<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

二胡の集いin東京HP開設

东京二胡会开设了网页

二胡の集いin東京も早いものでこの2月で発足3周年。そこでさる24日、ゲストも迎えて3周年記念パーティーを催した。
光阴似箭,今年二月东京二胡会成立三周年了。因此,本月24日,邀请客人,举办了三周年纪念会。

 三周年纪念会上,我们与去年一样开了包饺子会兼演奏会。纪念会的前一天恰好刮了"春一番"(春初第一次刮来的强南风),当天也因刮强风,电车运行时刻表打乱得令人担心,但结果一共29位参加了,是东京二胡会的历史上最多的。皮与馅都是亲手做的水饺哪个都充满着爱情,口感又滑溜又紧绷绷,味道又清谈又好吃。边休息边畅谈之后开始了演奏会,各位成员与客人演奏为了这一天练习的曲子,除了二胡演奏,还有唱歌与其他乐器的表演,丰富的节目让大家度过愉快的三个小时。衷心感谢来场的各位客人。并且感谢担任各项工作的人以及做各种准备与当天愉快地帮忙的成员们。您们辛苦了!

 <日本語はこちら
 <日文在这里

d0085939_23234825.jpg



というわけで、3周年を機にかねてから構想のあった二胡の集いin東京のホームページを開設した。こうしてまとめてみると、3年とはいえ歴史を感じるなぁ。これからどんな歩みが加わるのかと思うと何だかワクワクする。今後ともどうかよろしくお願いします!
趁着到了三周年的机会,我开设了一直设想着的东京二胡会网页。这样整理起来,即使三年不长,也有一个历史啊! 今后会留下什么脚印呢? 一想像就不由得兴奋起来。今后也请多关照!


 二胡の集いin東京 ホームページ(日本語):
 东京二胡会网页(日文):
http://tokyoerhu.web.fc2.com/

[PR]
by nohohonvillage | 2008-02-28 23:36 | 二胡

我が愛しの小麦粉料理

我喜欢的面食

シャケ、ジャガイモ、シイタケ入りグラタン。クリームソースは北海道産薄力粉を使用。
奶汁烤菜:里面放了鲑鱼,土豆与蘑菇。做奶汁时用了北道产的低面筋面粉。




久々にパンも焼いてみた。強力粉は岩手産南部小麦「テリア特号」を使用。緑色は抹茶風味、黄色はかぼちゃ風味。
隔了好久才烤了一次面包。强面筋面粉用了岩手县产南部面粉"Terrier特号"。绿色的是抹茶风味,黄色的是南瓜风味。




小麦粉を多めに入れたので、一個一個どっしりと重みがあり、4個で満腹に。焼きたての味と香りは格別であった。
因为我放多了点面粉,哪个都沉甸甸,我吃了4个就吃饱了。刚烤出来的特别芳香好吃。




この冬はよく肉餃子をつくった。そのせいか、見た目はさておき、包むのが以前より大分早くなった。
也许是因为这冬天常包饺子,外观好不好暂时不说,包得比以前快多了。




で、この日は趣向を変えて自己流でエビ餃子を試したのだが、見事に失敗! 原因は何だろうとサイトで調べてみると(順序が逆)、エビはペースト状にしなければならないこと、皮は薄力粉ではなく浮き粉や片栗粉を使い、仕上げに煮るのではなく蒸すことがわかった(参考サイト)。何だか肉餃子より面倒臭そうだな。まぁ、今度時間のあるときにやってみよう。
老实说,这回我改变主意,用自己独特的做法包了虾饺子,结果却完全失败了! 为了了解失败的原因上网查了一下(顺序颠倒了),才知道:虾应该碎得糊状,做饺子皮时不用低面筋粉,而用澄粉或小粉,而且最后不是煮,而是蒸。(参考网页) 看来好像比包肉饺子时还麻烦啊! 即使那样,下次还要找个时间试试看。

ちなみに中身はこんなでした。あぁスカスカ……。
里面是这样。哎呀,空隙太多了——。




煮てるうちに皮が破れたのも何個かあったので、残った煮汁をゆばスープにしてみた。昆布、腐竹(中国ゆば)、しいたけ、ネギ、卵を入れ、醤油・塩・ゆず・トウガラシで味付けして少し煮込む。これが本体よりはるかに美味であった。
其中有几个饺子皮在煮的时候破了,因此我用剩下的汤重新做了腐竹汤。放海带,腐竹,蘑菇,小葱与鸡蛋后,用酱油,盐,柚子与辣椒调味,煮一会儿。这汤的味道比饺子本身好得多。




