<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

高山の幸と高知の幸

高山的山珍,高知的山珍


高山で採ってきたふきのとう数本は、結局平凡なメニューの具になり、胃袋に収まった。でも、たった数片刻んで入れただけでも早春の香りが食卓に広がり、今、山の幸の生命力をいただいてるのだなぁと実感。
我在高山采集的几根蜂斗叶的花茎,结果成了家常便饭的材料,容纳在我的胃里了。但是,只要把几片切细放,早春的芳香就发散在桌子上,我感觉到目前自己吃山珍具有的生命力的真实感。
d0085939_22145631.jpg

ふきのとうチャーハン
蜂斗叶的花茎炒饭
d0085939_22161476.jpg

ジャガイモ、ツナ、卵とふきのとう和え
土豆,金枪鱼,鸡蛋与蜂斗叶的花茎的拌菜
d0085939_22163318.jpg

シイタケ、ふきのとうとシャケのパスタ醤油味
鲑鱼,香菇与蜂斗叶的花茎的意大利面,用酱油调味

d0085939_22164478.jpg


先日高知の母から「今年は文旦送るの忘れちょった」と、終わりかけの文旦が送られてきて、そのダンボールの隅にスーパーで買ったとおぼしきイタドリの水煮パックが入っていた。そういえばもうイタドリの出回る季節か。田舎を出てからというもの、久しく口にしたことがなかったが、昨年夏にBayou Gateさんでイタドリを食べる機会があり、感動のあまり手紙に「東京でイタドリが食べれるとは思わんかった!」と書いたのを、覚えてくれていたのだ。
前几天住在高知的我妈说:"今年我差一点忘记送你文旦",送了一箱过旺季的文旦,在厚纸箱的角落还有一个带清炖的虎杖的塑料盒:好像她在超市买的。哇,现在是在高知虎杖上市的季节啊! 我离开故乡之后好久没吃过虎杖,但是去年夏天在Bayou Gate有吃上的机会,因过于感动而给她写信了:"真没想到在东京吃得上虎杖!"——她还在记得这件事呢。

ちょうどカツオのたたきが数切れ残っていたので、しょうゆ・しょうが・わさび・柚子酢につけ込んで炊き、イタドリと一緒に混ぜ「かつおめし」にしたところ、これが自分でも驚きの美味しさ! 気がついたらあっという間におかわりまで平らげてしまった。
正好剩着几片拍松的鲣鱼肉,我把它放在酱油,生姜,山萮菜与柚子浆泡后煮饭,搀上虎杖做了"鲣鱼饭",竟然它好吃得连自己也吃惊! 我不知不觉又添了一碗饭,也一口气地吃光了。
d0085939_22183119.jpg

ゆばとイタドリの煮物。シャキシャキの食感が絶妙。
与腐竹煮的虎杖,吃起来很清脆,特别好吃。
d0085939_22201585.jpg


デザートにはよもぎのケーキをどうぞ。
餐后请吃艾蒿蛋糕。
d0085939_22204058.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-26 22:21 | うまいもん

猫ホストにメロメロ。

迷住了接待猫。

最近、めっきり猫日照りが続いていた当・猫ストーカーに、猫ホスト2人と暮らすまちゃごんさんから「遊びに来ない?」とのうれしいお誘いが。さっそく尻尾立てていそいそとお伺いしたら、玄関で坂口憲二似と評判のゴエさんが出迎えてくれて大感激!
我这个猫尾随者最近根本没有与猫玩的机会,但上次一位朋友Machagon女士邀请了我,说是她与两只"接待猫"住在一起,所以我马上高高兴兴地竖尾巴去了。在她家的门口,有人评价说象是坂口宪二的一只猫叫Goe-san迎接,我很感激了!

