我拉小提琴,出来了一只猫的故事

新緑に誘われ、バイオリンを持ってとある公園へ出かけた。周りは見渡す限り誰もいなくて、貸し切り状態。
我被新绿吸引,带小提琴去了某公园。周围谁都没有看见,就象我包租公园一样。




でも、よく目を凝らしたら樹の上に三羽ガラスが留まっている。観客というより監視人の風情だが。
不过,定睛一看,发现了三只乌鸦落在树上。它们的样子与其是观众,不如是监视人。




弾きはじめて間もなく、芝生の先で何やら気配がした。10メートルほど離れたところで、猫がうろうろして地面の匂いを嗅いだりしているではないか。
我开始拉了不久,在草坪的那边好像什么动了。原来是离我10米左右的地方有一只猫转来转去,闻地面的味儿。




おや、きちんと座って聴いてくれてる?
哎,是不是坐好听着?




というのは私の勘違いで、練習し終えた頃には、猫は視界から消えてしまっていた。
那是我一时的误会,因为练习完的时候,猫已经消失了,没有看见。



その後、気分転換にしばし散策。
此后,我为了转换心情暂时散步。

すると目の前に突然、先ほどの猫さんが飛び出てきて、
这时,在眼前突然出现了刚才的猫,




尻尾立てて突進してきた!
竖着尾巴,向我这里跑过来了!




しゃがんだら、これがすごい歓迎ぶり。
我一蹲下,就受到了热情款待。








でも、どうしても顔を撮らせてくれない。
不过,它怎么也不让拍脸。




目つぶってるし。
眼睛闭着呢。






それは鼻!
那是鼻子!






それは、……トニー・アウスラー
那是、──Tony Oursler?







「ねぇ、美人さん。お願いしますよ〜」と懇願すると、
"喂,漂亮的姑娘,求求你〜",




やっとポーズを決めてくれた。
我这样恳求,它才摆好姿势。





でも数秒後には、
可是几秒后,




ぴとっと寄り添われてしまった。このまま寝るつもり?
它紧紧贴近了我。它打算就那样地睡吗?




当・猫ストーカーはと言うと、写真を撮るためにちょっとのけぞるつもりが、完全にノックダウン。
要说这个"猫尾随者",本打算为了拍照向后仰一下,结果完全被打倒了。





腕のなかでしばらくゴロゴロ言った後、急に起き上がって背を向けた。しましまの尻尾が何とも可愛い。
它在我的胳膊中暂时呼噜呼噜地响,然后忽然站起来,转过身去了。它尾巴有条纹,非常可爱。




落ち葉の上で念入りに毛繕い。
它在落叶堆上用心好好疏理毛。




どうやら私は用済みらしい。挨拶して帰るとするか。
「じゃあ、元気でね。バイバイ!」
看起来,我已经完事了。要告辞它,回去吧。
"那么,你多保重。再见!"







 ……おっと、バイオリン忘れるとこだった!
 ──哎哟,我差一点忘记带回小提琴!




後日再び訪れたところ、彼女、雑木林のなかから転がるように走り出てきて、同じように歓待してくれた。バイオリンは持ってなかったけど、私のことは覚えてくれてたのかな。
事后我再次来这里,它从杂树丛里滚着跑出来,与上次一样款待我。我没有带小提琴,不知道它有没有记得我。
[PR]
# by nohohonvillage | 2009-05-06 20:51 |

フシギ的日本的看板

不可思议的日式招牌

香港のすし店。「すじ」は「すし」の間違いだろうと思いきや、ローマ字でも「SUZI」と書いてある。店名自体に大した意味はないのだろうが、牛すじ、筋ばった手、その筋の人……、日本人としては思わずいろいろ連想してしまう。他にも2箇所つっこみどころアリ。
香港的寿司店。我以为这家店把"すし(sushi,寿司)"弄错成"すじ(suji,筋)",却发现了它用罗马字也写着"SUZI"(发音很象suji,不象sushi)。我想,餐馆的字号本身没有那么重要的意思,可是对日本人来说,不由得想起来各种单词,如;"牛筋"(牛蹄筋),"筋ばった手"(青筋暴露的手),"その筋の人"(当局的人)──。还有两个错误。




