根吃,它吃起来有像黏米那样的口感,味道挺好。
d0085939_2248377.jpg





★住人の北京旅行記はコチラ
★住人的北京旅行纪在这里

[PR]
by nohohonvillage | 2007-06-21 22:48 | 北京

故宮でインスタント麺

在故宫吃方便面

オレンジ色の屋根には必ず魔除けの動物が鎮座して、四方を見張っている。
橘黄色的屋顶上都有避邪的动物坐镇,看守四方。
d0085939_2239284.jpg


いかめしい龍の石彫。
龙的石雕很堂皇。
d0085939_22394897.jpg


金糸を織り込んだ鞍カバーにも昇り龍が。
织上金线的鞍子套上也有上升的龙。
d0085939_2240881.jpg


ホウロウの置物は、桃源郷を描いたものだろうか。常設展示コーナーの品々はよく言えば無造作、悪く言えば放置状態で、うっすらと埃を被っていた。観光客にとってこうして写真を撮れるのはよいけれど、せっかく世界中からたくさんの人が見に訪れるのに、お目当ての文物がうす汚れているのは何とも惜しいことだ。この仙人も北京五輪までに顔を拭いてもらえるとよいが。
这法郎制的陈设品是不是描写桃源乡? 常设展示会场的东西往好了说是展示得随意,往坏说是置之不理,薄薄地落上尘土。虽然对游客来说这样可以拍照片是好事,但是从世界各国好多人特意来看,却最想看的文物有点脏,真的可惜。我希望这位仙人到奥运会以前让人擦掉脸上的污垢。
d0085939_22402726.jpg


売店を見つけたので、そろそろ腹ごしらえをと思い中を見てみたら、めぼしい食べ物がこれしかなかった。お値段は観光スポット価格で、1個6元也。
我看到小卖店就想用什么填一下肚子,看看里面,不过象样的食品只有这个。价格是"观光地点特价";6元一个。
d0085939_22404992.jpg


売店のおばちゃんが熱湯と具を入れて渡してくれる。食事スペースは目の前がトイレという絶好の場所だったが、お腹が空いた以上、背に腹は変えられない。「中国の文化遺産で日本の発明食品が出てくるとは」とつぶやきながらスープをすすってみたところが、これが胡椒がよく効いて予想を裏切る美味しさであった。
小卖店的大娘放好开水与调料递给我。吃饭的空间位置于绝好的场所;眼前就是厕所,但是我饿死了,吃菩萨着菩萨。"没想到在中国的文化遗产提供日本的发明食品",我这样嘟囔着开始喝汤,但出于意料之外,胡椒很香,味道不错。
d0085939_2241932.jpg


これは通気口だろうか。
这是不是通气孔?
d0085939_22413135.jpg


建物のいたるところに花の絵柄が。皇后のお気に入りだったのかな。
建筑物上到处都有花的图样。是不是皇后喜欢花的呢?
d0085939_2241498.jpg


これは「茶膏」という代物。能書きに「百病を治す」とあるからには良薬だろうが、見るからに苦そうだ。
这是叫"茶膏"的东西。功能说明书上写着"能治百病",所以好像是良药,看起来也很苦。
d0085939_2242973.jpg


青い釉薬を施した明代(1368-1644)の壷。鶴首が可愛らしい。
涂上蓝色釉药的明代(1368-1644)的坛子。细长的颈真可爱。
d0085939_22422771.jpg


春秋後期(652-476B.C.)の青銅水差し。おそらく威嚇しているつもりだろうが、何ともユーモラスな表情だ。
春秋后期(652-476B.C.)的青铜制的水壶。它可能是在威吓,但是我觉得,它的表情特别幽默。
d0085939_2243160.jpg


進入禁止の路地は、そこだけ時間が止まったかのよう。
禁止进入的甬道:仿佛只在这里时间停止了。
d0085939_22432713.jpg


故宮を囲むお堀では釣りをする人を見かけた。どんな魚が釣れるのかな。
在围绕故宫的护城河有人钓鱼:他们钓什么鱼呢?
d0085939_22434539.jpg


故宮の北側には景山公園があり、山を登れば北京の街が一望できると聞いたが、もう坂すら上る余力もないので、行くのを諦めた。
故宫的北侧有景山公园,我听说一爬山就能看望北京市街,不过我甚至走上坡的余力都没有,所以不去了。
d0085939_224446.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-06-18 22:47 | 中国