コワモテに似合わずおっとりした甘えんぼうで、膝の上に抱いたが最後、ゴロゴロ言いながらぺっとりとくっついて離れなくなってしまった。ときおり目を細めて顔を見上げる仕草もたまらず、思わずこちらまでニマーッとなってしまう。まちゃごんさんが彼のことを「名ホスト」と呼んでいた意味がよくわかった。
虽然它的仪表有点使人畏惧,但是性格又大方又撒娇,一旦把它抱在腿上,就呼噜呼噜地响,紧跟着不离开了。有时眯缝眼睛地抬头看我的动作也可爱得不得了,我也不由得龇牙傻笑,才理解了Machagon女士叫它"优秀的接待猫"的理由。

住人メケさんと。おとなしくお馬ごっこに興じてくれました。
Goe-san与该村的猫Meke-san。Goe-san老实地当了马的主角,一起玩。
d0085939_21345363.jpg

あざらしのロスチャイルドとの邂逅。生臭いのか?
与海豹Rothschild的邂逅。有腥味吗?
d0085939_2135234.jpg

そしていもむしのさちこ。ゴエさんにゾッコンです。
芋虫幸子也来了。她恋上了Goe-san。
d0085939_21351818.jpg

もう一人のホストはサスケくん(通称さっちゃん)。とびきり好奇心旺盛な子で、最初こそ部屋の隅からじーっと遠巻きに眺めていたのが、気がついたら足元をうろつきだし、そのうち膝の上にデーンと乗っかられてしまった。
另一只接待猫叫Sasuke,通称为Sacchan。 它的好奇心特别强,当初只是从屋角远远围视,但不知什么时候开始在脚下转来转去,最后沉着地坐在我的腿上。


引き戸を自分で開けたり、パソコンのキーボードを打ったり、食事のときはゴエさんに順番を譲ったりとなかなか頭が切れる彼、まちゃごんさんが「さっちゃんは、おもちゃを冷蔵庫の下へ転がして、取れなくしたのよね」という話をしているとき、シュンとうつむいて聞いていたかと思うと、冷蔵庫まで走っていって下を覗き始めたのにはびっくり。しかも、それを見て私が「ちゃんと聞いてるよ。賢いねぇ」と言うや、パッとこちらを振り向いてニャアと鳴いたので、噴き出してしまった。
它的头脑敏锐:自己能开拉门,按电脑的键,谦让Goe-san先吃饭。当Machagon女士说:"它把玩具滚到冰箱的下面,不能拿出来了"的时候,它看来默不作声垂头地听,一会儿就跑到冰箱,开始窥视下面了,真令人吃惊。而且,我看它的样子说:"它听得懂吧,很聪明",它就回头看,叫了喵的一声,我不由得笑了出来。

まな板の鯉と化したメケさん。これからどんな展開が?
Meke-san成了俎上肉,下面会怎么样呢?
d0085939_21383438.jpg

さっちゃん、さちこを点検中。くんくん。
Sacchan在哼哼地闻,检点幸子。

d0085939_21393473.jpg

さちこ、お尻に爪が食い込んでます、ピンチ!
被Sacchan把爪勒进屁股中,幸子疼得很!

d0085939_21401720.jpg

2人ともまったく性格は違うのに、人なつっこいところは飼い主譲りのようで、愛情をたっぷりもらってのびのび育っている様子がとても幸せそうだ。いっぽうで、まちゃごんさんも毎日ハードな仕事をこなすパワーを彼らからもらっているのだろうなぁと、ちょっと羨ましかった。まちゃごんさん&ホストのお二人、楽しい一日をありがとう。またぜひお邪魔させてくださいね♪
两只猫的性格完全不同,不过都像主人一样和蔼可亲,从被她宠爱,茁壮成长的样子来看,它们应该非常幸福。另一方面,Machagon女士也每天被它们鼓励才把繁重的工作做完吧,这一点我羡慕她。Machagon女士与接待猫们:幸亏你们,我过了愉快的一天,谢谢! 请让我再去你们那里玩吧!






◆住人とホスト2人の交流は、「のほほん村住人日記」で公開中です!
◆住人与两只接待猫的交流在《のほほん村住人日记》上在公开中!

