<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

启封黄酱,初次用蒸笼蒸肉包

10カ月前に仕込んだ赤みそがついに日の目を見るときがやってきた。ジャジャーン! うはっ、黒ーっ!(参考までにこちらが白みそ)
十个月前腌下的黄酱终于问世了。就是这个! 哎呀,颜色非常深啊!(为参考,这是白酱)  




さっそく恒例のみそ汁に。色もだが匂いも濃くて、なんとなく納豆っぽい匂いがする。体にはいいはずだけど、納豆嫌いとしてはあまりうれしくない結果であった(嗚呼、4kgも仕込んでしまったよ……)。今度仕込むならやっぱり白みそにしよう。
按照惯例,我赶紧做了豆酱汤。不仅是颜色很深,气味也强烈,总觉得好像有纳豆臭。对健康一定不错,不过对不喜欢吃纳豆的我来说,这结果是不那么令人高兴(唉! 我竟腌下了4公斤啊──)。我下次还是要腌下白酱。




それから、春に香港の上海街で買ったセイロも未使用のまましまいっぱなしになっていたので、今回引っぱり出してきて肉まんを蒸してみたところ、さすが竹素材、蒸し上がり具合といい香りといい、我ながら上出来であった。
因为我今年春天在香港上海街买的蒸笼也还没使用地储藏着,所以这回把它拉出来,蒸了肉包子。真不愧是竹器,无论蒸的结果和香味儿都不错,连自己都认为做得很好。

2段め(1段めはペロリと平らげたので写真なし)
第二层(第一层一转眼就吃完了,没有拍照)




3段め。
第三层。




生地もふわふわ!
面发得喧腾腾!



[PR]
by nohohonvillage | 2009-12-29 21:22 | うまいもん

塔のへつりと龍王峡

塔之岪和龙王峡

大内宿を出た後は、さらに南下して塔のへつりへ向かった。ここも大内宿同様人気の観光スポットなのだが、私が行ったときは日が暮れかけていて人もまばらで、いささか寂しかった。
离开大内宿后,我我又南下去了塔之岪。虽然它也是跟大内宿一样很受欢迎的观光地点,但是我去的时候,因为天以近黄昏,所以没有看到几个人影,令人感到寂寞。

駐車場わきの階段を少し下ると、いきなり目の前に奇岩が出現!
下停车处旁边的楼梯,眼前突然出现了奇形怪状的岩石!




まるで敦煌の石窟みたいだ(行ったことないけど)
仿佛是敦煌的石窟(虽然我还没去过)




でもこちらは100%、自然にできたものとのこと。川もまた偉大な彫刻家なのだなぁ。
不过据说这景观完全是天然做出来的。河川也是伟大的雕刻家啊!






木造のつり橋がかかっていた。ちょっと渡ってみよう。
架着一座木结构吊桥。我也要过一下吧。




つり橋からの眺め。
从吊桥上看到的景色。




最終日は東京に戻りがてら、栃木の龍王峡に寄った。
最后的一天,回东京的路上顺路去栃木县的龙王峡。

虹見の滝。奥日光で見たようなのを期待したが、残念ながら今回虹は見えず。
"虹见瀑布"。我本想看跟在奥日光看过的那样的彩虹,但是这回没有看见彩虹。




お目当ての川ははるか下に。
下面遥遥可见我想去的河川。






昨日に引き続き、この日も真夏のような陽気で、急な石段をふうふう言いながら下りて、ようやく真っ白な砂浜に到着。
接着前一天,这一天的天气也像盛夏一样,我呼哧呼哧喘着走下陡峭的石阶,才到了洁白的沙滩。




水は澄んで底が見える。
水清澈见底。






それにしても暑くて、まるで樹々全体が湯気を立てているかのようだ。後で知ったが、この2日間は太陽がこんな状態だったらしい。おそらく私が感じた暑さと無関係ではあるまい。
即使那样还是热,好象整个树木都在冒热气。后来我知道:这两天太阳的情况是这样。所以我想:这个跟我觉得热不会没有关系。




間もなく10月だというのに、子どもたちは完全に真夏モードで大はしゃぎ。おーい、溺れるなよ〜!
快到10月了,孩子们却完全沉浸在盛夏的气氛欢蹦乱跳。喂,你们不要溺水了〜!




福島旅行記はこれにて終了です。長い間お付き合いくださり、ありがとうございました。
福岛游记到此结束。非常感谢您们这么长时间陪我游。





のほほん村住人日記「usa99 in Yokohama」もよろしく!
のほほん村住人日記《usa99 in Yokohama》也看一下!


[PR]
by nohohonvillage | 2009-12-23 21:36 | 日本

会津路上更多的时光旅行!

