<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

吃鲑鱼,香菇与桃酥饼的日子

今年の手前味噌を使って石狩鍋風味噌汁。
用今年腌下的自制豆酱,做了石狩锅*式豆酱汤。




残った味噌汁のだしは鮭のスープパスタに。
把剩下的汤汁放在意大利式鲑鱼汤面里头。




さらにかぼちゃスープもつくってみた。鮭のだしが効いてます。
然后南瓜汤也做了一下;很有鲑鱼的汤汁的味道。




久々の麻婆豆腐。
隔了好久做了麻婆豆腐。




田舎から送ってきたかつおの生節でかつおと高菜の和風パスタ。
用老家送来的生鲣鱼片,做了日本风味的鲣鱼高菜意大利面。




イカフライのタイカレーソースがけ。
往炸墨鱼上倒泰国咖喱调味汁。




エビ、イカ、ゆば、にんじん、きくらげ、椎茸などが入った具だくさんのすいとん。
放虾,墨鱼,腐竹,胡萝卜,木耳与香菇等多种配料的面疙瘩。




鮭と高菜のパスタは、いつものネギの代わりに間引きした春菊を使用。
做鲑鱼高菜意大利面时,代替平时用的小葱,用了间拔的春菊。




ココナッツミルクのカシスクッキー。
用椰子汁的黑加仑桃酥饼。




シナモンクッキーとココアクッキー。
肉桂桃酥饼与可可桃酥饼。




くるみも入って、外はサクサク、中はしっとり。
也放了胡桃,外面很松脆,里面很滋润。






*石狩锅是具有北海道独特风味的鲑鱼料理。它是用清香的肉汤作为底料,然后再放进鲑鱼,用沙锅炖煮而成的。参考网页:http://www.tour110.com/japan/food4291.html


[PR]
by nohohonvillage | 2008-12-25 23:28 | うまいもん

ベランダは冬も青々!

阳台在冬天也绿油油!

コマツナ。
小松菜。




シュンギク。
春菊。




ホウレンソウ。
菠菜。




チンゲンサイ。
青梗菜。




こちらは先月蒔いたチンゲンサイ。
这是上个月种的青梗菜。




ネギ。
小葱。




ダイコン。
萝卜。




ハツカダイコン。
小萝卜。




エンドウ。ハモグリバエをものともせず生長している。
豌豆。不把画画虫当回事,在生长。




生長しすぎたソラマメ1号。霜にやられないか心配だ。
长得太快的蚕豆一号。不知会不会被霜打蔫,很担心。




ソラマメ2号はナメクジに好かれている模様。
蚕豆二号好像被蛞蝓喜欢。




コムギ。
小麦。




遅れて蒔いたコムギとシュンギク。
播得晚的小麦与春菊。




ミントは冬枯れると思いきや、依然青々と匍匐前進中。
我以为薄荷冬天枯萎,它却仍然青绿,在匍匐前进中。




そして毎度おなじみ、放っといても出てきたシリーズ!
于是,每次都让您看的《没管也出来》系列!

とても元気なキタアカリ。夏野菜のはずなのだが?
很结实的土豆《北方光明》。它本来是夏天的蔬菜吧?




蒔いた覚えのないトウガラシ。まだ花を咲かせている。
我不记得种过的辣椒还在开花呢。




以前購入した種はすべて失敗したのに、これは実までつけ出した。
虽然以前买的辣椒种子都失败了,它却甚至果都结了。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-12-16 22:26 | 菜園

围巾的礼物

動画「マフラーのおくりもの」をアップしました。
それにしてもチュー吉のマフラー
いったいどこまで飛んでったのやら。
我上传了一个动画《围巾的礼物》。
啾吉的围巾到底飞到哪里去了?