[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-24 21:40 |

白川郷で考えた

白川乡随感

その後、憧れの白川郷へ。バスで山道を揺られること1時間半、ついに目的地に着いた。駐車場と荻町集落をつなぐ橋からは雪山が見渡せる。
此后,去了一直向往的白川乡。被公共汽车颠簸了一个半小时山路,终于到了目的地。连接停车场与获町村落的桥上能了望雪山。
d0085939_0124052.jpg

集落沿いの川は深い青をしていて、思わず郷里の吉野川を思い出した。
沿着村落的河流深蓝,我禁不住想起故乡的吉野川
d0085939_014515.jpg

荻町集落。
获町村落。
d0085939_0153442.jpg

みやげ屋と整備された水路。昨日飛騨の里を歩いたときは「明日は人が実際に生活している古民家を見るんだ!」と心躍らせていたけれど、ここは飛騨の里以上にテーマパークらしい。
土产店与修建好的水路。昨天我在飞騨之乡走的时候,高兴地期待着:"明天我会看人们实际上住的古民房!",不过,看上去这里比飞騨之乡更象人造公园。
d0085939_0164957.jpg

むしろこんな光景のほうが心和むなぁ。
让人心情平静下来的就是这种情景。
d0085939_0173057.jpg

……と写真を撮りながら、はっと我に返った。私は何を求めてここへ来たのだろう。白川郷には夏になると観光バスが連なってやって来て、道も店も人で溢れ返り、なかには傍若無人な振舞いをしていく客も少なくないとか。それを知ったときは何と失礼な! とあきれたが、自分も人の家の前で写真を撮っては、「もっと生活感のある風景がほしいなぁ」などと思っているのだから、五十歩百歩ではないか。
我一边想一边拍了几张照片,突然 醒悟到:我是想做什么才来这里的? 有人说一到夏天,多辆游览车结队而来白川乡,道路上以及商店里都挤满了游人,其中举止旁若无人的也不少。我听到这个,就想:"真是个不可救药的家伙!",但是我现在在人家的前面拍照片,还想要拍更有生活感的情景,也差不多一样吧。
d0085939_10411137.jpg

荻町集落を出て合掌造り民家園に行ってみた。ここは1972年に白川村の離村民家25軒を移築、展示した博物館である。ある民家では、昭和40年頃にある集落が離村する際撮影されたドキュメンタリービデオが流されていた。先祖代々大切にしてきた村を、生きていくために去らざるを得ない経緯※が描かれたもので、見ていた私はそのときの村人の悲痛を思い、胸が詰まった。白川郷の風景は観光への道を選ぶことでかろうじて生き残ったけれど、日本には同じような事情でこの半世紀足らずのうちに廃れた美しい山村がどれほどあっただろう。私はいつしか再び自分の生まれ故郷に思いを馳せていた。そこもやはり過疎化が進んで久しく、先日も中学校と高校が統合された。
我离开获町村落,去了一个博物馆叫"合掌造民家园"(合掌造:人字木屋顶建筑,民家:民房)。里面有25所左右的民房,是随着白川村村民的离村,1972 年从各地迁筑的。在一所民房里上映昭和40年(1965年)左右一个村落居民离村时拍的录像。这纪录片把居民为了生活下去,不得不离开祖祖辈辈爱护的村落的经纬※描写,看的我不由得想像他们当时感到的悲痛,心理难受了。白川乡的风景选择观光之路后好容易才保存下来,不过我不知道:在日本这不足五十年里,由于同样的事情消失的美丽的山村有多少。我不知不觉又想起了自己的故乡。那里的人口也长久以来持续减少,前几天因为学生太少的缘故初中与高中合并了。
d0085939_0232133.jpg

寒風吹きすさぶなか、道祖神がたたずんでいた。この神様もかつてどこかの辻で、遊んだり学校に通ったりする子どもたちを見守っていたのだろうか。
寒风狂吹之中,站着一位守路神。它也曾经在某个路旁照料过孩子们玩耍或去学校吗?
d0085939_0242281.jpg

例年であればこの時期は雪に覆われているらしい。民家園の職員の手植えだろうか、可憐な黄色や紫のクロッカスが心を和ませてくれた。
据说往年这个时候这里白雪覆盖。藏红花可能是民家园的职员亲手种的,黄色与紫色的花很可爱,让我的心情暖和起来了。
d0085939_0255289.jpg



※参考サイト:「飛騨の歴史」(日本語)
※参考网页:《飞騨之历史》(日文)