午後は喜多方から会津若松に移動し、裏磐梯の宿の主人おすすめの酒蔵にて酒蔵を見学した。
我下午离开喜多方移动到会津若松,去看里磐梯的旅馆的老板推荐的酒厂。

酒林がまだ青々している。
杉球还绿油油。




入り口には清水が湧き出ていて、汲みにくる人が後を絶たない(このおばあさんも)
在门口涌出清水,打水的人连接不断(这位老太太也是)




この「嘉永蔵」の創業は1850年。今や非常に珍しい木造三階建てで、酒好きだった野口英世も訪れたという最上階の大広間も見学させてもらった。
《嘉永仓》1850年创立,是现在很罕见的三层楼木结构建筑。我参观了据说是喜欢喝酒的野口英世也来过的最上楼的大厅。




その後、鶴ヶ城を文字通り「チラ見」しに行く。
此后,我去鹤个城,正如字面那样看了"一眼"。




石垣のツタが紅葉しはじめていた。でもこの日は9月下旬というのに真夏のように暑く、砂利道を歩くだけでフラフラになった。
石墙上的爬山虎开始变红。可是,虽然是9月下旬,但这一天热得像盛夏一样,只要在沙石道上走一走就打晃。




それから会津街道を南下し、山道をうねうね登って大内宿へ。大内宿の入り口わきには見事なそば畑が広がっていた。
然后,我南下会津街道,攀登弯弯曲曲的山道去了大内宿。在大内宿的入口旁边展现着一片美丽的荞麦田。




仲良く寄り添う夫婦杉。
挨着肩长的一双杉。




緩やかにカーブした目抜き通り。
慢弯的热闹街。




腰掛けただけで江戸時代にタイムトリップできそうな縁側。
只要坐在这后厦,就有能到江户时代去时光旅行的感觉。




茅葺き屋根にピンクの花がよく似合う。
草顶房屋和粉红色的花很配。






高倉神社の白木の鳥居が今もこの集落を見守っていた。
高仓神社的原色木料的牌坊现在还在照料着这村落。




何とも言えない味わいのある文字で書かれた「冷たいのみもの」。
用有难以形容的有韵味的文字写的《冰镇饮料》。




「つきたて栃餅あります」。奥には臼が見える。
《有卖刚做好的"栃餅"(用日本七叶树的果实的年糕)》。里面可以看到臼。




栃餅を売るおばあちゃんは、完全に景色に溶け込んでいた。
卖"栃餅"的老太太完全融合风景。




目抜き通りの先には高台へ続く階段があった。私も上ってみよう。
热闹街的那边有一条通到高岗的楼梯。我也要上吧。




「時代劇の舞台セットみたい!」と言いそうになったけど、実はこっちが本物。
我差一点说:"象是历史剧的布景!",其实这就是真货。




茅葺きの茅も大内宿内で調達するのだそう。この景観を維持するにはどれほど手間がかかることだろう、住人の方の苦労を思うと頭が下がる。
听说草房用的茅草也是在大内宿里筹备。我不知道维持这景色花多少工夫,一想像居民的辛苦,就肃然起敬。




湧き水で冷やしたラムネを売っていた。冷蔵庫のよりはるかに美味しそう。
有卖用泉水冷镇的汽水。它看起来比冰箱里冷却的好喝得多。







「おがわちゃんとピヨコのフクシマさんぽ」も見てね!
《小川和Piyoko去福岛散步》也看一下!


[PR]
by nohohonvillage | 2009-12-17 23:37 | 日本

去喜多方不吃拉面而散步

五色沼を見た後はそのまま裏磐梯に宿泊、翌朝桧原湖に別れを告げてから喜多方へ向かった。
我看了五色沼就地住在里磐梯,第二天早上告辞桧原湖后去了喜多方。




今まで喜多方イコールラーメンの町、というイメージしかなかったけど、実際訪れてみるとこれが何ともレトロな佇まいで、一目で気に入ってしまった。
以前我对喜多方的印象只是拉面之街,但是亲自访问看起来才知道其样子特别让人眷恋,我一看就喜欢了。

メンコやケンケンパで遊びたくなる路地。
让人想拍洋画或跳飞机的小巷。




いつからやってるのだろう、「ボタン屋」。
从什么时候开始经营这家《扣子店》?




何人の花嫁さんが利用したのだろう、「みどり衣裳室」。
多少新娘利用过这家《Midori(绿色)服装店》?