残念、正しいのは「カラオケ」のみ。もうすこしがんばりましょう。
真遗憾,只有"カラオケ"(卡拉OK)写得对。进一步要努力吧。




深センのスーパーにて発見。「蒸=steam 薯=potato」というわけで「すいじょうきじゃがいも」となったんだろうか*1。そういえば、陳皮梅の袋にも「味の集い」(意味不明)とあったっけ。日本製品っぽく見せるだけで売り上げがよくなったりするのかな?
我在深圳的超市里发现了这个。他们是不是认为:"蒸=steam 薯=potato",所以译成"すいじょうきじゃがいも"(すいじょうき[水蒸気]+じゃがいも[土豆])?*1 我想起陈皮梅的袋子上也有表示"味の集い"(味道的聚会?──意思不明白)。我不知道是不是只要装做日本产品给人看,就可以增加销售。




こちらは香港の吉野家。
这是香港的吉野家。




メニューやセット内容が日本の吉野家とはかなり違うようだ。「サーモンとびっこ丼」なんてのまである*2
日本的吉野家比较起来,菜单与客饭内容很不同。甚至《蟹籽三文鱼饭餐》都有*2。




香港の通りで見かけた工事の立看板。「不便之處,敬請原諒」とは、「ご不便をおかけして申し訳ございません」ぐらいの意味か。いかにも日本風のもの言いが面白かったのだが、念のためGoogleで検索したら14万2000件もヒット。どうやら慣用句としてすっかり定着しているようだ。
在香港的马路上看到的工程的立式招牌。"不便之处,敬请原谅"是"ご不便をおかけして申し訳ございません(使你感到不方便,很抱歉)"的意思吧? 我觉得,这说法很有日本风味,也有意思,但是为了确认,用Google查询一下,结果14万2000项符合了。所以我想,那在惯用词句中已经固定了。




某有名観光スポットの入り口付近に掲げられた垂れ幕。「今どき日本脳炎? 鳥インフルエンザはどうした?」とつっこみたくなったが、これも後で調べたら、中国では今でも年間2万〜3万人の日本脳炎患者が出ているそうな。とはいえ、わざわざ観光スポットに掲げて外国人観光客をギョッとさせることもなかろうに。
在有个很有名的观光地点的门口附近挂的悬挂标语。虽然我要提意见:"现在还在说日本脑炎?(现在在日本,很少人感染)。为什么不提禽流感?",但是这也后来查了一下:据说在中国依然发生一年2万〜3万的日本脑炎患者。即使那样,我想:真的需要特意在观光地点挂它,使外国游客大惊一下吗?





 *1:このお菓子、中国国内だけでなく、カンボジアインドネシアでも売られているようです。
 *1:这种零食,在中国国内不用说,好像在柬埔寨印度尼西亚也出售。

 *2:実際に食べた人の記事もありました。→コチラ
 *2:也有亲自吃过的人的文章:在这里

[PR]
# by nohohonvillage | 2009-04-30 23:32 | 中国

のほほん村菜园上初夏到来。

4月上旬にはこんなだったキタアカリが、
四月上旬这样大小的北方光明




もうファインダーに収まりきらなくなった。
已经不能放进取景框里了。




5年物のアスパラガスはまったくの放任にかかわらず健在。
五个年头的芦笋根本没管还活着。




穫っても穫っても生えてくる。
收获了又长。




ソラマメの花。
蚕豆花。




3週間で立派なサヤができました(中身はこれから)
三个星期后长了漂亮的豆荚(里面从现在起结果)




まだまだ開花中につき、我がアブラムシとの闘いは続く。
因为还在开花,所以我与蚜虫的战斗还在继续。




最近コムギの穂にもアブラムシを発見(涙)
喜びいさんで食事しているようだが、見つけたらすべて圧殺する。
最近在小麦穗上也发现了蚜虫(哭)
它们看来兴高采烈地吃穗,但我一发现就都压死。





何度やっても失敗していたコネギも、今年はうまく行きそう。
定植後は、ときどき摘んで味噌汁に投入している。
我即使栽培过小葱好几次也都失败,但是今年大概会成功。
定植后,我有时候采摘它,放在豆酱汤里。







それでは当村恒例、放っといても出てきたシリーズ〜♪
那么,当村惯例的《没管也出来》系列现在开始〜!


