<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

石垣島の朝

石垣岛的早晨

そんなこんなでやってきました石垣島。
干这干那我到了石垣岛。

朝早く目覚めたので石垣漁港を散歩してみる。
因为早晨很早睡醒,所以去石垣渔港散步了一下。




足元を覗き込むと熱帯魚やクラゲが泳いでいるのが見える。
凑过去看脚下,就可以看到热带鱼与海蜇在游泳。




漁師のおじさんと散歩していた犬。やはり魚が気になるのかな。
被渔夫的叔叔带去散步的狗。它还是对鱼有兴趣吗?




空がだんだん白んできた。今日は晴れそう。
天渐渐发亮了。今天仿佛要晴。




79号線を北上している途中に広大な干潟があった。
在79号公路北上的路上有宽广的海滩。




このあたりが名蔵アンパル湿地帯だろうか。
这边是不是名藏网张湿地带呢?




ダリの絵に出てきそうな幻想的な光景である。
好像是在达利的画里出现的幻想光景。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-09-30 22:54 | 日本

憧れの島へ

去我向往的岛

台風がよそ見をしている隙に、かねてから行きたかった島へ小旅行した。
乘着台风左顾右盼的机,我去了早就想去来着的岛小旅游。

富士山ともしばしの間お別れである。
我暂时离开了富士山。




乗り継ぎ空港では東京行きのポケモン号が待機中。
在我换乘的机场上,去东京的"口袋妖怪"号在待机中。




待合室の向こうでは飛行機がひっきりなしに行ったりきたりして、その下には超過密スケジュールを支える人々の姿が見える。
候机室的那边飞机接连不断地飞来飞去,其下面能看到为了排得十分稠密的时刻表工作的人们。






乗り継ぎ便は大幅に遅れて到着、再び慌ただしく飛び立った。
换乘航班到达得大晚,匆忙地再次起飞了。




海面から伸び上がる入道雲たち。
从海面踮起脚的积雨云。




「よく来たな!」と手招きされているよう。振り返ると縦長の虹がかかっていた。
它好像招手说:"欢迎你!"我回头看,就看到了竖挂着的彩虹。






家を出てから7時間、目的地がついに見えて来た。
我出门的7个小时后,才终于看到目的地了。




本当なら余裕で夕日見物ができるはずだったのに、空港に着くともうすっかり暗くなっていた。近くの浜も寂寥感たっぷり。
本来该有足够时间能观赏夕阳,但是我到了机场天已经都黑了。机场旁边的海滨也充满了寂寥。




気を取り直して夕食を食べに行く。まずはやっぱりオリオンビールでしょう!(飲みかけ失礼)
我改变心情,去吃晚餐了。先喝的还是奥利安啤酒吧!(对不起,我已喝了一下)




ソーメンチャンプルー。
炒素面。




ラフテーもおいしうございました。
东坡肉也很好吃。






*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-09-29 21:49 | 日本

夏野菜食べ納め

夏天的蔬菜吃完了

まずは自家製枝豆とビールで乾杯! 枝豆の隣はキャロットチーズ巻き。
首先吃自己种的毛豆,喝啤酒吧! 毛豆旁边的是胡萝卜奶酪卷。




つまみが足りない向きには明太子じゃが炒めを。
酒菜吃不够的人可以吃辣鱼子土豆丝。




十六豆は夏じゅう実をつけ、よく食卓にのぼってくれた。ゆば、にんじん、きくらげと炒めていただく。
十六豆整个夏天都结果,常常出现在餐桌上。把它与腐竹,胡萝卜,木耳炒后吃。




ツナトマトパスタの香りづけはとれたてバジル。夏季限定の贅沢だ。
金枪鱼西红柿意大利面上放刚收获的罗勒,添加了芳香,是只能在夏季品尝的奢侈。




タイカレーにもバジルと十六豆を投入。
泰国咖喱里也放了罗勒与十六豆。




手乗りゴーヤーを十六豆、ジャガイモ、ニンジンと炒めて、残ったタイカレーで味つけしてみた。
我把手掌大的苦瓜与十六豆,土豆,胡萝卜炒之后,用剩下的泰国咖喱调味。




もう1本はエビ、きくらげなどと中華風炒めに。新鮮なゴーヤーは火を通すと翡翠色に変身、親バカながらしばしうっとり眺めてしまった。
用另一个苦瓜,虾与木耳做了中国风味的炒菜。新鲜的苦瓜一加热就变成翠绿,这个糊涂养母暂时看它看得入迷。




十六豆と枝豆の炊き込みごはんは、モチモチして赤飯のような味わい。
把十六豆与毛豆搀在米里煮了饭,它有粘性,味道像红小豆饭一样。




なけなしの空心菜はシャケチャーハンに。ねっとりとした独特の食感を楽しみつついただく。
仅收获的空心菜放在鲑鱼炒饭里头。我享受着其粘粘糊糊的独特口感吃。




シャケ・ジャガイモ・レンズ豆入りトマトスープ。いつか畑を手に入れたら、自家製サンマルツァーノで試すぞ。
西红柿汤含有鲑鱼,土豆与扁豆。总有一天我得到菜园时,一定要用自己种的意大利西红柿做这个。