デザートはココアケーキ。
甜食是可可蛋糕。




なかには好物のクルミも入ってます。ココア粉末をたっぷり入れたら、濃厚な香りのしっとりケーキになった。参考にしたレシピはこちら
里面有我喜欢的核桃。放多点可可粉末的结果,芳香浓厚,口感湿润的蛋糕烤出来了。我作为参考的菜谱在这里



[PR]
by nohohonvillage | 2008-02-25 23:52 | うまいもん

世田谷ボロ市探検

探险世田谷自由市场

先月中旬、世田谷ボロ市を見に出かけた。上京した年に訪れて以来だが、市の雰囲気は全然変わっていなかった。
上月中旬,我去看世田谷自由市场。我到东京来的当年访问以来,这是第二次来,不过市场的气氛根本没有变化。

通りに「伝統430年、国指定重要文化財 祝ボロ市」の横断幕


鳥居の下で開かれていたのは植木市。
牌坊的下面在开花市。

白い鳥居と植木を物色する人々


ミニ盆栽の可愛いこと!
迷你盆景非常可爱!

手のひらサイズの盆栽が所狭しと並ぶ


でも私は枯らすのが目に見えているので購入を自粛。
不过我显然会让它枯萎,所以自己克制没有买。

白砂に苔玉を配した花盆栽


漬け物屋さん大繁盛。
酱菜铺的买卖兴隆。

威勢良くたくあんや菜漬けを売る店員


台所の奥から引っ張り出してきてそのまま並べたかのよう。
好像是从厨房的里面拉出来就陈列了一样。

路上に畳敷きで日用食器を販売


こちらは古民家の一角を彷彿させるディスプレイ。
这格局让我想起古民房的一角落。

年代物のタンスや鏡で仕切って器や彫刻を展示


女性に大人気の着物。
和服受女人欢迎。

ズラリと吊るされた着物を手に取る年配女性


神棚も扱ってます。
神龛也在卖。

緋もうせんの上に白木の神棚各種


ガラクタがギッシリ。もう何が何だかわかりません。
破烂儿摆得满满,哪个是哪个,我说明不了。

コイン、筆、食器、人形、壷……。


豪徳寺のお膝元らしく、招き猫がたくさん。
不愧是豪德寺脚下,招福猫卖得多。

白、黄、黒、赤などの陶器製招き猫、うずくまる猫の置物も


「いらっしゃいませ〜」三人娘がお出迎え。
"欢迎光临〜":三姐妹迎接客人。

食器の屋台の中心で3匹の招き猫が手を上げている


近くで見るとなかなか美人でした。
靠近看,明白了它们相当漂亮。

目鼻立ちの整った陶器製三姉妹猫のアップ


ビクター犬に、カメに、ヘビに、ウマに……、
胜利公司的狗仔,乌龟,蛇,马——,

食器や車のおもちゃに混じって動物の置物も


タヌキ。
还有狸。

やかん売り場の奥で目を見開く木彫りのタヌキ


昭和のレコードとストーブ。
昭和时代的唱片与炉子。

道ばたに並ぶ黒いLP盤ケースと赤いストーブ


プラモデルやコップやアメリカンなエレキ。
塑料模型,玻璃杯与美国风味的电吉他。

色あせたプラモの箱や緑色がかったグラス、星条旗をペイントしたエレキ


お店自体が骨董だろう。
商店本身是古玩吧。

古いモルタルの店頭にめっきのはがれかけた「山本ピアノ、ミシン」の文字


子どもの頃、こんなミシンで雑巾縫ったっけ。
我小时候用这种缝纫机缝过抹布。

黒地に金色の花をあしらった手回しミシン


刃物屋さん。
卖刃具的。

テント内にさびた刃物からプラスチックまな板まで陳列


蛇口まであった!
连水龙头也有!

壁面に蛇口やトイレットペーパーホルダーを展示


工事用プレート。岩の表情が秀逸。
工事用的告示牌。岩石的表情画得不错。

岩が掘られてムッとしている「すかし堀禁止」、他「防火用水」「消火器」も


ところであのクマさんは何故にテントの上に? 売約済なんだろうか。
顺便说一下,那只熊为什么躺在帐篷上呢? 是不是因为已售出了?

