<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2周年だった。

2周年了。

d0085939_21414974.jpg
画・NABEさん

さる25日は都内某所にて二胡の集いin東京の2周年記念パーティーを開催した。
已于25日在东京都内某处举办了为纪念东京二胡聚会2周年的庆祝会。

d0085939_21431172.jpg暖冬だというのに、この日は2年前初めて集いを開催したときのような寒さ。そういえばあの日はエアコンが壊れていて、まるで冷蔵庫のなかで弾いているようで、ビブラートをかけずとも指が震えていたっけ。あのときの参加者は6人、昨年の新年演奏会が18人、そして今年は23人。人が人を呼んで、どんどん賑やかになっていくなぁ……、と感無量である。
虽然今年是暖冬,但是当天像两年前第一次开二胡聚会的那天一样冷,让我想起:那天由于空调出了毛病的原因,有一种仿佛是在冰箱里演奏那样的感觉,我的手指不揉弦也不住地哆嗦。参加的人那时侯6名,去年的新年演奏会18名,而今年23名。各人的缘分接连起来,聚会越来越热闹了,——真是感慨无量。

昨年のパーティー終了後からずっと温めていたのが、皆んなで餃子をつくる計画だ。前々から「餃子やります!」と告知してたからか、皆さん二胡より餃子を楽しみにしていたようだ。今回はネットで知り合った中国人Tさんがゲスト参加してくださることになり、これ幸いと餃子の先生役を押し付けてしまった(Tさん、ありがとうございました&忙しく働かせてごめんなさい!)。初めて食べた本場の味は格別で、あちこちから「美味しい〜」「ハオチー!」の声が続出であった。
从去年的庆贺会完了之后我一直酝酿的就是大家一起包饺子的计划。不知道是不是因为我早就告诉过:"我们要包饺子!",大家一直盼望着的好像与其是听二胡不如是吃饺子。这回我在互联网上认识的一位中国朋友T女士作为客人报名了参加,所以我趁着她的参加而把"饺子老师"的主角推给她了(非常感谢T女士,但叫您忙得不可开交,真对不起!)。第一次吃的地道饺子特别好吃,到处都接连不断地发出了用中日两语的欢声:"おいしい〜","好吃!"。

こねてます。
在和面。
d0085939_21454778.jpg

刻んでます。
在切得碎碎*。
d0085939_21463939.jpg

包んでます。
在包饺子。
d0085939_2147712.jpg

集いの発展を祝して、乾杯!
为东京二胡聚会的发展干杯!
d0085939_21473465.jpg

食べてます。見えますか? てんこ盛りの水餃子。
在吃。您看见了吗,水饺子盛满着碟子。
d0085939_2148549.jpg


d0085939_2150231.jpgお腹いっぱいになったところで、演奏会(一応、こっちがメイン)がスタート。二胡はもとより、のこぎり、マトリョミン、三線、ギター、バイオリンなども入って次々と古今東西の曲が披露され、最後は広東語版ガマの膏薬売りまで登場して抱腹絶倒。大盛り上がりのうちに一次会がお開きとなった。(合奏タイムも息ぴったり♪→)
吃饱了之后,才开始了演奏会(本来这个是主要的)。拉二胡不用说,锯琴(musical saw)、マトリョミン(Matryomin: 玛特辽什卡Матрёшка形的电子乐器),冲绳三弦,吉他,小提琴的演奏者都参加,一个接一个地发表了古今中外的乐曲,最后甚至讲广东话的卖蛤蟆膏药也登场,令人捧腹大笑,在热烈的气氛中第一幕闭幕了。(大家合奏时也步调合得来↑)


〜プログラム〜演奏会节目

《第1部》 第一部
拉駱駝 拉骆驼
大長今 大长今
Je te veux 我要你
偶成(詩吟)偶成(吟诗)
良宵 良宵
小花鼓 小花鼓
シューベルトのアベマリア(マトリョミンデュオとの三重唱) 
舒伯特《万福玛利亚》(与两位Matryomin的三重唱)
ハナミズキ 四照花
月亮代表我的心 月亮代表我的心
草原上的新牧民 草原上的新牧民
鷲ぬ鳥節(三線デュオ) 鹫之歌 (冲绳三弦二重奏)
安里屋ユンタ(三線デュオ&二胡)
安里屋恋歌(冲绳三弦二重奏与二胡)
シルクロード 丝绸之路