でこぼこのブロック塀、ツタのからまるモルタルの壁、「ゴールドラッシュ」という名のスナック……、何だかどれも子どもの頃どこかで目にしたような。
凹凸不平的砌块围墙,爬满爬山虎的灰浆墙壁,一家小吃店叫《Gold Rush(淘金热)》──,总觉得小时候哪个都在什么地方看到过。




今は亡き祖父母がこんな長屋に住んでいて、夏休みに帰るのが楽しみだったっけ。
已故外祖父母以前住在这样的大杂院,我放暑假时,高兴地回过他们家。




見上げると、今にも窓が開いて伯父が体を乗り出し手を振ってくれそうな気がする。「待ちかねたぜ、早よう入り!」と言いながら。
一抬头看,就可以想像:马上就要开窗户,舅父探出身子挥手,说:"我等得不耐烦了、快进来!"。




こちらは構えからして元は医院か、はたまた理容室だろうか。
从格局来看,这家以前是医院? 还是理发店?




風格ある土蔵。でも、てっぺんにテレビアンテナが立ってるところが微笑ましい。
漂亮的土墙仓房。顶上安装电视天线的样子招人微笑。




蔵の脇には、入ってみたくなる砂利道が。
仓房的旁边有一条沙石道,让人想进去看看。




ちょうどキンモクセイが盛りで、町じゅうに香りが立ちこめていた。
正好是桂花盛开的时候,整个街道里笼罩着芳香。




ピカピカに磨かれた木枠のガラス戸と整然と並んだサンダル。この履物屋さんはきっと几帳面な人に違いない。
玻璃擦净的木窗户和摆得整整齐齐的拖鞋。这家鞋店的人应该是规规矩矩的。




やっぱり猫のいる路地が好きだなぁ。
我还是喜欢有猫的小巷。




またまた迷い込みたくなる砂利道を発見。
又发现了一条令人想误入的沙石道。




ところで肝心のラーメンはと言うと、連日宿の食事が豪勢すぎた(この日の朝食もすごいボリュームだった)ので胃袋がいつも満杯で、結局試さずじまいであった。宿の食事も美味しかったけれど、今改めて写真を見ると、朝を抜いてでもここのラーメンを食べるべきだったかなと思う。
要说重要的拉面,因为旅馆的饭每天都太豪华(这一天的早餐也有质有量),所以我肚子一直是饱饱的,结果终于没有品尝。虽然旅馆的饭也好吃,但是现在再次看照片,就想:即使不吃早餐也应该在这里吃拉面。

土蔵脇の「中華そば あべ食堂」。
土墙仓房的旁边有《中华荞麦面 あべ(Abe)食堂》。




大通りのレトロな看板「浜町のカレーライス・みそラーメン」。
大街上挂着陈旧的招牌:"滨町的咖喱饭,酱汤拉面"。




観光客がひっきりなしに訪れていた「中華そば まこと」。
游客连接不断地来的《中华荞麦面 まこと(Makoto)》。




「喜多方ラーメン 松」。
《喜多方拉面 松》。




チェーン店でおなじみの「坂内食堂」の本家はあいにく休業中で、遠くからきたとおぼしき観光客が至極残念がっていた。
作为连锁店普遍知道的《坂内食堂》的鼻祖偏巧正在休业中,看来是从远方来的游客感到非常遗憾。




坂内食堂の近くには小さな神社が。「生ビール」の幟がはためいていたので、まさかビールの神様? と思ったけど、奥の居酒屋の幟だった。でもラーメンの町の神様ならひょっとしてビールもたしなんだりして。
《坂内食堂》的附近有小神社。因为我看到"生啤酒"的旗帜迎风飘扬着,所以想:它决不会是啤酒神,其实那是里面的酒铺的旗帜。可是我还猜疑:既然它是拉面之街的神,也许会喝啤酒吧。



[PR]
by nohohonvillage | 2009-12-11 09:22 | 日本

のほほん村食堂的从苦瓜到塌菜

8月中旬、なけなしのチビゴーヤーを収穫したので、
八月中旬,我仅少量收获迷你苦瓜,




無人販売機のナス自家製梅干と浅漬けにしてみた。
也用无人蔬菜售货器的茄子自制咸梅试作了暴腌咸菜。




自家製バジルはシャケパスタに。
鲑鱼意大利面里拌了自己种的罗勒




友人から生ピーナッツのお裾分けをいただいたので、ピーナッツごはんにして、かぼちゃカレーと一緒に食した。ピーナッツごはんは懐かしい味わいであった。
因为有位朋友分给我鲜花生,所以我煮花生豆饭,和南瓜咖喱一起吃了。花生豆饭的味道令人怀念




自己流で小豆入り抹茶蒸しパンを試作。見た目はまあいいのだが、
我用自己独特的做法试作了红豆抹茶蒸糕。看起来还可以,




小豆が茹で足りなかったので芯が残り、わざわざ除けて食べる羽目に……。ああ大失敗!
但是由于红豆煮得不够的原因夹生,不得不特意去掉红豆吃──。哎,彻底失败了!