しそ。青なんだか赤なんだか。
紫苏。我不知道它是绿色的还是紫色的。




ラベンダー。
熏衣草。




ホウレンソウ。
菠菜。




バジルを蒔いたつもりが出るのは雑草ばかりなり……。
我本来播了罗勒,可是出来的都是杂草啊──。




あゝ、存在感薄っ。がんばれ本命!
哎哟,它的存在感很弱。我意中人,加油!




文旦の木。昨年秋に葉っぱが全部枯れ落ちたのですっかり諦めていたが、見事復活した。新芽も爽やかな文旦の香りがする。
文旦树。去年秋天叶子都枯落了,所以我以为它根本不行,它却完全恢复了。新芽也有文旦的芳香,使人神清气爽。




最後に、本日の撮れたて画像からクイズです。
これはいったい何?
最后我要用本日刚拍下来的画像出题:
这个到底是什么?





 ヒント・夏のビールに欠かせないモノ。
 启示:夏天喝啤酒时不可缺少的东西。

[PR]
# by nohohonvillage | 2009-04-27 22:18 | 菜園

故宮懐かしの味5連発

连续5次吃令人怀念的故宫的食品

先月、トンボ帰りで香港・深センに行ってきた。スケジュールがきつくて、ゆっくり買い物する時間はなかったが、スーパーだけはしっかりチェックし、故宮懐かしの味「康師傅」に再会。
我上月蜻蜓点水般地去了趟香港与深圳。由于日程安排得很紧的原因,我没有时间慢慢买东西,但是只有好好地看超市,又找到了令人怀念的故宫的食品《康师傅》




ついでに大豆食品もいろいろと。
顺便买了各种黄豆食品。




「康師傅」、今回は5袋入りを手に入れたので、週に1袋ずつ、約1カ月かけて完食した。
这回我得到了5袋一套的《康师傅》,一个星期吃一袋,花大约一个月都吃完了。

高菜とネギと布包豆腐。
高菜,小葱与布包豆腐。




イカとチンゲンサイの担々麺風。
墨鱼与青菜的担担面风味。




エビ、シイタケ、ホウレンソウ。
虾,香菇与菠菜。




ウィンナー、高菜、ジャガイモとコマツナ。豆乳を混ぜたら豚骨スープ風になった。
香肠,高菜,土豆与小松菜。汤里对豆浆的结果,象是猪骨头汤。




ネギ、キクラゲ、タマゴ。
小葱,木耳与鸡蛋。





その他のおみやげは……、
另外的土产是──,

わるいきれいなおねいさんのいる店*1で茶器と茶葉、
有个漂亮姑娘的商店*1里买的茶具与茶叶,




お茶請け用に陳皮梅や紅薯干、
作为茶食买的陈皮梅与红薯干,






念願のセイロ、
实现多年的愿望得到的蒸笼,




非常にアヤしい「100%ピュアシルク」パジャマ*2
表示根本不可靠的《100%PURE SILK》西式睡衣*2,




格安で売っていたバイオリン弓と二胡弓など。
格外廉价出售的小提琴弓,二胡弓等。




*1:わるいきれいなおねいさんの話はコチラ
*1:漂亮姑娘的故事写在这里
*2:帰国後に検証してやはり化繊混と判明。
*2:回日本后通过检查证实弄清了它还是用化纤的混纺。

[PR]
# by nohohonvillage | 2009-04-21 21:07 | 中国

春の音楽会来場御礼

感谢参加春天音乐会

さる4月12日の午後、二胡の集いin東京「春の音楽会」を開催しました。場所は昨年夏の納涼二胡の集いと同じホールでしたが、今回は運よく午前・午後とも会場が使えたこともあり、メンバーは朝からリハーサルをスタート。途中よりゲスト出演の方々もさみだれ式にいらして、和やかな雰囲気のなかで準備が整い、開場時刻を迎えました。本番では二胡の独奏を皮切りにフルス、バイオリン、ノコギリ、篠笛、奏生一五一会、ギター……と、いろいろな楽器が登場し、聴くのはもちろん、見ていても大変興味深かったです。
4月12日的下午举办了东京二胡会《春天音乐会》。会场是与去年夏天的纳凉二胡会同一的音乐厅,可是这回很幸运,上午与下午都可以利用,因此成员们早上就开始排练。中途临时演出者也三三两两地来,在和谐的气氛中作好准备,到了开幕时间。在正式表演时,以二胡独奏为开端,葫芦丝,小提琴,锯琴,竹笛,"奏生""一五一会",吉他等各种乐器登场,听起来不用说,看起来也非常有意思。