《第2部》第二部
荒城の月、見上げてごらん夜の星を(全員合奏)
荒城之月,抬头看夜里的星(全体合奏)
TSUNAMI 海啸
チゴイネルワイゼン(バイオリン) 流浪者之歌(小提琴)
星語心願 星语心愿
上を向いて歩こう(ノコギリ&二胡)
仰起脸走一走(锯琴与二胡)
エーデルワイス(ノコギリ) 雪绒花(锯琴)
ウォアイニィ 我爱你
Believe 相信
コパカバーナ(二胡デュオ)Copacabana (二胡二重奏)
リベルタンゴ(二胡デュオ&バイオリン)
The Libertango (二胡二重奏与小提琴)
帝女花之香夭 帝女花之香夭
病中吟 病中吟
ガマの膏薬売り(広東語、日本語通訳付) 
卖蛤蟆膏药(广东话,有日语通缉)



二次会はうって変わってまったりと飲んだりおしゃべりしたり……と思いきや、二胡のメンバーはまだまだ弾き足りなかったようで円座になって合奏を始め、その楽しそうな様子といったら夜通し弾いていそうな勢いであった(私も)。「そろそろ……」と後片付けを始めたころにはすでに夜の7時。午前11時集合だったので、8時間も一緒に遊んでいた計算になる。皆んな本当に音楽が好きなんだなぁ。
我以为第二幕的气氛完全变了,大家悠闲地喝酒啦,聊天啦——,不过,二胡聚会的成员好像还拉得不够,竟然团团围坐又开始合奏了。看到大家高兴的样子,我觉得:要是不管的话他们应该通宵达旦地继续拉二胡(我也是)。"咱们该收拾吧",开始拾掇屋子的时候已经到了晚上7点了。在这里集合的是上午11点,因此计算起来,我们一起玩了8小时之长!我深切地想:大家真的喜欢音乐呀!

ちなみに私は仕事の締め切りが控えていたため、帰宅後そのまま徹夜モードに。これさえなければもっと飲んでいたのに、残念だ。
顺便说一下,我面临着工作的截止时间,所以一回来就那样地开夜车了。要不然的话,我想喝多点酒,太遗憾了。



そして、二胡の集いin東京の次なる一大イベントは、何と!
ホール借り切って初コンサート
……やります。
于是,东京二胡聚会的下次的一大活动竟然是——
包租音乐厅举办第一次音乐会


日時●2007年6月10日(日)14:00〜 
場所●めぐろパーシモンホール 小ホール
日期●2007年6月10日(周日)14:00〜
场馆●目黑Persimmon Hall 小音乐厅


詳細は追って告知します。乞うご期待♪
详情容后奉告。敬请期待!



*→在剁馅儿(つぼみさん、谢谢。)
[PR]
by nohohonvillage | 2007-02-27 21:52 | 二胡

府中梅散歩

府中梅花园散步

先日、おむすびを持って梅の名所・府中郷土の森博物館へ行ってきた。
几天前,我带着饭团子去了梅花的名胜:府中乡土森博物馆

梅園内は見渡す限り梅の花。なかでも桃色や白の梅は今を盛りと咲き誇っていた。
梅园里是一望无际的梅花,其中粉红色和白色的梅花正在灿烂地开着。
d0085939_2294289.jpg


