<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

幸せの白い猫

幸福的白猫

たまに通る小道に白い猫がうずくまっていた。
我偶尔穿过的小路上蹲伏着一只白猫。




草の蔭に隠れてるつもりかな。
它以为自己藏在草后面吗?




「ち、見つかっちまった」
"哎,我被发现了。"




そのまま逃げるかと思いきや……、
我以为它马上就逃走,它却是──,








どうやら風邪を引いているらしい。
ぺろぺろ手を舐めてくれるのはうれしいが、
しまいには鼻水とよだれでべちょべちょになってしまった。
看来它着凉了。
手让它舔,我感到高兴,
可是最后粘上它的鼻水与口水,手发粘了。





でも、この穏やかな表情、心安らぐなぁ。
不过,一看这个温和的表情,心里就感到平静。




しっぽは鉤型。
尾巴是钩形。




しばらく遊んだあと、
它与我玩了一会儿后,




ひょい、と塀の上へ。
轻轻地跳上墙壁。








下から見ると、なかなかの美猫さん。
从下面看起来,它相当漂亮。






でも後ろ姿は犬と見紛う。
可是后影恰似狗。




別の日には竹やぶでくつろいでいるところを発見。
别的一天,我看到它在竹林里轻松愉快地休息。




あ、こっち向いた!
哇,它把脸转向这边了!




大きなあくびをして、
打了一大哈欠,




薄目でちらり。
眯缝着眼睛偷偷地看。




そしてニッ。
然后微笑。




しっぽ立てて寄ってきて、
竖起尾巴靠近来,




またひとしきり遊んでくれた。
又暂时一起玩了。








この日は前より元気で、結膜炎や口まわりのただれもよくなっているようでホッ。風邪でつらいだろうに、見ず知らずの人間まで幸せな気分にしてくれるなんて、何と気だてのいい猫なのだろう。「早くよくなれよー」と背中を何度もさすり、再会を願いつつその場を後にした。
这一天它比以前还有精神,结膜炎与口周围的溃烂也好了点,因此我放了心。虽然由于感冒的原因,它应该感到痛苦,但是甚至让不熟悉的人都感到幸福,这只猫性情多么温和啊! 我说着:"赶快恢复身体吧!",抚摩它的背好几次,怀着再会的希望离开了当场。
[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-27 10:28 |

白保海岸、台風待ち。

白保海岸等待台风。

空港へ向かう途中、橋の上から宮良川を撮影。まずは山側。
我去机场的路上,从桥上拍摄宫良川。先拍了山那边。




そして海側。ここからでも海が荒れているのがわかる。
然后拍海那边。甚至从这里也能看到海上起风浪。




白保海岸へ抜ける道は今までと違って寂寥感たっぷり。
穿过去白保海岸的道路与以前看的不同,充满了寂寥。




海岸へ着くと、天気はますます怪しくなってきた。
我到海岸的时候,天气越来越怪了。






押し寄せる波にも台風の気配が。
涌过来的波浪也有台风要到来的样子。




でも潮溜まりは実に静かで、沖の不穏な空気が嘘みたいだ。
不过,海水洼子真的平静,难以置信海上的不稳气氛。








潮風に耐えて咲くイソマツの花。今日ばかりは「早く帰りなよ!」と言っているかのよう。
耐着海风开花的海芙蓉。只有今天它仿佛说:"你赶快回去吧!"。




こちらが動画。暴風で私も吹き飛ばされそう。
这是动画。遇上暴风,我也差一点刮掉。





幸い私はこの後帰京できたが(それでも機体がずいぶん揺れた)、翌日の石垣発着便は全便欠航、空港も終日閉鎖されたそうだ。
幸亏我此后能回东京(即使那样,飞机晃得厉害),不过据说次日在石垣岛起飞以及到达的班机都停航,机场也整天关闭了。