またまた登場、ジャガイモ炒め。今度は十六豆と青じそ(これもベランダで収穫)を投入。青じそが肉の臭みを取り、さっぱりした風味に。
又登场了土豆丝。这回我放了十六豆与绿紫苏(也是在阳台收获的)。绿紫苏消除猪肉的臭味,风味也不油腻了。




青じそとイカの和風パスタ。青じそを全部刻んでしまったので、飾り付けはバジルで代用。
绿紫苏与墨鱼的日本风味意大利面。绿紫苏都切成碎末了,所以装点用罗勒代替了。




中秋の名月といえばやっぱり月見団子♪ 抹茶団子をつくってココナッツミルクと蜂蜜をかけたら、濃厚なデザートができあがった。
说起中秋明月,非吃赏月团子不可♪ 我做抹茶团子,倒椰子汁与蜂蜜,做出了一种味浓的甜食。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-09-18 21:22 | うまいもん

出穂!

出穗了!

8月初旬、ミントが花をつけ、雑草のごとく生い茂っていた初夏の勢いがなくなった。
8月上旬,薄荷开花,在初夏像杂草那样繁茂的气势没有了。




一株だけの綿花もゆっくり生長中。ちなみにバックに植わっているのはナス。農家は収穫最盛期だというのにこっちは呑気なものだ。
只有一棵棉花在慢慢长。顺便说一下,种在其背后的是茄子。现在正值农家收获茄子的大忙季节,它却长得这么悠闲。




トマトは病気にやられたらしく、このミニトマト1個を残して全滅した。残念。
西红柿恐怕得病了,除了这个迷你西红柿都枯死了,真可惜。




いっぽうバジルは小さな鉢のなかでおしくらまんじゅう状態で、夏じゅうイタリア料理に活躍してくれた。
另一方面,罗勒挤满了小花盆里,整个夏天在意大利菜里大显身手。




8月も半ばになってやっと元気が出てきた空心菜。やはり熱帯の野菜なのだなぁ。
到了8月中旬终于才精神起来的空心菜。它终归是热带的蔬菜啊!




ラッカセイが上へ上へと伸びるので、試しに他の鉢を隣に置いてみたら、うれしそうに広がりはじめた。
因为花生豆一直向着上面长,所以我把别的花盆放在它傍边看看,结果它高兴地伸展起来了。




肥料不足につきゴーヤーは手乗りサイズ。
由于肥料不足的原因,苦瓜是手掌大。




北京の朝顔、引き続き開花中。
北京的牵牛花继续在开花。




そして9月。
9月份到了。

少し涼しくなってからようやく、青い朝顔が咲いた。
天气凉快点,才开了蓝牵牛花




綿花もここまで生長すればひと安心。ただ残念ながらナスは枯れてしまった。トマトの病気が伝染ったのだろう。
棉花长到这么程度,令人放心。遗憾的是茄子都枯萎了,恐怕传染上西红柿的病了。




花もそろそろ咲きそう。アリさんお勤めご苦労!
快要开花了。小蚂蚁,你工作辛苦了!




朝、窓を開けたらこいつと目が合った。ひょっとしてあのコカマキリかも。
早上开窗时,我跟这家伙的视线对上了。它可能是那只小螳螂




枯れたトマトの枝にバッタがしがみついていた。カマキリに見つかってほしいような、ほしくないような。
枯萎的西红柿枝上搂住着一只蚱蜢。我难以说我是否希望它被螳螂发现。




小さいけれどもそれらしいゴーヤーを収穫。おいしうございました。
收获了一个苦瓜;虽然不大,但是长得象样。吃起来味道不错。




まだ実る気か。
你们还想成熟吗?






では、最後に本日の最新ニュースです。
最后我要报道本日的最新消息。

ジャジャ〜ン!!
就是这个!!




ここのところ忙しくてベランダは放置状態だったのが、今朝何の気なしに古代米のあたりを見やったら、待望の稲穂がにょきっと出ているではないか! 近づいて見ると一粒一粒が本当に小さな仏様のようで、何とも微笑ましい。夕方には黄色い小花もちらほら見られた。「バケツ稲ネットワーク」の説明によれば、穂が出て45日後には収穫できるそうな。周囲にアルミホイルの短冊を張り巡らして(スズメ対策)、もうしばらく待つとしよう。
这几天我特别忙,置之不理阳台,今天早上无意中看了古代米的那边,竟然我期待的稻穗已经孤零零地露出来了! 我靠近去看,觉得每个米粒真像小佛像,招人微笑。在傍晚,黄色的小花也能看到。根据《水桶稻子网》的说明,据说出穗的45天后可以收获。我要在它的周围圈上长条铝箔(为了防麻雀),再等一会儿吧。
[PR]
by nohohonvillage | 2008-09-10 22:11 | 菜園