天安門広場から故宮へ

通过天安门广场去故宫

天壇公園を出た後、紅橋市場で天然石アクセサリーを物色……しようと思ったが、ものすごい品数と客引きの声のデカさに、真贋のわからぬ自分にはとても買い物は無理と、ひと回りしただけで何も買わずにすごすごと退散してしまった。でも、石がわかって値引き交渉の得意な人にはきっと面白い場所に違いない。
走出天坛公园之后,我本想在红桥市场选购天然石装饰品,但是因为货色太多,招揽客人的声音也非常大,所以我绕市场一周就想:不知道怎样识别真假的我怎么也不会买到好东西,结果什么都没买就沮丧地退出了市场。但是,对能识别玉石的真假,而且善于讨价还价的人来说,这里一定是有意思的地方。
d0085939_2250129.jpg




その後タクシーで天安門付近の大通りまで行く。真ん前まで乗せてくれるものと思いきや、入れるのは政府や軍関係者だけらしい。仕方ない、疲れた脚に鞭打って歩くことにした。
此后,叫出租车去天安门附近的马路。我以为在天安门的前面可以下车,司机却说只有政府与军事部门能进入。没办法,我亲自鞭策着累死的腿,又开始走了。
d0085939_22404844.jpg


まだ道半ばである。
现在只是走了一半。
d0085939_2241922.jpg


ふぅ、やっと見えてきた。
哎〜,终于看到了!
d0085939_22412821.jpg


天安門へ通じる地下通路の入り口では五星紅旗を売る人が。紅い旗を振りながら写真に収まる観光客をけっこう見かけたので、いい商売になるのだろう。
去天安门的路上有地下通路,在入口几个人在卖五星红旗。从不少游客摇着红旗被拍照片的样子来看,他们的买卖不错吧。
d0085939_22414650.jpg


天安門の前では獅子像がお出迎え。ちなみに彼らは必ず雌雄1対で置かれ、オスが玉を持ち、メスは子をあやしているそうな。玉は世界の、子は人民の象徴なのだろうか。
天安门的前面有狮子的石像迎接我们。顺便说一下,它们必定配得雌雄一对,公狮子在拿球,母狮子在逗弄狮子仔。球与狮子仔是不是分别象征世界与人民呢?
d0085939_2242995.jpg


首をかしげて何想う。
歪着头在想什么?
d0085939_22423359.jpg


壁に掲げられた毛沢東の肖像画は想像以上に大きかった(下を通る人と比べてください)。こうして見るとさながら"毛王朝"の宮殿のようだなぁ。
墙上挂着毛泽东的肖像画,是比我想像过的大得多(请与通过下面的人比较一下)。这样看起来,故宫仿佛是"毛王朝"的宫殿一样。
d0085939_22425440.jpg


ここでも龍が天に昇っている。
在这里也有一条龙向天上升。
d0085939_22431232.jpg


故宮博物院の入場券を買って午門をくぐり、金水橋を渡る。
买故宫博物院的门票后,通过午门,渡过金水桥。
d0085939_22433699.jpg


内部の広さにもびっくりだが、足元に敷き詰められた無数の石に、いったいどれだけの人足を使ったのかと思うと気が遠くなりそうだった。
里面宽阔得令人吃惊,而且我发现足下有无数的铺路石时,想像得仿佛要昏过去:皇帝使用多么大批的工人呢?
d0085939_22435526.jpg


残念ながら太和門、太和殿、体仁閣は修繕中で見られなかった。パンフレットによれば「2007年末竣工予定」とあるので、オリンピックの準備に合わせてこちらも急ピッチで化粧直しをしているのだろう。
遗憾的是太和门,太和殿与体仁阁在修缮中,不能参观。导游册子说:"预计2007年年底完工",所以这些建筑物也合着奥运会的准备,正在迅速重新化装中吧。
d0085939_22441321.jpg