[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-20 00:21 | 日本

高山街歩き

闲逛高山市街

そして翌日。
第二天。

宿の温泉は朝もやっていると聞き、早起きしてひとっ風呂浴びたのが運の尽き。外の気温は4度しかなく、高山市街へ出て数分も経たないうちに芯から冷えてしまった。何とも不覚である。
我听说饭店的温泉早上也能利用,早早起来泡了一下,却运数已尽:外面气温只有4度,来到高山的街后不过几分钟就冷得彻骨了。真是粗心大意搞糟了。

街なかを流れる宮川。昨日見た山々の雪解け水が流れ込んでいるのだろう。
宫川河流经高山市内。昨天我看的那些山的雪水应该流入到这里。
d0085939_21422342.jpg

大黒様がお出迎え。これも一刀彫かな。
财神在迎接我们。这也可能是一刀雕刻。
d0085939_21431111.jpg

宮川朝市をひやかす。
溜达一下宫川早市。
d0085939_2143513.jpg

地元民でも寒さが応えるのか、商売っ気のないおじいさん。
不知道是不是因为连对当地人也冷得厉害,这位老爷爷不热心赚钱。
d0085939_21443636.jpg

古い町並み。朝早かったので、博物館も店もほとんど開いていなかった、残念。
陈旧的街道。来得太早,博物馆与商店几乎都没有开,真遗憾。
d0085939_21462027.jpg

上三之町。風情あるたたずまいの民家に吸い寄せられて見たら、歯医者さんだった。
上三之町。被充满情绪的一所民房吸引着去看才知道:竟然是牙科。
d0085939_21472155.jpg

軒続きの家は藤井美術民芸館。歯医者さんの私設で、大正時代からの収蔵物を公開しているそうな。
毗连的房屋藤井美术民艺(民间工艺)馆据说是牙科医生自己设立的,公开展示从大正时代的收藏物。
d0085939_2148102.jpg

おっ、ここにも持って帰りたいものが!
哇,我把这个也想拿回去了!
d0085939_21485434.jpg

木の産地だけあって、家具店も多い。この辺は旧暦で祝うのだろうか、店頭に高山土人形のおひな様が飾られていた。
飞騨是木材的产地,因此市内有不少家具店。这地方好像以农历庆贺,桃花节用的高山泥人摆在铺子前面。
d0085939_21493778.jpg

前回来たとき見逃した高山陣屋まで足を伸ばす。陣屋とは江戸時代のお役所のことで、入り口からして厳かな趣きが漂う。
上次错过的高山阵屋也去了。阵屋是江户时代的衙门,从门口上看就具庄严的风韵。
d0085939_21503486.jpg

庭もかように飾り気がない。板張りの長い廊下を歩きながら、何人もの侍たちが慌ただしく行き来する様を想像した。
院子也这么朴素。我在长木板走廊上一边走,一边想像了好几位武士们忙忙碌碌地来来往往的样子。
d0085939_21511928.jpg

いろりの魚も主がいなくてちょっと寒そう。
地炉上的鱼没有主人了,好像也有点冷。
d0085939_21515420.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-18 21:52 | 日本

駆け足で飛騨の里

走马观花看飞騨之乡

先月末、高山・白川郷に行って来た。都内はすでに初夏の陽気だったので、道中山桜が見えるかもなどと期待していたがとんでもない! 峠にさしかかる頃には車窓の向こうは一面冬景色に……。
我上月末去了高山与白川乡。当时东京都内已经暖和得象初夏一样,所以我期待在去的路上能看到山樱花,但真是出于意料,汽车就要开进山岭的时候,映上车窗的都是冬天的景色了。

平湯バスターミナルからの眺め。
从平汤汽车站的远望。
d0085939_22335798.jpg


道路脇の川は雪解けのせいか、滔々と流れていた。身を切るように冷たいに違いない。
道路的旁边有一条河,可能是因雪化了,波涛滚滚。水应该冷得刺骨。
d0085939_22351546.jpg