そして全30曲のプログラムの締めは、メンバー全員で「朧月夜」「萍聚」「絲路駝鈴」を合奏。いつもの集いで練習してきた成果か、息の合った演奏ができて、お客様からもよかったとの評価をいただきました。終了後は希望者20人で近くの居酒屋に移動し、楽器を手におおいに飲み食べ、賑やかに談笑して親睦を深めました。ご来場くださったお客様および出演者の皆さま、ありがとうございました。(参加者51名)
节目一共有30首曲,最后全体成员合奏了《胧月夜》,《萍聚》与《丝路驼铃》。平时的二胡会上练习来着也许有效果,我们的演奏合得来,博得了客人的好评。结束后,希望参加的20人移到附近的酒铺,拿着乐器,大大吃喝,谈笑风生,加深了和睦。我衷心表示感谢到场的客人以及各位演出者。(参加者51名)




午前のリハーサルにて会場設営。
上午排练的时候,准备会场。




今年も案内板はメンバーIさんの直筆です。
今年的招牌也是成员的I女士亲笔写。




休憩時間。皆で用意したり持ち寄った食べ物もあっという間になくなりました。私も、色気より食い気。
休息时间。大家准备或携带的食物一眨眼的工夫没有了。我也想,搞恋爱没有吃好东西美。


photo by べ〜なたさん


私は、二胡とバイオリンソロの他に、ノコギリのイトウマキさん、ピアノのfumisanとマスカーニの「アヴェ・マリア」をご一緒し、
我除了二胡与小提琴独奏以外,与锯琴演奏者Ito-Maki女士及钢琴演奏者fumisan一起演奏马斯卡尼《圣母颂》,


photo by Jさん


続いて同郷の一五一会シンガー、リッキーさんが歌う「風の唄」の伴奏もさせていただきました。異なる楽器との共演は何度やっても新鮮で、ワクワクします。
接着伴奏同乡的一五一会弹唱家Licky女士的《风之歌》。与不同乐器的合演,演出好几次也很新鲜,令人兴奋。


photo by Jさん


打ち上げは昨年夏と同じ居酒屋にて。シェフにおまかせで出してもらった刺身や唐揚げが、なかなか美味でした。
宴会在与去年夏天一样的酒铺举办了。让厨师随意提供的生鱼片与炸鸡块相当好吃。



[PR]
# by nohohonvillage | 2009-04-17 06:55 | 二胡

幸せの白い猫ふたたび

幸福的白猫再次登场

最近暖かくなって、あの白い猫に遭う機会が増えた。何度か通ううちに気づいたのだが、この猫さん、多くの人に愛されているようだ。小犬の散歩をするおばさん(おばさんが猫を撫でている間、犬はおとなしく待っている)、携帯で写真を撮る青年、通りすがりにかがんで軽く撫でて行くサラリーマン──、先日は恰幅のいい白人男性が立派な一眼を持ってきょろきょろしていた。でも先客(私)がいるのを見て踵を返したから、白猫を撮りにきたに違いないと睨んでいる。
最近天气暖和了,我遇到那只白猫的机会多了。我去几次就知道:好像很多人喜欢这只猫,如,领着小狗散步的太太(她抚摸猫的时候,小狗老实地等着),用携带电话拍照的青年,路过顺便弯下腰去,轻轻地抚摸后走去的上班族──,前几天有位体格好的白人男性拿着很大的单镜头反光相机,东张西望。 可是他看到先来的客人(我),往回走了。所以我估计他一定是来拍摄白猫。

今日も日なたで毛繕い。
它今天也在阳光下梳理毛。




おっ、気がついた。
哟,它发觉了。




「やー、いらっしゃいー」
"哎,你来了!"