以上で石垣島旅行記は終わりです。長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。よろしければ以下のサイトもご覧ください。
石垣岛旅行记到以上结束了。非常感谢您们长时间作陪。如果有兴趣的话,以下网页也请看一下。


☆石垣&竹富 壁紙ギャラリー
☆石垣&竹富 壁纸展览室

★石垣&竹富 パノラマアルバム(スライドショー)
★石垣&竹富 全景相册(幻灯片)
[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-20 22:16 | 日本

秋ののほほん村食堂

秋天的のほほん村食堂

実家から届いた生節で、かつおの炊き込みご飯。
把老家送给我的湿鲣鱼搀在米里煮了饭。




高菜とウィンナーのパスタ。
高菜香肠意大利面。




さやいんげんとしめじのひき肉炒め。
扁豆姬菇炒肉丝。




こちらはカレー風味。間引き菜も投入。
这是咖喱风味,间拔的菜也放了。




ココナッツミルクパン。
椰子汁面包。




なかにはレンズ豆とバジルが入っている。
里面放了滨豆与罗勒。




麻婆茄子。
麻婆茄子。




茄子とひき肉のパスタ。
茄子肉丝意大利面。




田舎から今度は椎茸が届いたので、ゆばやきくらげと炒めてみた。
这回老家送了香菇,所以把它与腐竹,木耳一起炒了一下。




エビのトマトパスタ。小松菜は自家製。
虾西红柿意大利面。小松菜是自己种的。




カシス入りココナッツミルククッキー。
加黑醋栗的椰子汁饼干。




この秋初めての肉まん。
这秋天第一次做的肉包子。






手前味噌も出来上がった。田舎の椎茸と地元産じゃがいもで味噌汁をつくる。
自制豆酱也完成了。用老家的香菇与本地产土豆做了豆酱汤。




鮭パスタ。ベランダの小松菜、ここでも活躍。
鲑鱼意大利面。阳台上的小松菜在这里也大显身手。




たらこパスタ。
鳕鱼子意大利面。




ゆば、えび、しいたけ、にんじんと自家製みつばのあんかけ。
腐竹,虾,香菇,胡萝卜与自己种的鸭儿芹的烩什锦。




大根の間引き菜は刻んでふりかけに。ほのかな辛味と香りが新米によく合う。
把间拔的萝卜叶切成碎末,撒上饭上。它稍微有辣味与芳香,正合新米。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-18 21:27 | うまいもん

石垣島路地探検

石垣岛小巷探险

旅の最終日は早起きして路地を探検した。
旅游的最后一天,我早早起来去探险小巷。

鳥居には「船着御殿」とある。海上安全の神様だろうか。
牌坊上写着"船着御殿"。是不是海上安全之神呢?




この雰囲気、北京で見た胡同を思い出すなぁ。
这个气氛,让我想起在北京看的胡同。






初めて来たのに懐かしい小道。
我第一次来这条小路,却令人怀念。




でもすだれは熱帯仕様だ。
可是帘子是热带型。




広い庭を持て余しているらしい。ベランダ菜園の身にはうらやましい限り!
这家院子大,看来用不过来,只有阳台菜园的我羡慕得不得了!




と思えば、こちらは庭の隅を有効活用。さすが石垣、植えてあるものが違う。
另一方面,这家充分利用院子的角落。不愧是石垣岛,栽培的内容不一样。




その後、宮良殿内へ足を伸ばした。りっぱな赤瓦は外からでも目立つ。
此后,我去了"宫良殿内"。红瓦很漂亮,从外面看也显眼。




入場料を払うはずだが、受付には誰もいない。庭いじりをしているおじいさんがいたので聞くと、手を休めることなく、「あそこの机に置いといて」。
我应该付入场费,不过谁都不在问讯处。我看见一位老爷爷,问了问,他不停手,说:"放在那里的桌子上。"