高山へ着いたらもう夕方になっていた。 タクシーをつかまえ、一路飛騨の里へ。飛騨の里は昔の飛騨の人々の暮らしが学べる体験型の博物館で、数年前、紅葉の時期に訪れたことがあり、かねがねまた来たいと思っていたところだ。ちなみに今回はモデルを2人連れている※。
到了高山的时候已经是傍晚,我马上叫出租汽车,直奔飞騨之乡。飞騨之乡是一个"体验型"的博物馆,里面能体验飞騨人的过去的生活,我几年前红叶的季节访问这里以来,一直想再来。这回我把两位模特儿带来了※。
d0085939_22373070.jpg

入り口脇の池では、以前と変わらず白鳥がのんびりと泳いでいた。違っていたのは、観光シーズンでないうえ、閉館時間も迫っていたので閑散としていたことだ。でも、そのおかげで貸し切り気分で見学できたのでよかったかもしれない。
门口的旁边有一个池子,与以前我来的那天一样,一只天鹅悠闲地游泳。与以前不一样的是,因为这回不是观光的季节,而且关门的时间快到了,所以里面很冷清。不过,幸亏这个,我一边感到包租一样的心情,一边能参观,可能是好事吧。
d0085939_2238572.jpg

年月を経て苔むした茅葺きの屋根。説明によると、これら合掌造りの家々では1階で人と馬が暮らし、 2階から上は養蚕のために利用されていたという。
年久生苔的草顶。根据说明,这些人字木屋顶建筑的家里,人与马住在一楼,二楼以上为了养蚕用。
d0085939_2240416.jpg

苔には赤い花(胞子体)がついていた。これからどこまで飛んでゆくのかな。
青苔长了红色的花(胞子体)。不知道它们会飞到哪里。
d0085939_22405715.jpg

畦の脇には獅子おどしが。この景色をそのまま持って帰りたい。
田埂的一旁有"鹿威"(一种农具:用竹子与水发出音响,威胁害兽)。我想把这个景色都拿回去。
d0085939_22424792.jpg

田んぼから高山市街が見渡せる。
从水田能了望高山市内。
d0085939_22434825.jpg

工芸集落では飛騨地方の職人さんが実際に居住しながら、実演を見せたり、弟子に技を教えたりしているとか。 ここは機織りの部屋。そういえば祖母の部屋もこんなふうで、柱時計がカチカチと時を刻んでいたっけ。懐かしいなぁ。
听说在工艺村落里几位飞騨的手艺人亲自居住,让客人看当场表演,教徒弟工艺技术。这里是织布的房间。哦,想起了,我姥姥的房间也是这样,挂钟滴答滴答地刻画过时间。真令人感到怀念。
d0085939_2245646.jpg

一位一刀彫も飛騨の伝統工芸のひとつ。眠り猫やあくびだるまなどのユーモラスな作風に職人さんの人柄が伺える。
"一位一刀雕刻"也是飞騨地方的传统工艺之一(只用凿子凿水松)。猫在睡,不倒翁在打哈欠——作品都凿得幽默,容易想像到手艺人的人品。
d0085939_22463096.jpg
d0085939_2246455.jpg

飛騨は桜どころかまだネコヤナギの季節だった。
在飞騨哪里谈得上开樱花,仍然是褪色柳的季节。
d0085939_22473965.jpg

工房の庭先でまたまた持って帰りたいものに出くわした。朽木までうまく使うのは、木の多い土地ならではのセンスだろうか。私なら間違いなく野菜を植えてしまうけど。
在工作室前面的院子里碰见了一个东西,又想拿回去了。连把朽木也用得这么美,是不是树木多的地方独特的? 要是我用的话,一定会种蔬菜的。
d0085939_22484835.jpg

帰り道、バス停近くの水路でふきのとうを発見。 実際生えているのを見たのは子どもの頃以来だ。なんだかうれしくなって、いくつか摘んでポケットに入れる。さてどうやって料理するかな。
回去的时候,在汽车站附近的水路上发现了蜂斗叶的花茎。我从小时候以来好久没亲眼看过它,不由得高兴起来,摘了几个,在口袋里放进去了。我要把它怎样做成菜呢?
d0085939_22495113.jpg



※同行者の様子は住人日記「Qごろうとむしくんのヒダジ。」にてご覧になれます。
※请在住人日记《Q吾朗和小虫的飞騨路》上看同行者的样子。


[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-16 22:41 | 日本

コンサートチラシ出来!