巨大な欄干に刻まれた鳳凰。
很大的栏杆上雕着凤凰。
d0085939_22442989.jpg


皇帝が着替えに使ったという保和殿のドアには無数の龍が。
据说保和殿是皇帝的更衣用的,门上有无数的龙。
d0085939_22444914.jpg


天井にも龍が描かれている。実際使われていた当時はどれほど絢爛豪華であったことだろう。
在天花板上也描着龙。皇帝亲自利用的当时这房间多么绚烂豪华呢?
d0085939_2245718.jpg


見渡す限り、屋根、屋根、屋根。
一望无际的屋顶。
d0085939_22452498.jpg


朱塗りの壁にもたれて私もひと休み。
靠在朱红色的墙壁,我也休息一下。
d0085939_22454384.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-06-07 22:47 | 北京

天壇公園の朝

天坛公园的早晨

先月下旬、1週間北京に行ってきた。
前々から中国通の知人に、
「北京は変化がすごく速いから、1日でも早く見に行ったほうがいい」
と言われていたのに、腰の重い私はそのアドバイスから4、5年も経ってやっと足を踏み出したのであった。
上月下旬,我去了一周的北京。
虽然一位中国通的朋友早就告诉过我:
"北京的变化特别快,所以你早一天去看也好",
但是屁股沉的我听到她的劝告之后过了4,5年才出发到了北京**。




最初に訪れたのは天壇公園であった。
我首先访问了天坛公园。

「公園」というからには上野公園程度の規模を想像していたがとんでもない。敷地の総面積は275万平方メートルもある(上野公園の5倍以上)そうで、歩いていた私は間もなく足にきて日頃の運動不足を反省する始末であった。
因为它叫"公园",所以我以为其规模一定是与上野公园一样的,不过我的想像完全不准:天坛公园的地基面积275万平方米(比上野公园大4倍以上),我走了一会儿就腿都累酸了,结果,不得不自我检讨:我平时的运动不够。

新緑の下、いかにも「中国の朝」な光景に出くわした。
ラジカセの音楽に合わせて楽しそうに舞うおばさま方。
新绿之下,我看到了一个象是"中国的早晨"的光景。
大娘们合着收录两用机的音乐愉快地跳舞。

d0085939_2325630.jpg


こちらは曲芸の練習。足の裏で玉を蹴り上げ、
それを棒でキャッチする。私には手も足も出ないが、
できるようになったら全身運動によさそう。
他们在练习杂技:用脚心踢球,然后用棍子接球。
我根本无法着手,但如果能做了的话,应该对全身有运动的效果吧。

d0085939_2326214.jpg


メインの観光スポットに行き着く前に疲労困憊。
でも、うまい具合にバラ園があった。ここでひと休みしよう。
我还没到主要的观光地点,已经疲劳困乏了。
但碰巧到了玫瑰花园。在这里休息一下吧。

d0085939_2326516.jpg


色とりどりのバラが咲き乱れて、
玫瑰花开得五彩缤纷,
d0085939_23271539.jpg


ミツバチたちも大忙し。
蜜蜂也忙忙碌碌地来来往往。
d0085939_23273352.jpg


地元の家族連れは花を眺めながらのんびり過ごしていた。
当地人带家属来,看着花舒舒服服地过。
d0085939_23275266.jpg


ここ北京でもおじいさんは子守りを楽しんでいるようだ。
子どもは噂の尻割れズボンをご着用。
看起来在北京也是老爷爷高兴地看孩子。
小孩子穿着我听说过的屁股帘*。

d0085939_23281440.jpg


元気を取り戻してまた歩を進めると、祈年殿が見えた。
ここは明・清代の皇帝が正月に五穀豊穣を祈った拝殿だそうな。
回复精神后,我又迈开了步,发现了祈年殿。
听说这是明代以及清代的皇帝正月祈愿五谷丰登的拜殿。