縁側からしばし庭を眺める。
从后厦暂时看院子。




すると、学生らしき観光客グループがやってきて先ほどのおじいさんと話をし始めた。写真を撮りながら横で聞いていると、何とこのおじいさんがここの当主だということがわかった。
这段时候,好像是学生的游客团来,与那位老爷开始说话。我边拍照片,边在旁边听一听,结果知道这位老爷爷原来是这家的户主。




おじいさんはさらに、この赤瓦が辿って来た歴史を熱っぽく語っておられた。
他接着用热情的语调讲这些红瓦走下来的历史。






おみやげはあやぱにモールで物色。
我去Ayapani商店街选择购买土产。




公設市場で写真を撮っていたら、店のおばさんに「何の調査?」と尋ねられた。帽子にサングラスに長袖・手袋で写真撮ってたら、そりゃ怪しいよな。
我在公设市场里拍照片的时候,有铺子的大娘问:"是调查什么?"。我戴着帽子与太阳镜,穿着长袖与手袋拍照片,她怀疑的是理所当然吧。




このハブ、昔おじが沖縄旅行みやげにくれたっけ。食いついて離れないので、幼心にとても怖かった。
这条毒蛇以前我舅父作为冲绳旅行的礼物给我过。它咬住不放,对幼小心灵来说非常可怕。







*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-13 22:40 | 日本

秋のライブ告知

秋天演奏会的通知

〜にじの会まつり〜
〜虹之会庙会〜


 日時●11月15日(土)11:00〜16:30
 場所●大沢にじの里(三鷹市大沢1-6-3) 地図
 入場料●無料
 时间●11月15日(周六)11:00〜16:30
 地点●大泽红之里(三鹰市大泽1-6-3) 地图
 入场费●免费


三鷹市の社会福祉法人にじの会が主催する「にじの会まつり」に二胡アンサンブル"楽遊"のメンバーと出演します(出演時間は12:35〜13:00予定)。演奏曲目は秋の歌メドレー、「森吉徳瑪」、「幸せなら手をたたこう」、「童神」、「絲路駝鈴」ほか。神代植物公園も近いので、散策がてら聴きにいらしてください。
我与二胡演奏组"乐游"的成员将在三鹰市社会福祉法人虹之会主办的《虹之会庙会》里出场,登台时间预定12:35〜13:00。演奏曲目是秋天歌曲混合曲,《森吉德玛》,《幸福拍手歌》,《童神》,《丝路驼铃》等。会场离神代植物公园也比较近,请散步顺便来听听吧。

「にじの会まつり」の詳細はコチラをどうぞ。
《虹之会庙会》的详细内容请看这里(日文)。






〜チェロリン村水曜コンサート〜
〜Cello-rin村周三音乐会〜


 日時●11月26日(水)19:30〜
 場所●ライブ&ダイニングバー「ボナペティ」(品川区中延3-8-7)
 入場料●500円(予約不要)
 时间●11月26日(周三)19:30〜
 地点●Live & Dining Bar "Bon Appetit"(品川区中延3-8-7)
 入场费●500日圆(不需要预约)


チェロリン村の村長こと土谷庫夫さんが主催するコンサートです。明治・大正時代の詩人、高野辰之と野口雨情の2人にスポットを当て、「故郷」、「紅葉」、「赤い靴」、「しゃぼん玉」などの童謡・唱歌を、音楽ノコギリと二胡でお送りします。ボナペティの料理に舌鼓を打ちながら、懐かしい日本の歌をご一緒に楽しみませんか。ノコギリ演奏はイトウマキさん。3年ぶりに共演させていただくので、わくわくしています。
这是Cello-rin村村长土谷库夫先生主办的音乐会,聚焦明治・大正时代的2位诗人:高野辰之与野口雨情,用锯琴与二胡演奏《故乡》,《红叶》,《红鞋》,《肥皂泡》等童谣歌曲。请一边香甜地吃"Bon Appetit"的菜,一边一起享受令人怀念的日本歌曲如何? 演奏锯琴的是Itoh Maki女士。与她隔了三年才一起演奏,因此我欢欣雀跃。