[PR]
by nohohonvillage | 2008-12-12 18:25 | あみぐるみ

酒と二胡と紅葉の秩父

去秩父喝酒,拉二胡,看红叶

先日、秩父にて二胡合宿を開催した。
前几天在秩父举办了二胡合宿

特急の車窓からは、山深くなるにつれ紅葉が色濃くなるのがわかる。
从特快的车窗能看到山越深,红叶颜色越浓的样子。




まずは秩父駅近くの武甲酒造へ。店は古い趣のある佇まいで、酒蔵の歴史を感じさせる。
先去了秩父站附近的武甲酒造。格局既陈旧又风雅,令人感到酒酒窖的历史。






「新酒あります」。今年の杉玉はひときわ大玉だった。
这意味着"新酒有卖"。今年的杉球格外大。




宿に到着後、近くの渓流をちょっと散策。
到了旅馆之后,去旁边的溪流散步了一下。




水は手が切れそうなくらい冷たかった。
水冰冷,手浸下去就冻僵了。




河原から見上げると宿と背比べをする紅葉が。
从河边抬头看,发现了一棵枫树与旅馆比个子。




二胡だけでなく月琴やフルスを持参した人もいて、練習はおおいに盛り上がった。
有人不仅带二胡,也带月琴或葫芦丝,练习时气氛热烈起来了。




夕食は鍋、さしみ、天ぷら、煮物などをたらふくいただく。
晚餐时吃火锅,生鱼片,天麸罗,煮的菜等吃得饱饱。




明け方4時まで起きていたものの、朝7時に一番乗りで練習会場入り。カーテンを開けたら、ピアノが秋色になった。
虽然我到凌晨4点才睡,但是早上7点最先进了练习会场。一开帘子,钢琴就变成了秋色。




その後昼まで練習して二胡合宿は終了。午後は二胡を抱えて秩父神社へ。
然后练习到中午,二胡合宿结束了。下午带着二胡去了秩父神社。

参道にはそこここに古い建物が残っていて、歩きながらタイムスリップした気分になる。
在参道的这儿那儿还有旧建筑,我边走边感到了时光旅行的感觉。






壁を覆うツタも紅葉中。
墙上爬满的爬山虎也变红了。




こんな真っ赤な生け垣、生まれて初めて見たかも。
这么红的树篱,我可能是第一次看到。




神社の社務所には花火が展示されていた。夜祭の出番を待っているのかな。
神社的社务所里展示着焰火;是不是等着夜庙上出场的时间呢?




夜祭の準備で法被姿の男衆が慌ただしく行き交っていた。
为了夜庙的准备,穿着号衣的男人匆忙地走来走去。






境内には樹齢400年の大銀杏が黄色く染まっていた。
境内有树龄四百年的大银杏染成黄色。




高尾山に続いてここでも天狗様に遭遇。
接着高尾山,在这里也遇见了天狗。




本社周りの彫刻は左甚五郎作と伝えられている。
据传说,本社周围的雕刻是左甚五郎的作品。




確かに、日光東照宮の猿と同じく生き生きとして、今にも飛び出してきそうである。
的确是像日光东照宫的猴子那样,它们生动逼真,好象就要跳出来。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-12-04 21:59 | 二胡

水曜コンサート来場御礼

非常感谢周三音乐会到场

さる11月26日、品川区中延にて第160回チェロリン村水曜コンサートが開催されました。
11月26日,在品川区中延举办了第160回Cello-rin村周三音乐会

コンサートと銘打ってはいるものの、その実会場にはプロジェクターがしつらえられ、主催者の土谷さんの曲目解説と、私たちの二胡やノコギリの演奏が交互に入る講演スタイル。しかも講師先生、曲への思いが強いのか話が次第に熱を帯びてきて、夜通し語り続けそうな勢いでした。おかげで、楽しげな歌に実ははかない命を悼む気持ちが込められていたりと、作品の意外な背景を知ることができて大変興味深かったです。
虽然声称是音乐会,但是其实是讲演形式;会场里安设幻灯机,解释曲目的主办人土谷先生与演奏二胡或锯琴的我们轮流替换表演。而且不知道是否由于该讲师对曲有强烈的共鸣的原因,他越讲话越热情,情绪高得仿佛是要通宵谈下去。多亏他,我知道作品有出乎意料的背景,如;听起来愉快的歌里实在包含着心情哀悼夭折的生命,感到非常有兴趣。

私はソロ、ノコギリとデュオ、ピアノ伴奏つきでそれぞれ2曲ずつを披露。曲によってはお客様にも一緒に歌っていただいたり、土谷さんとお客様の間で軽妙なやりとりがあったりと、コンサートは終始アットホームな雰囲気で、お店の暖色系の照明もあいまって、冬の夜、暖炉を囲んで語らっているような気分で楽しく過ごすことができました。
我演奏了独奏曲,与锯琴的二重奏曲,有钢琴伴奏的曲各2首。有的曲子让听众一起唱歌,有时土谷先生与听众之间有轻松有趣的交谈,音乐会始终充满着舒适的气氛,正好店里的照明是暖色,我怀着好像围在炉旁聊天一样的心情愉快地过了。

そして最後に「二胡ならではの曲もひとつ」とのリクエストで『燭影揺紅』を演奏。人の一生をろうそくの炎に喩えたとも言われるこの曲、かねてから人前で弾きたいと思っていましたが、期せずして今回のコンサートのテーマとも符合して、何だか縁めいたものを感じた次第です。
最后我回答要求:"请把只有二胡才能拉出来的曲拉一下──",演奏了《烛影摇红》。这首曲听说是把人的一生比喻成烛光,我老早就想在人前拉来着,这回不约而相合了音乐会的题目,结果我总觉得好像有缘分。