d0085939_232976.jpg


拝殿を囲む大理石の回廊が偉容を物語る。
大理石的回廊围上着拜殿,显示威容。
d0085939_23292494.jpg


龍、鳳凰、雲は皇帝を表すモチーフとして、そこここに用いられている。
龙,凤凰与云作为象征皇帝的主题,到处使用。
d0085939_23294327.jpg

d0085939_23295672.jpg


祭祀に使われた銀のポット。デザインが美しい。
举行祭祀时用的银制的汤壶,设计很美。
d0085939_2330218.jpg


穏やかな表情に惹かれてパチリ。
でも誰の銅像か失念してしまった(わかる方教えてください)。
我喜欢这位人的温和的表情,不由得拍了一张。
但是忘记了确认这是谁的铜像(请知道他是谁的朋友,告诉我他的名字)。

d0085939_23304321.jpg


祭祀が終わったらここで供物を焼いたそうだ。
さぞかし大量の供物だったに違いない。
据说祭祀结束后,在这里烧毁的供品。
我想,供品一定是特别多。

d0085939_2331317.jpg


今も拝殿を守るべく、周囲に睨みをきかせている。お勤めご苦労。
它现在也为了保卫拜殿,监视周围。你工作辛苦了。
d0085939_23312316.jpg


門の外にはまだ門が。
门外还有门。
d0085939_23321229.jpg


皇穹宇の回廊からの眺め。
从皇穹宇的回廊看望。
d0085939_23323226.jpg


皇穹宇を囲む壁は、声をかけると反響するので「回音壁」と呼ばれるが、残念ながら手前に防護柵がしてあり、遊ぶことができなかった。
围上皇穹宇的墙壁打招呼就有反响,因此人叫它"回音壁",但遗憾的是由于这边设防护栅栏的原因,不能玩。
d0085939_23325216.jpg


皇穹宇を出たところでは合唱チームが練習していた。
皇穹宇的门口的旁边看到了一个合唱队在练习。
d0085939_2333196.jpg





*→开裆裤
**→才终于迈出了这一步。
:sharonさん、つぼみさん、谢谢!

[PR]
by nohohonvillage | 2007-06-04 23:25 | 北京

甲虫翘首饺子,等得焦急

二胡の集いin東京の2周年記念パーティーで、餃子の先生役を務めてくださったつぼみさんから、「包餃子、学中文」の集いを開催するので来ないかとのお誘いがあり、「学中文」はともかく餃子が食べたい一心で会場へ乗り込んだ。
为纪念东京二胡聚会2周年的庆祝会上当饺子老师的tubomim女士约我去她们开的"包饺子学中文"联欢会,学不学中文回头再说*1,我无论如何也要吃饺子,精神饱满地进入了会场*2。

会場にはすでに多くの人が集まり、日本語と中国語のお喋りが入り乱れて熱気ムンムン。
会场里人已来得不少,大家聊天的日语与汉语纠缠在一起*3,气氛热情洋溢。

まずはtianshu先生の餃子&中国語講義(日本語通訳付)を受ける。そのまま調理学校でも使えそうな充実の内容に舌を巻く。
开始tianshu老师讲饺子与中文讲座(有日语口译)。听到充实的内容,我想:这个在烹调学校也可以讲,真的赞叹不已。
d0085939_21431766.jpg

舞台裏では慣れた手つきで生地を仕込んでいる方が。
在后台有人手势很熟练地在和面。
d0085939_2144915.jpg

材料はすでにスタンバイしている。ちなみに今日のために買い出し班は何と10キロの小麦粉を用意されたとか。本当にお疲れ様です。
材料在起跑线上就位。顺便说一下,听说采购人员为了今天准备的面粉竟然是10公斤,辛苦了!
d0085939_21445597.jpg