詳しくはチェロリン村HPの「コンサート情報」よりどうぞ。
详细内容请去Cello-rin村主页看看《音乐会情报》(日文)。
[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-11 22:24 | 二胡

秋天的北之丸公园与弦乐器展览会

先日、科学技術館で催された弦楽器フェアに行ってきた。会場のある北の丸公園はすっかり秋の装い。
前几天,我去了在科学技术馆举办的弦乐器展览会。有会场的北之丸公园完全是秋天的样子。




ハクモクレン。葉はまだ青いが、来春に備えてフワフワのつぼみをつけていた。
白玉兰:虽然叶子还青绿,但是预先准备明年春天的开花,长了毛茸茸的花骨朵。




メキシカンセージの花は、まるでビロードのような肌触り。
墨西哥山艾花摸起来有象是天鹅绒的手感。




木の幹にふたつ、小さな腰掛けを発見。
我在树干上发现了两个小凳子。




フユザクラも咲いている。幹にはプレートがかかっていて、「花期は冬(10月下旬〜1月)と春(4月中旬)の2回あり、数輪ずつ咲きつづけます」とあった。
冬樱也在开花。树干上挂着牌子,说是:"开花期有两次:冬天(10月下旬〜1月)与春天(4月中旬),几朵几朵地接着开"。




いっぽう、ソメイヨシノはすでに葉を落とし始めていた。
另一方面,染井吉野樱已开始落叶了。




ここ数年ほぼ毎年訪れている弦楽器フェア、今年はスペースが拡大し、楽器の種類も数も増えていた。弦楽器好きとしてはうれしい限りである。
这几年我几乎每年到来弦乐器展览会,今年空间更大,乐器的种类与数量也更多了,让弦乐器爱好者非常高兴。

まずギター・リュート会場へ足を運ぶと、ちょうど会場の隅でリュートのミニコンサートが行われていた。バロック音楽の優しい音色を聴きながら、手づくり楽器を見て回る。
先我去吉他与琉特琴的会场,正好会场的角落举办着琉特琴的小演奏会。我一边听巴罗克音乐的柔和的音色,一边看手工乐器,绕了一圈。




何とも優美なフォルム! 19世紀のギターをモデルにしているそうな。
多么优美的形状! 据说这是仿19世纪的吉他。




ツィターも展示していた。触ってみるとつややかで可愛らしい音が出た。
齐特尔琴也展示着。弹起来发出了光洁可爱的声音。




ちなみに科学技術館の展示室ではノーベル賞受賞者展が開催中だったのだが、理数系オンチの私はもちろんパス。それでも、付属の売店はつい気になって立ち寄ってしまう。
顺便说一下,科学技术馆展示室正在开诺贝尔奖金获得者展览会,可是我最怕数理系,当然没去。即使那样,对附属的小卖店我不由得感兴趣,顺路去看了一下。

店頭ではでんじろう先生がニッコリ。
在门口傳治郎老师微笑着。




「ビックリ分解自動車オペル」。
《吓人的解体汽车OPEL》。




「レモン電池の研究」、「光ファイバーの研究」……。
《柠檬电池的研究》,《光导纤维的研究》──。




「スペースフード 大学いも」。
《航天食品 拔丝地瓜》。




エビグラタンやプリンもあったとは!
我没想到奶汁烤虾仁和布丁也有!