こちらは初挑戦のチーズケーキ。生クリームの代わりにヨーグルトを使用したら、さっぱりした風味になった(参考レシピ
这是我第一次烤的奶酪蛋糕。我代替鲜奶油,用了酸奶,结果风味不油腻(参考菜谱




チーズケーキのソースに使ったダブルベリージャムが余ったので、生地に混ぜ込んでもう一種類ケーキを焼いてみた。
因为奶酪蛋糕上用的蓝莓&红莓苔酱剩下了,所以与面团搀和烤了另一种蛋糕。




甘酸っぱい香りのケーキが出来上がり。噛むとクランベリーの種がプチプチ弾けます。
香味儿酸酸甜甜的蛋糕做出来了。红海苔子嚼起来有一粒粒的口感。




そして先日、某スーパーでタアサイが安く売られているのを発見! 市民農園時代はスーパーで売っているどころか、栽培していると皆に「それ何の野菜ですか?」と聞かれたのにな……と感慨に浸りながら一束買ってきた。
前几天,我在某家超市发现了塌菜减价出售! 我利用市民菜园的时候,不用说超市没有卖,看到我种塌菜的人都问过:"那是什么蔬菜?"──,我不胜感慨地买一把回来了。

イカとタアサイの炒め。マヨネーズをかけたらお好み焼き風味になった。
炒墨鱼塌菜。放了蛋黄酱,风味就像杂样煎菜饼一样。




そしてこちらも最近スーパーでよく見かけるようになったアボカド。数年前はまだ高級品扱いで、手に取って品定めしていたら果物屋のおやじに「買わないんだったら触らないでよ!」と怒鳴られたっけ。エビとタアサイと炒めたら意外や意外、アボカドのトローリ感とタアサイのシャキシャキ感が絶妙なハーモニーに。
最近油梨也是在超市常见的。几年前它仍然作为高级品卖,我拿在手里看着选择时,被水果店的老板斥责过:"你不买,就不要摸!"。我把它和虾,塌菜一起炒了一下,油梨的口感黏糊糊,塌菜很清脆,两种口感感到意外地很配合。




ミートソースパスタにもタアサイを入れると、彩りが豊かになる。
在肉末番茄意大利面里也放了塌菜,配色好得多了。




牛乳の代わりに豆乳を使ってツナクリームパスタをつくる。トッピングは間引きしたニンジンの葉っぱ。
代替牛奶,用豆浆做金枪鱼奶油意大利面。上面放的是间拔的胡萝卜叶。




上記アボカド料理のベーコンバージョン。ビールが飲みたくなります。
这是上面介绍的油梨菜的腊肉版,使人想喝啤酒。




ズワイガニ缶で和風カニパスタ。海苔を散らすとカニの風味が引き立つ。
用雪蟹罐头做了日本风味的螃蟹意大利面。在上面散紫菜后,螃蟹的风味更好了。




高菜とベーコン入りポテトサラダ。
高菜腊肉土豆沙拉。




ココアパンと抹茶パンは、牛乳の代わりにココナッツミルクを使用し、ほのかな甘味ともちもちした食感が身上。
可可面包和抹茶面包里不用牛奶而用椰子汁,特点是稍微有甜味,也有一种像年糕的口感。




冬になるとなぜか焼きたての総菜パンが恋しくなる。というわけで、ベーコンとジャガイモ入りのパン(トマトソース&マヨネーズ)を。
我不知道什么原因,在冬天很想吃刚烤出来的菜面包。所以我烤了一下腊肉土豆面包(西红柿酱&蛋黄酱)




タアサイやアボカドが簡単に手に入るようになった一方で、いつも愛用していた酵母がスーパーの棚から消えてしまった。近所の店をくまなく探し回ったが見当たらないので、ネットにてお徳用を注文した次第である。これで心置きなくパンやピザや肉まんをつくって、寒がり屋は寒がり屋なりに冬を楽しく乗り切ろうと思う。
塌菜和油梨容易买到了,可是另一方面,我常用的酵母在超市的架子上没有了。我去我家附近的商店到处寻找,可是没有找到,因此上网订了物美价廉的大包装。这样做才可以无顾虑地烤面包和比萨,包肉包子,我这个怕冷的人要按怕冷的人的方式愉快地熬过冬天。
[PR]
by nohohonvillage | 2009-12-01 22:10 | うまいもん