小さな子どももちゃんとお手伝い。偉いぞ!
小孩儿也认真地帮忙,了不起!
d0085939_21453211.jpg

クワガタも 首伸ばしたる 餃子かな*4
甲虫翘首饺子,等得焦急
d0085939_21461275.jpg

そして君たちの出番だ! 頼むよ。
现在轮到你们了,加油!
d0085939_21464461.jpg

キャベツもハクサイも、
剁馅儿。洋白菜,白菜与——
d0085939_21472318.jpg

ニラも、とにかく刻む刻む。
韭菜,无论什么都剁。
d0085939_21481470.jpg

こんな大量のニラは初めて見たぞ。
这么大量的韭菜,我第一次看见。
d0085939_21501840.jpg

餡にはごま油や、
听说在馅儿里芝麻油
d0085939_21505583.jpg

紹興酒も入れるそうな。
与绍兴酒也放。
d0085939_21521474.jpg

生地はもうちょっと寝かせます。
面还得醒一醒呢。
d0085939_21525821.jpg

生地をのばすなら、わが班の陶芸チームにかなう者はいない。
要说擀面,谁都比不上我们班的陶瓷工艺部队。
d0085939_21534127.jpg

皮づくり。ときたま変わったのができるが、まぁご愛嬌。
擀饺子皮。有时候奇怪的皮也擀出来,不过算是给大家开开心。
d0085939_21543871.jpg

餃子ただいま増殖中。
饺子目前在增殖中。
d0085939_21551250.jpg

こちらはtianshu先生作のワンタン。コック帽みたいで可愛い。
这是tianshu老师包的馄饨;象是厨师帽,很可爱。
d0085939_21555624.jpg

いよいよ大詰め。皮の歯ごたえをよくするには、沸騰したら3回差し水をするとよいそうな。メモ、メモ。
快要到了最后阶段。老师说:为了有嚼头,水开了添水三次就好。我要好好记住吧。
d0085939_21563141.jpg

ついに完成〜! もうお腹がグーグー言ってます。
终于完成了! 我肚子早已咕噜咕噜地响。
d0085939_21571843.jpg

見よ、この果てなき餃子の道を! 東山魁夷画伯もびっくりだ。
你看,这条饺子路这么遥远! 东山魁夷画伯也会吃惊的。
d0085939_21575342.jpg


d0085939_22113319.jpg←子どもも大人も夢中で頬張っています。
 もちろん私も!
←小孩儿与大人都在专心致志地大口吃呢。
 当然我也是!



そんなこんなで、あっという間にお開きの時間となり、はちきれんばかりの腹をさすりつつ、名残りを惜しみつつ、会場を後にした。
干这干那之间马上到了结束时间。我一边抚摸几乎撑破的肚子,一边恋恋不舍,离开了会场。

今回美味しい&楽しい会を企画してくださったつぼみさん、tianshuさんはじめ日中博友会の皆様、本当にありがとうございました。次回またお会いできる日を楽しみにしています♪
这回tubomim女士,tianshu女士以及日中博友会的朋友们为了大家计划了又愉快又好吃的联欢会,我非常感激。我高兴地盼望着再次见你们的一天!





*1→学不学中文是其次
*2→而去了联欢会
*3→大家在聊天。日语与汉语混在一起
wanglinさん、谢谢!

*4:写真はクワガタではなく、「コーカサスオオカブト」だそうです。
by 藤本さん情報


[PR]
by nohohonvillage | 2007-05-02 22:01 | うまいもん

ライバル現る!?

对手出现了!?


日本女子平湖组建二胡乐队
日本女性平湖で二胡楽団を結成

——日本新华侨报 2007年1月28日
——日本新華僑報 2007年1月28日


  【本报讯】在浙江平湖,活跃着一支由5名日本女子组成的二胡乐队,她们用这一中国民族乐器,与左邻右舍的中国朋友合奏了悠扬悦耳的和谐乐曲。
  【本紙報道】浙江省平湖で、日本女性5名からなる二胡楽団が活躍中だ。彼女たちはこの中国の民族楽器を使って、隣近所の中国人の友達とともに、抑揚のついた和やかで心地のよい曲を合奏した。

  "我准备考二胡六级,现在正抓紧练习呢!" 30岁出头的"中国迷"山口用生硬的普通话高兴地说。山口的丈夫在平湖某日资企业工作,她在日本就喜欢听中国"女子十二乐坊"的演奏,2005年初随丈夫来到平湖后,就找到当地的二胡"高手"徐建明老师,投身其门下开始了最基本的指法练习。去年,她和其他4位同样热爱二胡的日本姐妹组建了二胡乐队。
  「二胡検定6級に向けて、今暇を惜しんで練習しています!」30過ぎの「中国ファン」山口さんはたどたどしい標準語で楽しげに話す。山口さんの夫は平湖の某日系企業に勤務しており、彼女は日本にいるときから女子十二楽坊の演奏を聴くのが好きだった。2005年初めに夫と平湖に来ると現地の二胡の名手・徐建明先生を訪ねあて、門下生となって最も基本的な指使い練習をスタート。昨年、同じく二胡を愛する日本女性4人と二胡楽団を結成した。