音乐会的传单做出来了!

題字Mさん、イラストNさん、デザインHさん、テキストは私、集いメンバー4人の力を結集してついに完成しました! 印刷部数1000枚、これから皆して配りまくる所存です。来週以降、ホールにも置かれるかと思いますので、お近くをお通りの際はぜひ1枚、持ってってください。
M女士画题字,N女士画画,H先生设计,我写文章——,二胡会的4名成员同心协力,终于完成了传单! 打印了1000张,我们从现在起要好好散发。下周以后在该音乐厅里也应该有,请大家去附近的路上看一下,把一张拿回去。

 

[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-12 21:28 | 二胡

桜大放出

放出樱花

今年は3度桜を見る機会に恵まれた。
1度目は夏日の週末。お弁当を持って出かけたら、まさに満開の桜が出迎えてくれた。
2度目は夜桜見物。行ったのは花冷えの日だったが、妖艶な夜桜を前に寒さも忘れて立ち尽くしてしまった。
そして3度目は桜吹雪の舞うなかでの二胡の集い。
3度とも違う表情を楽しめて、本当に満足であった。
桜よ今年もありがとう。また来年の再会を楽しみに。
我今年遇到了三次机会去赏樱花。
第一次:在热得象夏天一样的一个周末,带盒饭去看,正好盛开的樱花迎接了我。
第二次:夜里去看樱花,那天是花季天寒,我却被妖艳的樱花吸引,忘记了寒冷,一直站着观赏。
第三次:在落英缤纷中的二胡聚会。
各次都享受了各个樱花的表情,我真的满意。
我今年也感谢樱花,希望明年能再次看见它。


では、私が会った桜の、昼の顔と夜の顔を皆様にお伝えしたい。
我要给大家介绍一下我看见的樱花:白天与夜里的表情。



今年の桜は心なしか白が強い気がする。
これも暖冬の影響なのだろうか。
今年的樱花好像白色有些浓。
这是不是受暖冬的影响?

d0085939_861648.jpg


大木すぎてファインダーに収まり切らない。
这棵树太大,从取景器里不能看全身*。
d0085939_873567.jpg


見上げれば空を覆うように花、花、花……。
一仰起头,就看到许多樱花罩着天空。
d0085939_892916.jpg


そして、青空に向かって開く桜の門。
也看到樱花大门向蓝天开着。
d0085939_8103693.jpg


少し経つと空が雲に覆われた。
曇り空をバックに白い桜を撮るのは難しいなぁ。
过了一会儿,被云彩遮住了。
以云天为背景拍白色的樱花有点难。

d0085939_813446.jpg


沿道から川辺に垂れ下がる桜は、かなりの老木に違いない。
もの静かに微笑みながら会釈をしているかのよう。
几枝樱花从沿途垂到河边,这棵树应该是相当老。
仿佛是充满着安静的微笑点头一样。

d0085939_8122958.jpg


花見客は皆、まるでこの桜に吸い寄せられるように近づき、
立ち止まってはうっとりと眺め、写真を撮っていった。
赏花的人都好像被吸引似得靠近这樱花,
停步一下,看它看得入迷之后拍了照片。

d0085939_9451353.jpg


桜の花と柔らかい緑とのコントラストが大好きだ。
眺めていると、つい桜餅が食べたくなってしまう。
我很喜欢看樱花与柔和的绿色的对照。
我一看,不由得想吃樱叶饼了。

d0085939_8201570.jpg


ユキヤナギは一足先に川面に散り始めていた。
珍珠绣线菊开始落花到河面了。
d0085939_8211386.jpg


薄紫が可憐なハナダイコン。
诸葛菜的浅紫色真可爱。
d0085939_8215575.jpg


ベニシジミは休憩中かな。
红小灰蝶在休息中吗?
d0085939_8255553.jpg


カモたちは今年も賑やかに花見をしていた。
鸭子今年也热闹地看樱花。
d0085939_8231345.jpg


桜に負けじと背伸びするナノハナ。
菜花不想输给樱花,跷蹊脚来。
d0085939_826247.jpg


でも、夜桜の前ではご覧の通り、観客と化していた。
不过,在夜樱花的前面,成了观众。
d0085939_8275156.jpg




*取景器里放不下:こまさん、謝謝。



夜桜の表情は、スライドショーでじっくりご覧ください。
请在这幻灯片上慢慢地看夜樱的表情。

[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-10 08:11 | 自然

土が来た!