王國潼二胡コンサート

王國潼二胡演奏会

そして8月23日は王國潼先生の東京公演の日。「病中吟」や「燭影揺紅」のいぶし銀のような演奏に心打たれたり、「奔馳在千里草原」では「こうして弾くのだよ!」と再び教わっているような気分になったり、平和を願ってつくられた新曲「天問」の旋律に、波瀾の時代を生きてきた先生の痛切なまでの想いを感じたり……、一曲一曲聴き惚れているうちにもうプログラム最後の曲「懐郷曲」になってしまった。
8月23日是王國潼大师在东京公演的日子。我被他精湛老练的《病中吟》与《烛影摇红》的演奏感动,听到《奔驰在千里草原》有一种感觉好像他再次告诉我:"这样拉的!",在他祈祷和平创作的新曲《天问》的旋律中感觉到从波澜壮阔的时代活了过来的他的深切的愿望──,一一听得入迷就轮到了节目最后的《怀乡曲》了。

この日の司会は先生の弟子でもある二胡奏者の楊興新氏。最初に先生が日本語で挨拶されると「先生、今日のために一生懸命日本語の挨拶を練習してきました」、子どもの遊びを描いた「踏雪尋梅」を弾く前には、「先生、もうこんなお年ですから、子どもの気持ちになれるようがんばって弾きます」など軽妙な司会で会場の笑いを誘っていた。さらに先生が中国語で「今日は、中国のこの古楽器・二胡が今、日本の皆さんにこんなに愛されていることを知ってとてもうれしいです!」とおっしゃるとそれを日本語に訳した後、さらに付け足して曰く「私も先生と30年付き合いがありますが、先生がこんなに興奮したところはこれまで見たことがありません」
这一天当主持是王大师的门生的二胡演奏家杨兴新先生。开始王大师用日语致词时,杨先生说:"他为了今天拼命地练习了日语致词。",在演奏一首曲描写孩子的游戏的《蹈雪寻梅》之前,说:"王大师现在这么大年纪了,所以为了体谅孩子的心情,拼命努力演奏。"等,说得轻松有趣,招了听众的笑声。还有,王大师用汉语说:"今天我知道中国的这个古乐器现在在日本这么受大家的欢迎,非常高兴!"的时候,杨先生译成日语后,补充说:"我跟他交往了30年,不过从来没有看过他这么兴奋。"

アンコールはないものと思いきや、2曲も演奏され、しかも締めの曲は「皆さんがよく知っている日本の歌を……」と先生ご自身が中国語で紹介、「Dǎogē」の発音を耳にしたときには思わず「わ〜!」と叫びそうになった(楊氏曰く「訳さなくてもわかります? そう、『島唄』ですね」)。かれこれ10年前、私が初めて買った二胡のCDが楊氏のアルバム「黄砂」で、そのなかで特に惹かれ、二胡で弾きたいと思ったのが「島唄」で、3年前、二胡を始めて間もないのに某料理店のオーディションで披露して店員さんが口ずさんでくれたのが「島唄」で、郷里の文化祭で石垣島出身の三線奏者とご一緒させていただいたのが「島唄」で……、と二胡と「島唄」に関する思い出が次々と脳裏を駆け巡り、王先生の情熱的な演奏と相まって感激で胸が詰まりそうになった。
我本以为他不谢幕,但他竟然演奏了2首曲,而且最后的曲名他用汉语亲自介绍:"我要演奏大家都熟悉的日本歌──",我听到他发音Dǎogē,简直禁不住喊叫了:"哇〜!"(杨先生说:"我不翻译也明白吧? 对了,就是《岛歌》。") 大约10年前,我买的第一张二胡CD就是杨先生的专辑《黄沙》,其中特别引人,我也想用二胡拉的就是《岛歌》,3年前,我刚开始学二胡就去某餐厅让试听,演奏后一位店员哼的就是《岛歌》,故乡的文化节上跟冲绳石垣岛出身的三弦演奏家一起演奏的就是《岛歌》──,我脑子里关于二胡与《岛歌》的记忆纷纷走来走去,与王大师的热情演奏互相结合,感动得说不话来了。

ちなみにちょうど2年前の8月23日、私は先生のCDを聴いた感想を文章にしている。当時は2年後に直に二胡を教えていただくことはおろか、生で演奏を聴けることすら夢にも思わなかった。いずれも二胡をやっていなければ得られなかった貴重で幸せな体験である。つくづく二胡の縁に感謝。
顺便说一下,正是2年前的8月23日,我把听王大师的CD的感想写出了一篇文章。当时,别说是2年后跟他直接学二胡,就是做梦也没想到能听到他的现场演奏。哪个都是如果我没有学二胡的话不会得到的珍贵而幸福的体验。我衷心感谢二胡带来的缘分。
[PR]
by nohohonvillage | 2008-09-03 23:02 | 二胡