園の奥にはロウバイも植えられている。顔を近づけると甘美な香りが。
在园子里也栽着腊梅树,把脸靠近花就有甜蜜的芳香。
d0085939_22102100.jpg

d0085939_22101296.jpg

古民家好きとしては建築見物も外せない。特にこの越智家は素朴で暖かみがあって大好きだ。できるものなら庭ごと持って帰りたい。
对喜欢古民房的我来说,不看建筑物不能回去。园子里的建筑物中,特别喜欢的是这个越智家,因为又朴素又有温暖的印象。如果可能的话,我想把这房子连同院子一起拿回去。
d0085939_22124795.jpg

d0085939_2213084.jpg

この日は水車も回っていた。
那天水车也在转动。
d0085939_2214145.jpg

d0085939_22141440.jpg


水車の脇には水仙がひっそりと咲いている。
在水车的傍边一朵水仙悄悄地开。
d0085939_2215130.jpg


こちらにも古い農家(河内家)がある。今にもおばあちゃんが出てきて「おぉ、よう来たねぇ」と言ってくれそうな、開放的なつくりだ。
这里也有旧农家(河内家)。这所房屋结构开放,仿佛是老奶奶马上就要来迎接我们,说:"哇,你来了!"
d0085939_22154242.jpg

この軒下で昔、子供たちがおしくらまんじゅうをしていたかもしれない。
以前小孩们也许在这屋檐下挤着暖和过。
d0085939_2215571.jpg

高台から先ほどの水車を望む。市原悦子の昔話が聞こえてきそう。
从高岗眺望上述的水车,想听老奶奶讲的日本故事了。
d0085939_22172656.jpg

薬屋の島田家はいかめしい家構え。
药铺岛田家的外观威风凛凛。
d0085939_22173985.jpg

中にはひな人形が展示されていた。
家里展示着桃花节的木偶人。d0085939_22175299.jpg

こちらは江戸時代のひな人形か。どれも味のある顔立ちをしている。
这些好像是江户时代的木偶人,各个相貌有妙处。
d0085939_2218469.jpg

田中家の土蔵と白梅。
田中家的土墙仓房与白梅花。
d0085939_2219542.jpg

小学校(セピア色にしてみました)。
小学(我把照片的颜色变了深棕色)。
d0085939_22191790.jpg

そんなこんなであっという間に閉館時間に。
駅へ戻る道の脇にも菜の花が咲いて、春の訪れを告げていた。
看这看那之间就到了关门的时间了。
到车站回去的路上的傍边也开着几朵菜花,告诉春天终于到来了。
d0085939_22192730.jpg


最後にスライドショーで華麗なる梅の競演をご覧あれ。
最后请你们在这幻灯上看看华丽的梅花竞赛表演。
d0085939_131572.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-02-20 22:09 | 自然

ライバル現る!?

对手出现了!?


日本女子平湖组建二胡乐队
日本女性平湖で二胡楽団を結成

——日本新华侨报 2007年1月28日
——日本新華僑報 2007年1月28日


  【本报讯】在浙江平湖,活跃着一支由5名日本女子组成的二胡乐队,她们用这一中国民族乐器,与左邻右舍的中国朋友合奏了悠扬悦耳的和谐乐曲。
  【本紙報道】浙江省平湖で、日本女性5名からなる二胡楽団が活躍中だ。彼女たちはこの中国の民族楽器を使って、隣近所の中国人の友達とともに、抑揚のついた和やかで心地のよい曲を合奏した。

  "我准备考二胡六级,现在正抓紧练习呢!" 30岁出头的"中国迷"山口用生硬的普通话高兴地说。山口的丈夫在平湖某日资企业工作,她在日本就喜欢听中国"女子十二乐坊"的演奏,2005年初随丈夫来到平湖后,就找到当地的二胡"高手"徐建明老师,投身其门下开始了最基本的指法练习。去年,她和其他4位同样热爱二胡的日本姐妹组建了二胡乐队。
  「二胡検定6級に向けて、今暇を惜しんで練習しています!」30過ぎの「中国ファン」山口さんはたどたどしい標準語で楽しげに話す。山口さんの夫は平湖の某日系企業に勤務しており、彼女は日本にいるときから女子十二楽坊の演奏を聴くのが好きだった。2005年初めに夫と平湖に来ると現地の二胡の名手・徐建明先生を訪ねあて、門下生となって最も基本的な指使い練習をスタート。昨年、同じく二胡を愛する日本女性4人と二胡楽団を結成した。