土壤来了!

ベランダ栽培を始めるうえでいちばん頭を悩ませたのは、何十キロもの土をどう用意するかということだったが、これも結局インターネットで注文してしまった。昔田舎にいた頃は、土を、しかもインターネットでお金出して買うなんて思いもよらなかったけれど、背に腹は代えられない。
我开始在阳台上栽培蔬菜时最头疼的是怎样准备几十公斤的土壤,结果这个也在因特网上订购了。我以前住在乡下的时候,根本没想到为了土壤花钱(而且通过因特网购买),不过为了解救燃眉之急顾不得其他。

待つこと4、5日、ついに到着。
息を切らせながら箱を担いで来た宅配便のお兄さん曰く、
「重いので、底が抜けちゃって……、すみません!」
いえいえ、こちらこそこんな重いものを運ばせてすみません!
後で袋をそれぞれ体重計に載せて量ったら、合計40キロもあった。
我等了四,五天,土壤终于到了。
送上门的小伙子上气不接下气地把箱子扛在肩上来,说:
"因为这有点重,箱底掉了,真对不起!"
不要紧,让你运这么重的东西,我才是对不起你的!
收到之后,把袋子一一放在体重计量了一下;竟然一共有40公斤。

d0085939_7185093.jpg

写真右上の薄緑の袋は「コーンスマイル」と言って、生ゴミにふりかけると10〜15日で分解して土になるそうな。3年間の菜園生活で生ゴミを堆肥にする習慣がすっかり定着した私にとってありがたい助っ人となるか、さっそくお手並み拝見といこう。
你在照片的右边看到的薄绿色的袋子叫"Corn Smile",听说把这个撒在厨房的垃圾上,垃圾10天到15天内被分解为土壤。我通过这三年的"菜园生活",把厨房的垃圾成为堆肥的习惯已扎了根,所以我很想知道这商品会不会好好帮我的忙,马上瞧一下它的本领吧。

ちなみに当初予定していたトロ箱は、心当たりを見に行ったが、業者が回収して再利用しているのか、ほとんど見つからず入手を断念。だが幸い、スーパーで大きめのプランタが安く売られているのを見つけたので、これをまとめ買いすることに。
虽然我当初打算播种时用泡沫苯乙烯的箱子,去看几家鱼店或蔬菜店,但是不知道是不是批发商回收后再次利用,几乎都没找到,放弃了入手的念头。不过真凑巧,我在超市发现了一种又大又便宜的花盆,所以多买了它。

でもジャガイモはもっと深い鉢が要るな、どうしようか、と考えていたとき知ったのが麻袋利用法である。これまた運のいいことに、スーパーからの帰り道にコーヒー豆専門店があった。普段コーヒーを飲まないので一度も利用したことがなく、少々後ろめたかったが、それでもショーウィンドウに使用済みの麻袋がうず高く積まれているのを見て「これはいけるかも」と意を決して店に入ってみた。すると、案ずるより産むが易し、店のおばさんは二つ返事で麻袋数枚を持たせてくれ、大感激。「これからはコーヒーも飲みます!」と心に誓い、右手に麻袋、左脇にプランターを抱えて店を出た。
只是土豆要更深的花盆,怎么办?  我这样想的时候,听到了麻袋的利用法。我还是走运,从超市回来的路上发现了咖啡豆专卖店。我平时不喝咖啡,一次都没利用过这店,所以感到有点内疚,不过,在窗前堆满的使用完的麻袋让我想"他们可能给我这些",决意地进去了。结果车到山前必有路,店里的大娘马上答应,让我拿了几张麻袋,我很感激。我心里立誓"以后我要喝咖啡了!",右手拿着麻袋,左腋下抱着花盆,离开了这店。

てなわけで、遅ればせながらのほほん村菜園始動します。
这样那样,该村的菜园晚了一步,现在起动了。
[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-04 07:31 | 菜園