丸まった背中が、ひこにゃんじゃないけど、まるでモチみたいだ。向かいには白黒猫もいたが、カメラを向けたら引っ込んでしまった。でも、実はまだこっちを窺っている(どこにいるか、わかりますか?)
虽然它不是《彦猫》,但是背蜷曲的样子象是年糕。它的对面有一只黑白猫,不过我用相机对向它,它就躲藏了。其实,它还在偷看这边呢(它藏在哪里,你看得到吗?)




ちなみに、この後少し離れて振り返ると、白黒猫、案の定出て来て、「みゃー」と言いながら白猫に抱きついていた。どうやら仲間内でも人気らしい。
顺便说一下,此后我离开一点回头看:不出所料,黑白猫出来,"喵〜"地一声抱住白猫。看来白猫也受伙伴们的欢迎。



そしてまた別の日。樹々の緑と青い空がよく似合う。
还有别的一天。翠绿的树木与蓝空对它很配。




ん? いつの間にかピンクのピアスが。ってことは……。
哎? 不知什么时候,它戴粉红色的耳订。那意思是──。




それもこれも人間様の都合だよな……と、ちょっと申し訳なく思うのを知ってか知らずか、全身で愛嬌を振りまく白猫さん。
哪个都是人家的方便啊──,不知道白猫是否知道我觉得有点不好意思,但它用全身表示好感。

でもって、
「べろべろ」
而且它玩真正的








「ばー!」(写りこそちょっと怖いけど、本猫いたってご機嫌)
躲猫猫!(看起来照片它有点吓人,其实本猫非常高兴)




「ねぇ、遊ぼ」
"喂,我们玩吧。"




「聞いてる?」
"听见了吗?"




「まーだー?」
"你还在拍呢〜?"




「もー、行っちゃうよ!」
"哼,我走啊!"




行ったり、
走来,




来たり。
走去。




でもやっぱり戻ってきた。
但是它还是回来了。








「遊ぼうってば!」
"我说,玩吧!"






遊びたくてしょうがない白猫さんの動画はコチラ:
一心想玩的白猫的动画在这里:



[PR]
# by nohohonvillage | 2009-04-07 22:52 |

非常感谢浴佛节演奏会到场

さる3月29日、小岩の善慶寺で行われた花祭りコンサートに出演しました。お坊様の声明にはじまり、若手歌手の演歌、私たちの二胡・ノコギリ・尺八の演奏と、バラエティー豊かなお祭りで、お釈迦様にもきっと喜んでいただけたのではと思います。
3月29日,我在东京小岩善庆寺举办的浴佛节演奏会出场了。以和尚的声明开始,年轻歌手唱民间流行歌曲,还有我们演奏二胡,锯琴,"尺八"(日本传统的萧),是内容丰富多彩的庙会,因此我想释迦牟尼也一定感到高兴。

ソロで中国曲を演奏するのは久しぶりなので、いつにもまして気合いを入れて準備してきたものの、お客様の顔ぶれを見たら、どうやら演歌歌手(地元のアイドル?)のファンが大半の様子。しかも私がチャイナドレスで入場するや、そのおばあちゃまたちに取り囲まれ、「まぁすてき〜」と、背中や腰をバンバン叩かれる始末で、演奏前から例の下町パワーに圧倒されました。これなら、もしかしたら中国曲より昭和歌謡のほうがウケたのではと思った次第です。
因为我隔了好久才独奏中国曲,所以比平时更拼命地准备来着,不过多半听众看来是民间流行歌手(当地的偶像歌星?)的歌迷。而且,我穿着旗袍进入会场,老太太们马上就围上我,说着"好漂亮啊〜",毫不客气地拍上我的肩膀和腰,开演前的时间里我已经被那个老百姓的热情倾倒了。所以我想,如果这样的话,也许与其演奏中国曲不如演奏昭和歌谣会受欢迎。