ご来場いただいた皆さま、長い時間お付き合いくださりありがとうございました。そして素敵な演奏の機会を与えてくださった土谷さん、中川さん、イトウさん、ありがとうございました&お疲れさまでした!
我衷心感谢到场的各位长时间作陪听赏。还有,非常感谢土谷先生,中川女士与Ito女士给我提供了演奏的好机会,您们辛苦了!



photo by Mashiro-san



〜プログラム〜 〜节目单〜

<高野辰之作品> <高野辰之作品>

春が来た(ノコギリ&ピアノ)春天来了(锯琴与钢琴)
春の小川(二胡) 春天的小河(二胡)
朧月夜(クラリネット) 朦胧的月夜(单簧管)
故郷(ノコギリ) 故乡(锯琴)
紅葉(二胡&ノコギリ) 红叶(二胡与锯琴)



<野口雨情作品> <野口雨情作品>

雨降りお月(二胡) 雨天的月亮(二胡)
あの町この町(ピアノ) 那街这街(钢琴)
青い眼の人形(二胡&ピアノ) 青眼的人形(二胡与钢琴)
赤い靴(ノコギリ&ピアノ) 红鞋(锯琴与钢琴)
証城寺の狸囃子(二胡&ピアノ) 证城寺的狸子打拍子(二胡与钢琴)
シャボン玉(ノコギリ) 肥皂泡(锯琴)
七つの子(二胡&ノコギリ) 七岁的孩子(二胡与锯琴)



オールドブラックジョー(ノコギリ) 老黑爵(锯琴)
燭影揺紅(二胡) 烛影摇红(二胡)

[PR]
by nohohonvillage | 2008-12-02 21:42 | 二胡

人高尾!

人高尾!

先々週、高尾山に登ってきた。のんびり紅葉を楽しむつもりが、ケーブルカーの始発駅・清滝駅は初詣かと見紛う混み具合。京王電鉄が「赤高尾」というコピーで広告を打っていたが、これじゃ「人高尾」だよ!
上上周我爬了高尾山。我本打算舒舒服服地观赏红叶,缆车开出的清泷站却拥挤得象是新年的初次参拜。京王电铁公司登的广告里有《红高尾》的文稿,这样倒是《人高尾》啊!




でも幸い好天なり。
幸而天气很好。






ケーブルカーは諦め歩いて登るも、山道は通勤ラッシュの新宿駅状態であった。途中、人に揉まれながらも何とか遠くの景色を撮影、向こうは本物の新宿だそうな。
我断了坐缆车的念头,走着上山,可是山路人太多,仿佛是高峰时间的新宿站。在路上互相推挤着好歹拍到了远方的景色,据说那边是真的新宿。




ケーブルカーの終点・高尾山駅付近は、赤青黄そろい踏み。
在缆车的终点高尾山站附近红叶,绿叶,黄叶都有。




薬王院の浄心門に到着。「霊気山に満つる」とあるとおり、ここで急に空気が澄むのを感じる。
到了药王院净心门。门上写着"灵气满山",我的确是感觉到空气突然变洁净。




境内から山々を眺める。ところで前から気になっているのが、右手奥に4本聳える物体。もし正体をご存知の方いらしたら教えてください。
从境内眺望群山。顺便问一下,我从前一直想知道:右边远处耸立的4支东西是什么? 如果您知道的话,请告诉我吧。




頑張って登ったかいあって、燃えるような紅葉に出会えた。
我坚持爬山的结果,能看到光彩夺目的红叶。










狛犬もご本社の彫刻も「ご苦労さん!」と言ってくれてるかのよう。
狮子与御本社的雕刻好像说:"你辛苦了!"。






お昼は黄金色の木立を眺めながら、大根葉としゃけのおむすびを食す。
中午我看着黄金色的树立,吃萝卜叶鲑鱼饭团子。




帰りは6号路(びわ滝コース)で下山。このルート、山肌から湧き出す水がじょじょに川の流れになっていく様子がつぶさに見られるので気に入っている。ただ、今回は前も後ろも数珠つなぎだったので、じっくり写真を撮る時間がなくてちょっと残念。
回来时我利用6号路(琵琶泷路线)下山。我喜欢这条路线,因为可以仔细地看从山的地表涌出的水渐渐变成河流的样子。可是这回我的前后都有人排成长队走,所以没有时间慢慢地拍照片,有点遗憾。






下りきったところでは陽気な神様が出迎えてくれる。この笑顔を見ると登山の疲れもどこかに吹き飛ぶなぁ。
山下完的地方有开朗的神迎接我。一看这些笑容,爬山的疲乏就云消雾散。




この日の総歩数は2万1384歩でした。
这一天的步数一共是2万1384步。
[PR]
by nohohonvillage | 2008-12-01 22:32 | 日本