  没有音乐基础,语言不通,手指不灵活,二胡乐队刚开始面临着很大的困难,但她们凭着对中国传统民乐的热爱,克服了这些困难。岩琪今年已经55岁了,她请徐建明老师将讲解的意思用中文写在纸上,回去后再用字典查找,翻译成日文,用标记注在每个音符下面,然后一遍一遍地反复练习。松浦为拉好《赛马》曲中的"抛弓"指法,连着一个星期苦练把指尖都练红肿了,终于流畅地拉出了生动的马蹄声。
  音楽の基礎もなければ、言葉も通じず、指もスムーズに動かず、二胡楽団は最初大きな困難に直面したが、彼女たちの中国伝統音楽への熱い想いがそうした困難を克服。岩琪(岩崎?:訳者註)さんは今年すでに55歳になるが、徐建明先生にお願いして説明の趣旨を中国語で紙に書いてもらい、家に帰ってから辞書で調べて日本語に訳し、それぞれの音符の下に記号で注釈を入れては、何度も繰り返し練習をしている。松浦さんは「賽馬」の"抛弓"の運指を覚えようと一週間も猛練習を続けたため指先が赤く腫れてしまったが、ついに躍動感あふれる馬の蹄の音を流暢に弾けるようになった。

   "真没想到,日本女子也能把中国的民乐演得如此活灵活现。"徐建明老师开心地说。
  在平湖"西瓜灯节"的民族音乐专场,在当地节庆日的文艺汇演上,这支独特的二胡乐队以其精彩的表演,赢得了众多观众的热烈掌声。

  「日本女性でも中国の民族音楽をこれほど生き生きと演奏できるとは、思ってもみませんでした」徐建明先生はうれしそうに話す。
  平湖の「西瓜ランタンフェスティバル」の民族音楽イベントや、祝祭日の演芸コンクールでも、このユニークな二胡楽団の演奏は精彩を放ち、多くの観客から熱い拍手をもらっている。

  二胡还"拉"近了她们与中国邻居的距离。住在钟埭街道洲阳光城的河村练习二胡后,楼上楼下的乐迷纷纷前来与她"切磋"技艺,一来二去很快就成了好朋友。山口从一起学二胡的当湖街道南市东村村民周美健那里学到了包粽子的好手艺。如今只要有空,山口就会自己动手包粽子,让家人分享中国美味。
  二胡は他にも、彼女たちと中国の隣人との距離を「弾き」寄せている。鍾埭通りの洲陽光城マンションに住む河村さんが二胡の練習を始めてから、上階や階下に住む音楽好きが次から次へと来ては一緒に腕を磨くようになり、そうこうするうちに親友になった。山口さんは当湖通り南市東村の村民・周美健さんと一緒に二胡を学んでいるが、彼女の家でちまきづくりの技をもマスターし、今では時間があれば自分でちまきをつくって、家族にも中国の美味しい食べ物を味わわせてあげている。

日本語は拙訳 日文是拙译





おっと、これは我らが二胡アンサンブル「楽遊」もうかうかしていられない。
現地で演奏を披露したのもすごいが、何より羨ましいのはちまきの作り方を教えてもらえたくだりだ。そんなおいしいものが褒美とあれば、我が愛馬ももうちょっとまともに走れるようになるかな。
哇,既然听到这消息,我们的二胡乐队"乐游"再也不能稀里糊涂了。
在当地开了演奏会很厉害,但让我最羡慕的是山口从中国朋友学到了包粽子的好手艺。要是给那么好吃的东西作为奖品,我心爱的马会不会跑得更正经一点?


「楽遊」の皆様、我々もいつか二胡を持って中国に乗り込みたいものですね。
"乐游"的成员们,总有一天我们也要带二胡去中国吧!
[PR]
by nohohonvillage | 2007-02-13 23:43 | 二胡