ともあれ、おかげさまでリラックスして──、というか気が緩みすぎたきらいもありますが、木のホールならではの響きの温もりを感じつつソロの4曲を終了。イトウマキさんの弾くノコギリの音ものびやかに聞こえ、デュオ2曲も楽しく演奏させていただきました。そしてトリは尺八奏者ジャスティン泉龍さん。尺八をちゃんと生で聴くのはこれが初めてでしたが(祖父が吹いていたらしいけど、幼い頃に亡くなったので、記憶にない)、思った以上にワイルドで、竹林のなかで聴いてみたくなるような音色でした。
即使那样,多亏她们,我放松了,──实在说话,我精神有点过于松懈了,一边感觉只有木结构音乐厅才能产生出来的温暖的音响,一边演奏了4首独奏曲。Ito Maki女士拉锯琴,其回响听起来很好,让我也愉快地演奏了2首二重奏曲。最后出场的是尺八演奏家Justin泉龙先生。我这回第一次正式听尺八的现场演奏(听说我外祖父吹尺八,可是他在我小时候去世了,我不记得),那个音色比我想像过更带有野趣,所以我想在竹林里听一下。


photo by nabe-san

ご来場くださった方々、主催者の土谷庫夫さんおよび共演者の皆さま、ありがとうございました&お疲れさまでした!
我衷心感谢到场的各位。还有,非常感谢举办者土谷库夫先生以及共同演出的各位,您们辛苦了!
[PR]
# by nohohonvillage | 2009-04-02 22:54 | 二胡

自家製りんご酵母パン

自制苹果酵母面包

赤みそのあとは、自家製酵母パンに初挑戦!(参考サイト) コタツで数日間、サンふじの皮を発酵させる。ここまではやったことがあるが、以前はワインと称して全部飲んでいた。
腌下黄酱之后,第一次试作了自制酵母面包(参考网页<日文>)。我把太阳富士苹果皮在被炉里发酵几天。我以前这样做过,可是那时侯称为果实酒,都喝掉了。




泡が立ち始めたら、この液種を小麦粉に混ぜてパン生地をつくる(ストレート法)。こねている最中、甘い香りがキッチンじゅうに広がり、何とも幸せな気分になった。
气泡冒出来后,把这个液种与面粉混合,做面团(直接法)。揉面的时候,甜蜜的芳香充满厨房,我感到非常幸福。




そして再びコタツで発酵させること数時間。待ちに待った焼き上がりはというと……。
然后又在被炉里发酵几个小时,让人等了长时间的烤的结果呢──、




ふくらみが足りず食感もいまいち。コタツの温度が低かったのか、成形発酵の時間を若干端折ったのがいけなかったのか。味はまあまあなんだけど、残念!
面发得不够,口感也不那么好。是由于被炉的温度不高的原因? 还是由于稍微缩短整形发酵的时间的原因? 虽然味道还可以,但是很遗憾!




というわけで、元種をつくる方法で再挑戦。小麦粉とリンゴ酵母液を混ぜ、ガラス瓶に入れて、今度は電気毛布でくるんで温めた。
因此,我采取做老面的方法,再次试作了。先把面粉与苹果酵母液和好,然后把它放进玻璃瓶里,这回包在电毯里保温。




保温2日目、ブクブクと泡が立ちはじめた。小麦粉と酵母液を注ぎ足し、また電気毛布にくるむ。ときどき様子を見にきて蓋を取ると、フワッと香りが漂ってきて、うっとりする。
保温第2天,咕嘟咕嘟地冒泡了。加上面粉与酵母液,又包在电毯里。我有时候来看样子揭盖子,就有香气轻轻地飘来,令人陶醉。




保温4日目、ヨーグルトのような元種が完成。これを生地に混ぜ込み、その後電気毛布でじっくり(第1次発酵6時間、第2次発酵90分)発酵させた。
保温第4天,像酸奶一样的老面做出来。这个与面团搀和,此后用电毯好好发酵(基本发酵:6小时,整形发酵:90分钟)。




180度のオーブンで20分間焼くと……、
180度烤炉里烤了20分钟──、

おぉ、今度こそうまく膨らんだぞ! 見た目は素朴ながら、噛むほどに甘味が口に広がり、飽きのこない味わいである。酵母液づくりから数えると約10日かかったパンだけど、ついつい手が伸びて、あっという間に完食してしまった。
哇,这回才是发得好! 看起来很朴素,可是甜味越咬越充满口里,有使人吃不腻的味道。虽然从开始做酵母液的时候计算起来,是花费大约10天做了这些面包,但是不由得伸手,马上就吃光了。