  没有音乐基础,语言不通,手指不灵活,二胡乐队刚开始面临着很大的困难,但她们凭着对中国传统民乐的热爱,克服了这些困难。岩琪今年已经55岁了,她请徐建明老师将讲解的意思用中文写在纸上,回去后再用字典查找,翻译成日文,用标记注在每个音符下面,然后一遍一遍地反复练习。松浦为拉好《赛马》曲中的"抛弓"指法,连着一个星期苦练把指尖都练红肿了,终于流畅地拉出了生动的马蹄声。
  音楽の基礎もなければ、言葉も通じず、指もスムーズに動かず、二胡楽団は最初大きな困難に直面したが、彼女たちの中国伝統音楽への熱い想いがそうした困難を克服。岩琪(岩崎?:訳者註)さんは今年すでに55歳になるが、徐建明先生にお願いして説明の趣旨を中国語で紙に書いてもらい、家に帰ってから辞書で調べて日本語に訳し、それぞれの音符の下に記号で注釈を入れては、何度も繰り返し練習をしている。松浦さんは「賽馬」の"抛弓"の運指を覚えようと一週間も猛練習を続けたため指先が赤く腫れてしまったが、ついに躍動感あふれる馬の蹄の音を流暢に弾けるようになった。

   "真没想到,日本女子也能把中国的民乐演得如此活灵活现。"徐建明老师开心地说。
  在平湖"西瓜灯节"的民族音乐专场,在当地节庆日的文艺汇演上,这支独特的二胡乐队以其精彩的表演,赢得了众多观众的热烈掌声。

  「日本女性でも中国の民族音楽をこれほど生き生きと演奏できるとは、思ってもみませんでした」徐建明先生はうれしそうに話す。
  平湖の「西瓜ランタンフェスティバル」の民族音楽イベントや、祝祭日の演芸コンクールでも、このユニークな二胡楽団の演奏は精彩を放ち、多くの観客から熱い拍手をもらっている。

  二胡还"拉"近了她们与中国邻居的距离。住在钟埭街道洲阳光城的河村练习二胡后,楼上楼下的乐迷纷纷前来与她"切磋"技艺,一来二去很快就成了好朋友。山口从一起学二胡的当湖街道南市东村村民周美健那里学到了包粽子的好手艺。如今只要有空,山口就会自己动手包粽子,让家人分享中国美味。
  二胡は他にも、彼女たちと中国の隣人との距離を「弾き」寄せている。鍾埭通りの洲陽光城マンションに住む河村さんが二胡の練習を始めてから、上階や階下に住む音楽好きが次から次へと来ては一緒に腕を磨くようになり、そうこうするうちに親友になった。山口さんは当湖通り南市東村の村民・周美健さんと一緒に二胡を学んでいるが、彼女の家でちまきづくりの技をもマスターし、今では時間があれば自分でちまきをつくって、家族にも中国の美味しい食べ物を味わわせてあげている。

日本語は拙訳 日文是拙译





おっと、これは我らが二胡アンサンブル「楽遊」もうかうかしていられない。
現地で演奏を披露したのもすごいが、何より羨ましいのはちまきの作り方を教えてもらえたくだりだ。そんなおいしいものが褒美とあれば、我が愛馬ももうちょっとまともに走れるようになるかな。
哇,既然听到这消息,我们的二胡乐队"乐游"再也不能稀里糊涂了。
在当地开了演奏会很厉害,但让我最羡慕的是山口从中国朋友学到了包粽子的好手艺。要是给那么好吃的东西作为奖品,我心爱的马会不会跑得更正经一点?