絵を売る店のテントで古びた熊のぬいぐるみが仰向けに

[PR]
by nohohonvillage | 2008-02-19 23:30 | 日本

横浜中華街点描

素描横滨中华街

日本人にとって中華街の一番の魅力は、手軽に異国情緒を味わえるところだろう。ただ残念ながら、屋台で売っている食べ物も観光地価格である。
对日本人来说中华街的最大的吸引力是能方便地品尝异国情调。可是遗憾的是在摊子卖的食品也是"观光地点价格",相当贵。

セイロのなかの包子。プチマン10個1050円也


冬の日にせいろから出る湯気は風情があっていいのだが、肉まんが今日び1個500円したりするから驚きだ。
冬天里从蒸笼冒热气的样子别有风格,不过现在有几家店卖的包子竟然是500日元一个,真吓人。

店先で湯気を上げるせいろ


水餃子食堂。この時期商売あがったりではと思ったが杞憂のようだ。
水饺食堂。我担心这段时候她的买卖是不是算完了,但看来那只不过是杞人之忧。

小さな水餃子店のカウンターには客が


その隣の肉まん屋さんの前には行列ができていた。1個90円は横浜中華街では破格だろう。気がつけば段ボール肉まん騒動はどこへやら。
食堂的傍边有一家肉包子店,在前面几个人在排队。在横滨中华街里90日元一个是出格的底价吧。从这样子来看,大家好像都忘记了纸板箱肉包子的骚乱。

「世界一の肉まん」看板に料理人4人の写真、その下で列をなす買物客


新年とあって、道行く人の足取りも軽い。
迎接了新年,人都用轻快的脚步走路。

ネオンに彩られた通りを歩く人の波


オリエンタル旅館の渋いドア。大学生の頃に初めて横浜中華街を訪れたときもこの佇まいだったなぁ。
东方旅社的门扇很古雅。这家饭店的格局与我读大学时第一次来横滨中华街的时候根本没有变化。

木製の両開き扉のガラス部分に手描きで「旅館オリエンタル」


イメージアップを図っているせいだろうか、最近の中華街は若い女性をターゲットにした商品が増えている気がする。民族テイストの衣装とか、天然石のアクセサリーとか。それにパンダ!
我不知道是不是因为中华街努力改善形象,总觉得最近瞄准年轻女人的商品越来越多:如,少数民族风味的衣服,天然石装饰品,还有大熊猫!

パンダスリッパ。
大熊猫拖鞋。

平積みされたパンダ型スリッパ


パンダまん。
大熊猫包子。

湯気の立つせいろと手描きのパンダの絵


……に頭から食らいつくカツオ。
咬住大熊猫头的小鬼。

パンダまんを頬張る坊主頭の男の子のポスター


調理道具の店も楽しい。昨年中国で買いそびれてからずっとせいろが気になっていたりする。
烹调用具店也有意思。去年我去中国的时候没有买到蒸笼,现在还想要呢。

店頭でせいろを品定めするカップルと店員


中華鍋。すでに一つ持っているのについ眺めてしまう。
炒勺。我已经有一个,但是不由得盯着看。

店頭に並ぶ各種中華鍋


いちばんのお気に入りはここ。いつ行っても店員さんがお客に懇切丁寧に商品の説明をしているのが興味深く、何も買わずともつい聞き耳を立てて聞き入ってしまう。
我最喜欢的烹调用具店就是这里。无论什么时候去,店员都详尽地解释给客人,所以感兴趣的我即使不买什么也不由得侧耳倾听。

特価の食器や調理器具が並ぶ「照宝」の店先


帰り道、インフォメーションセンター「ChinaTown 80」を覗いたら……。
回去的路上顺便瞧一下中华街情报中心《China Town 80》,结果发现了:

獅子舞のお面を試す女性とそれを写真に撮る男性


それ、かぶりたくなる気持ちわかるなぁ。
我很了解她想戴上它的心情。
[PR]
by nohohonvillage | 2008-02-14 23:30 | 日本

横浜中華街で獅子舞

去横滨中华街看狮子舞

2月7日の夕方、旧正月を迎えた横浜中華街に行ってみた。
2月7日傍晚,我去了迎接春节的横滨中华街。

駅を出て通りをぶらついてみたが、思ったほど賑やかでなく、何だか肩すかしを食わされたような気分になる。それでも店は軒並み春節セールをやっていたので、とりあえず気の向くままに何軒か覗いていると、遠くで爆竹の音が。おっ、始まったな!
从车站出去后逛了一下,大街却没有我想像的那么热闹,我有被唱空城计的感觉。不过每家商店都在春节大减价出售,我暂时信步而看几家店的时候,听到了在远方有鞭炮声。噢,终于开始了!

音のするほうへ駆けつけると、もうそこは黒山の人だかりであった。
赶快去有声音的地方,已经是人山人海了。

店の前に並ぶ見物客


どうやら獅子がこのお店のなかに入っているらしい。向かいのパンダも興味津々。
好像狮子进这家商店里去了。那边的大熊猫也兴致勃勃地眺望。

パンダグッズ専門店の看板パンダ


出て来たら顔を撮ってやろうと待ちかまえていたら、何とお尻から出て来た。
出来的时候一定要拍它的脸——我这样想着等着,它却从屁股起出来了。

金の獅子が後ずさりしながら店を出る


さて、次に着いたのは媽祖廟なり。
它接着来到的是妈祖庙。

媽祖廟へ向かう金の獅子


見上げるとすごい人の群れ。いつの間にこんなに集まってたんだ。あ〜、獅子が見えない!
抬起头看知道有很大的人群。什么时候集聚了这么多人? 哎呀,狮子看不到!