中にはくるみが入ってます。
里面有核桃。




1週間後、残った元種を使って再度パンを焼く。今回はチーズも入れてみた。元種は冷蔵庫で保管したものの、前回より少し酸味が増していたので、なるべく早めに使い切ったほうがいいのかもしれない。
一个星期后,利用剩下的老面又烤了面包。这回奶酪也放了。虽然我把老面保存在冰箱里,但是其味道比上次烤时有点酸,所以我想尽量早点用完可能比较好。



[PR]
# by nohohonvillage | 2009-03-30 21:50 | うまいもん

ソラマメの花咲いた

蚕豆花开了

今年は春がくるのが早かった。我が家のソラマメは2月下旬から花をつけ始めた。アブラムシがくる心配がないのはいいが、こんなに早くてちゃんと実がなるのだろうか。
今年春天来得早。我家的蚕豆2月下旬就开花了。不用担心蚜虫飞来好是好,可是花开得这么早,它们会不会好好地结果呢?




キヌサヤはすでに実をつけた。
嫩豌豆已经结果了。




秋撒き小麦も次々と穂を出している。
去年秋天种的小麦也一个接一个地出穗。





ミツバはまた葉を出した。どうやらここに定住を決めたらしい。
鸭儿芹又出叶了。看来它决定在这里落户。




これも秋に勝手に出て来たキタアカリ。全然期待してなかったけど、枯れた茎の下を掘ったら……、
这些也是秋天自己长出来的Kiata-akari(北方光明)。我根本没有期待着,但是在枯萎的梗的下面挖起来──,




すでに根が出ていた1個をプランターに戻し、残りは全部カレーに投入していただいた。柔らかくて美味しうございました。
把已经扎根的一个放回花盆里,把别的土豆都放在咖喱里吃了,既柔软又好吃。
[PR]
# by nohohonvillage | 2009-03-25 21:52 | 菜園

今年は赤みそ!

今年腌下了黄酱!

早いもので、また手前みそを仕込む季節になった。2005年に初挑戦して、今年で5度めである。昨年仕込んだ白みそがまだ残っているので、今回は豆麹を入手し、赤みそに挑戦した。
时间过得很快,腌下自制豆酱的好时候又到了。我2005年第一次试作,今年是第五次了。因为去年腌下的白酱还剩下,所以这回我得到豆麴,试作了黄酱。




仕込み方は白みそと基本的に同じで、まず大豆(北海道産とよまさり)を一晩水に浸して、
腌下黄酱的方法与白酱基本上一样。首先把黄豆(北海道产Toyomasari)一晚上泡在水里。




柔らかくなるまで茹でる。
然后煮烂。




いっぽう、豆麹や米麹は塩とよく混ぜあわせておく。豆麹は袋を開けた瞬間、納豆みたいな匂いがして、思わず「臭っ!」(納豆は苦手なのだ)。でもこれが美味しい赤みそになるのだなぁ。
另一方面,把豆麴,米麴与盐和好。豆麴袋子一打开马上就有纳豆臭,我不由得说;"难闻!"(我不喜欢纳豆)。不过,这么臭才会变成好吃的黄酱啊!




茹でた大豆を「グー」でつぶして、
用拳头捣碎煮烂的黄豆,




先ほどの塩切りこうじと混ぜ合わせ、
搀上刚才与盐和好的豆麴与米麴,




みそ玉にしてホーロー容器に詰める。
团豆酱球,装在珐琅容器里头。




最後に空気を抜きながら平らにならし、上から塩をかけ、和紙で覆って仕込み完了。
最后一边放掉空气,一边弄平,从上面放盐,用日本纸盖上,腌完了。




赤みそは熟成に時間がかかり、食べられるのは10カ月後だそうな。年末まで気長に待つとするか。
据说黄酱的成熟需要长时间,等十个月才能吃。我要耐心等到年末吧。






 ☆私の手前味噌ヒストリー
 我的自制豆酱历史

[PR]
# by nohohonvillage | 2009-03-16 22:51 | うまいもん