「楽遊」の皆様、我々もいつか二胡を持って中国に乗り込みたいものですね。
"乐游"的成员们,总有一天我们也要带二胡去中国吧!
[PR]
by nohohonvillage | 2007-02-13 23:43 | 二胡

お茶どうぞ。

请喝茶。

一昨年秋に深センで買った3年ものの巴達高山茶王「大白毫」。
時間が経てば経つほどおいしくなると聞いて、大事にしまっていたのだが、先日中国茶好きの友人にねだられてついに開帳することと相成った。
前年秋天我在深圳买了储藏三年的巴达高山茶王"大白毫"。
店员说越过时间越好喝,所以我一直珍惜地保存的,但前几天被一位喜欢中国茶的朋友闹着要求,终于决定了公开于众。


d0085939_22182137.jpg

棚の奥から取り出してきたら、ふわ〜んとひなびた香りが漂い、深センのあの店を思い出した。あの主人と家族は元気にしてるかな。
我从架子的深处拿出来的同时,它就轻轻地发散了带有乡下的香味,让我想起深圳的那家茶叶店了——那位夫妻俩和儿子现在过得怎么样了呢?

d0085939_22372832.jpg

保存がきくようにがっちり固めてあるのを、ドライバーを使ってほぐしていく。
因为茶叶为了长期保存好好坚硬,所以我用螺丝刀擢碎了。

d0085939_22183670.jpg

一煎めは苦みがきついが、二煎、三煎とじょじょに甘みが出て、さながら田舎のおばあちゃん家の縁側で飲んでいるような気分になった。
第一杯有点苦,但是喝第二,第三杯甜味渐渐出来,我感到仿佛坐在乡下的姥姥家的套廊上喝茶一样的心情了。

d0085939_22395329.jpg


いつかこのお茶に会いに、シーサンパンナへ行ってみたいものだ。
于是我想:总有一天去西双版纳遇上这种茶。
[PR]
by nohohonvillage | 2007-02-06 22:26 | 中国

高菜LOVE♪

我爱高菜♪

銀座へ出たついでに銀座熊本館に入ったら、アメ色の阿蘇高菜を発見。袋の表面には「阿蘇だかな」とあり、三角巾をしたおばちゃんがニコニコ笑っている。
我去银座的时候,顺便走进银座熊本馆,发现了糖稀色的阿苏高菜。在口袋的表面上写着"阿苏高菜",也有一幅插图; 一位大娘戴着三角巾笑嘻嘻。

高菜漬は大好きなのだが、わが菜園では不作、かといって近所のスーパーのは着色料やら化学調味料が入っていて買う気も起きず、しばらく口にしていなかった。
ところがこの「阿蘇だかな」、念のため袋の裏を見てみると
「原材料 高菜、塩、胡椒」
おぉ、何と潔い! しかも会社名は「阿蘇町農産物加工部会」、いかにも農家のお母さんたちの愛情 がこもってそうだ。
虽然我很喜欢吃腌高菜,但是我菜园里的高菜歉收,尽管如此我家附近的超市卖的高菜都添加着色料和化学调味料,所以我不愿意买,好久没吃过它。
不过,这个"阿苏高菜"不一样,我为了慎重起见看口袋的背面,发现了:
"原材料:高菜,盐,胡椒"
哇,这么简洁! 也知道了;公司叫"阿苏町农产物加工部会",所以我推测这食品一定充满农家大娘们的爱情。


さっそく試しに一袋買って味を見たら、ずばり私のツボ!
毎日ついつい手が伸びて、気がついたら1週間で全部空けてしまっていた。
我马上买了一袋,尝了一下就完全入迷了!
每天不由得伸手吃,结果只一个星期就吃光了。


◆高菜とジャガイモの豚ひき肉炒め
 炒高菜土豆肉丝
d0085939_2245241.jpg

◆高菜&紫蘇ふりチャーハン
 高菜紫苏炒饭
d0085939_22453646.jpg

◆高菜とシャケのパスタ
 高菜鲑鱼意大利面

d0085939_2245507.jpg


さて、今度はいつ銀座へ行こうか。
那么,我下次什么时候去银座呢?



※代表者の村上ミツ子さんは農産物での町おこしではかなり評価が高い方らしい。
インタビューを読んでいたら、「老干媽」の陶おばさんを思い出した。関連記事
※据说代表这会的村上ミツ子是卖农产品使阿苏町活跃起来的人,评价相当高。
我看她的采访报道时,想起了"老干妈"的陶女士有关报道(日文)

[PR]
by nohohonvillage | 2007-02-02 22:48 | うまいもん