展示会場に戻った後はバイオリンやチェロの会場へ。
我回到展示会场后去了小提琴与大提琴的会场。




国内外のバイオリンが一堂に会する様は壮観そのもの。しかもほとんどの楽器は自由に試奏できるので、弓を持ってウロウロしだすとあれもこれもと夢中になり、あっという間に時間が経ってしまう。
国内外的小提琴会聚一堂的样子真是壮观。而且几乎全部乐器都可以随便试奏,因此一开始拿着弓子转来转去,就想这个那个什么都尝试,埋头的结果一眨眼的工夫时间就过去。




ホールではプロによる試奏コンサートもあり、今回私が聴いたバイオリンのなかでいちばん惹かれたのが耿暁鋼さんの作品。自分でも弾いてみたが、いつまでも弾いていたくなるような丸みのあるのびやかな音であった。
大厅里有专家的试奏演奏会,这回我听的小提琴中最被吸引的就是耿晓钢先生的作品。我也拉了一下,音色既圆润又舒展,令人想永远拉下去了。




ここはパーツ展示コーナー。製作や改造に興味のある人にはたまらないだろう。
这里是展示部件的专柜。对制作与改造有兴趣的人喜欢得不得了吧。




このバロックボウでバッハのシャコンヌを弾いてみたい。
我想用这些巴罗克式弓子拉一下巴赫《恰空舞曲》。




ユニークなケースたち。右上のは隅田川のほとりで見たことあるような。
独特的琴箱子。右上边的我好像在隅田川的河边看过。




今回初めて見たバイオリン弦の試奏コーナー。弦によってまったく音色が違うことが実感できてとても面白かった。わがバイオリンも久しぶりに弦を替えようかな。→後日談
这回我第一次看的小提琴弦的试奏专柜。我能体会到;如果弦不同,音色也完全不同,觉得很有意思。我也隔了好久想换自己的小提琴弦了。→日后谈



[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-06 23:45 | 音楽

鍾乳洞と港の猫

钟乳岩洞与码头之猫

昼食後はホテルで一睡し、体力が回復したところで石垣島鍾乳洞へ。鍾乳洞の入り口の階段でヤエヤマサソリを見かけたが、逃げ足が速くカメラを出す前に姿をくらましてしまった、残念。
我午餐后在饭店睡了一觉,等体力恢复去石垣岛钟乳岩洞。我在钟乳岩洞门口的楼梯看见了八重山蝎,但遗憾的是它逃得快,在我把相机拿出来以前就躲起来了。

なかに入ると巨大な石筍がお出迎え。
进里面去,巨大的石笋迎接我。




お地蔵さんと七福神。
地藏与七福神。






雪女?
白衣女妖精?




この鍾乳洞、全長は3.2km、そのうち450mが見学できるそうな。
这钟乳岩洞全长3.2公里,其中450米可以参观。




でもって接触が悪いのか、こんなところで突然ライトが消えたりするからスリル満点だ。
我不知道是不是由于接触不良的原因,在这种场所电灯突然灭了,非常惊险。




トルコのパムッカレを思い出した(まだ行ったことないけど)
我想起来土耳奇的棉花堡(虽然还没有去过)






頭上注意。
留心撞头。




こんな小さな一滴が
这么小的一滴




こんな大きな柱になるなんて。
变成这么大的柱子。




やっぱり自然はすごいなぁ。
自然还是了不起啊!






夕方、石垣港に沈む夕日を見に行った。
我傍晚去石垣港看日落。




この猫さん、1日めの夜もここにいたような。
这只猫好像第一天夜里也在这里。




近寄ると、初日と同じく「にゃ〜」とご挨拶。カメラの前でポーズを取って、さらに背中をひとしきり撫でさせてくれた。
我靠近去看,它与第一天一样问候了:"喵〜",在相机的前面摆好姿势,而且让我暂时抚摸背。






その後も同じ姿勢でじーっと海を見つめていた。
然后它仍然保持同一姿势,目不转睛地在看海。




猫さんもこの眺めが好きなのかも。
我觉得,猫也可能喜欢这个景色。




こちらは730交差点のシーサー。
这些是730交叉路口的狮子。




晩は居酒屋でイカスミチャーハン、ゴーヤーと島イカのフライを頼む。
ビールは、やっぱりオリオンでした。
晚上在小酒馆点墨液炒饭,炸苦瓜与炸墨鱼。
要说啤酒,我还是喝了奥利安啤酒。








*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-04 21:47 | 日本