寺院内は見物客で満杯


それでも人の波をかきわけかきわけ覗いてみると、青年たちの渾身のパフォーマンスにすっかり感動してしまった。で、もっと間近で見たくなった私は金魚の糞ならぬ獅子の糞と化して通りを歩くことに……。
即使那样,我从人群中挤过去着瞧了一下,就被年轻人使尽浑身力气的演技为深深感动。我越来越想靠近去看狮子,结果形影不离地紧跟着走大街了。

なかでもいちばん印象に残ったのが、この紫の獅子さん。
我看的狮子中,这只紫狮子留给我最深刻的印象。

チャイナドレス店に入る紫の獅子


小僧と一緒に喫茶店へ入っていきます。
与小和尚一起到咖啡厅里去。

喫茶店に入る獅子とかぶり面の小僧


小僧「さあ、おいとまするぞ。」
小和尚:"那,我们走吧。"

獅子に声をかける小僧


小僧「おいおい、どこへ行く!」
小和尚:"哎,到哪里走!"

獅子、振り向き様突進


獅子「んがー!」
狮子:"嗷嗷!"

ガラス窓の向こうで吠える獅子


画像をクリックすると、彼らの動画がご覧になれます。(爆竹鳴ります。音量に注意)
请点击画像看看他们的动画。(有鞭炮声。音量有点大,请注意)


紫の獅子(クリックで動画再生)




色鮮やかな獅子の姿は、スライドショーでどうぞ。
请在幻灯上看彩色鲜艳的狮子。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-02-11 23:04 | 中国

猫詣で〜豪徳寺〜

参拜猫——豪德寺

先月中旬、3度めの猫詣でで訪れたのは、世田谷は豪徳寺。招き猫発祥の地であることは前から知ってはいたが、実際に行くのは今回が初めてである。
上月中旬,我第三回参拜猫的是世田谷区豪德寺。虽然我早就知道那里是招福猫的发祥地,但是这回还是第一次去。

参道には目を見張らんばかりの立派な松並木が。
正面的进路上的几棵松树长得漂亮,令人瞠目结舌。

参道の高い松並木


入ってみると思っていた以上に大きなお寺で、建立されたばかりの三重塔まである。
看看里面才知道这所寺院比我想像的还大,连刚兴建的三重塔也有。

真新しい木肌の三重塔


こちらは本堂。なかなか威厳がある。
这里是正殿,很威严。

コンクリート造りの本堂


脇では梅の蕾がほころびかけていた。
旁边有一棵梅花树,快要开花了。

蕾の膨らんだ紅梅


総受付の入り口に猫が一匹。
问讯处的门口站着一只猫。

キジトラ猫の彫り物


首をかしげて何想う。
歪着头想什么?

彫り物のアップ


招き猫が祀られている「招猫堂」へ行ってみると、本堂とはうって変わって素朴な雰囲気。
我去供奉招福猫的"招猫堂"看看,这里的气氛与正殿完全不一样,很朴素。

古く小さな木造のお堂


絵馬。ねずみ年でもここでは猫が主役です。
匾额。今年是鼠年,不过这里的主角是猫。

小槌を持つ白ネズミと招き猫を描いた絵馬


豪徳寺の招き猫は、山の手生まれだからか、どことなくすました顔をしている。
豪德寺的招福猫——不知道是不是因为出生于山手(高岗住宅区),总有些装作一本正经的样子。

お堂脇の招き猫は鼻がつんと上を向いている


招猫堂のなかには、本物の猫の写真が飾ってあった。あの仔は昔ここに住んでいたんだろうか。
在招福堂里挂着真的猫的照片。不知道它是不是以前住在这里。

額には白猫が座布団に座った写真が


そしてお堂の裏には……、いましたいました!
然后我去看招福堂的后面——,终于发现了!

赤耳、赤首輪の白い招き猫が奉納されている


もう猫だらけ!
到处是猫!

棚にも大小の招き猫がぎっしり


見ればみるほど鳴き声が聞こえてきそうだ。
越仔细看,越有仿佛听到叫声的感觉。

棚の下の招き猫アップ


みゃーみゃー! みゃーみゃー!
喵喵! 喵喵!

ひとつひとつサイズも表情も違う猫たち

[PR]
by nohohonvillage | 2008-02-05 22:24 |