カテゴリ:日本( 54 )

因猫是另付钱的,不看了。

日光東照宮は修学旅行で来て以来、2度目の訪問である。世界遺産に指定されてさぞかし賑わっているだろうと思っていたら案の定であった。
日光东照宫是我修学旅行以来的第二次访问。我认为:由于指定为世界遗产的原因,那里应该多么热闹,果然不出所料。

まず日光山輪王寺宝物殿を見て、裏手の1200年の歴史を持つと言われる日本庭園「逍遥園」を散策。
先看日光山轮王寺宝物殿,然后去里面的日本式庭院《逍遥园》。听说该院子有1200年的历史。

池や石灯籠を配した庭園


池のほとりでエサを売っているせいか、足音を立てると鯉が喜んで寄ってくる。
不知道是不是因为池子的旁边在卖鱼饵,一有脚步声,鲤鱼就高高兴兴地靠近来。

色とりどりの錦鯉


こちらは随分お年を召しているようだ。
这位看来年纪相当大吧。

大きな錦鯉のアップ


表門をくぐると、徳川家康が関ヶ原の戦いで乗った馬を奉納したとされる神厩舎が見え、同時に修学旅行の思い出も蘇ってきた。そうそう、あのときもこの砂利道を歩いたっけ。
走进表门去就看到"神厩舍"。据说江户时代的初代将军德川家康在这里供献过胜利战争时骑的马。我一边看它,一边想起修学旅行的回忆。对了,那时侯也走在这条砂石道。

厩の上にはかの有名な三猿が、「見ざる、聞かざる、言わざる」
马厩上坐那些有名的三猴子,意味着:"不看,不听,不说"

三匹の子猿


修学旅行では三猿しか見てなかったが、実は厩をぐるりと囲んで、その一生が彫られていたのだ。
修学旅行时我只看三猴子,其实马厩的周围都有雕刻,雕出来猴子的一辈子。

たとえば、
「母親は子どもの将来までも考えている」
如,
"母亲连孩子的将来都考虑着"

子を抱き遠くを見る母猿


「二人で力を合わせれば、世の荒波も乗り越えていける」
"如果两个人共同努力,就能克服人生间的艰苦"

波の上の猿と手を差し伸べる猿


どのお猿さんも生き生きとして、今にも飛び出してきそうであった。
哪只猴子都雕得活泼泼,看来快要飞出来。

本殿に通じる唐門は文字通り中国テイスト満載。晴れていたらもっと派手だろうな。
通到本殿的唐门如字面那样,充满中国风味。要是天晴朗的话,应该更鲜艳吧。

霞む木々と東照宮の屋根

屋根の裏にもきらびやかな塗りが


そのいっぽうでいかにも日本的な石灯籠が立っていたりするから不思議だ。
另一方面,象是日本的石灯笼也站着,看起来有点奇怪。

苔やシダをかぶった石灯籠


この先に大人気の猫がいるのだが、見るだけで別料金を取られると聞いて「まぁいいや、昔一回見てるし」と入るのをやめた。といっても、このへんで猫の寝顔より思い出すのは、白人の老夫婦に英語で話しかけられ、発音を褒められて皆んなして色めきたったことだったりするから、記憶なんていい加減なものだ。しかし、今再び歩いてみると中国語を話す観光客のほうが圧倒的に多いようだ。
这里头有一只很受欢迎的猫(雕刻),但是听到还需要另付钱,我想:"那算了,我以前看过它一次",不进去了。在这里我先想起来的却不是猫的睡脸,而是一对白人老夫妻用英语招呼我们的:听到他们说我们的发音好,我们都轰动起来——,记忆是这么马虎的东西啊! 但我又走这里发现了:现在说中国话的游客绝对多了。

207段の石段を上ると徳川家康が眠る奥社がある。前はここまでは来なかったっけ。
207级石头台段的那边有德川家康安息的奥社。我以前好像没有来过这里。

長い石段と杉の木


踊り場から一枚。何となくあの世から下界を眺めている気分。
从休息台拍一张:总觉得从黄泉瞧着下界的心情。

眼下に石灯籠群


再び下界へ下りて杉並木の道を散策。
再次下到下界,散步在杉树林阴道。

こぬか雨の参道と杉並木


沿道の杉はどれも大きな老木で、時間があれば1本1本眺めたいほど風情があった。
沿道的杉树都是又大又老,真有趣,令人想:有时间的话,希望仔细看每棵树。

杉の大木と苔むした根


苔むした根元には小さなシダが両手を広げている。
根上长了青苔,小羊齿在张开双手。

苔の上に生えるシダの幼苗

[PR]
by nohohonvillage | 2007-11-16 22:36 | 日本

赤とんぼと虹の滝

红蜻蜓与彩虹瀑布

翌朝の奥日光は晴れ。湯ノ湖周辺を歩いているうちに、山の雲も上がってきた。
第二天的奥日光早上晴天。我在汤之湖的周围散步时,山顶的彩云也渐渐散了。

湯ノ湖遠景


これは昨日泳いでいたカモ一家かな。おーい、もう起きる時間だよ!
它们是不是昨天游泳的鸭子一家呢? 哎,该起来的时间了!

湯ノ湖の岩でうずくまるカモたち


趣のある橋がかかっていたので渡ってみると、
在湖上有一座风雅的桥,我过了一下,

湖にかかる木造のアーチ橋


そのまま切り取って庭にしたいような見事な景色があちこちに。
就到处看到美丽的景色,让人想把它就那样地剪下当做院子。

木漏れ日、朽ち木と湿原


木立とせせらぎ


そんななかで、赤とんぼが乱舞していた。枝先に止まってこちらを向いて、「どうだ、羨ましいだろ?」とでも言ってるかのよう。
其中红蜻蜓在乱舞。它停在树枝的末梢看着这边,好像是在说:"怎么样? 你羡慕我吧?"

せせらぎをバックに赤とんぼ


欄干では赤とんぼ展を開催中。
在栏杆上正在举办红蜻蜓展览会。

3匹の赤とんぼが等間隔に整列


こんなに近づいても逃げません。
这么迫近也不飞去。

赤とんぼの顔のアップ


まるでモデル気取り。
以模特儿自居。

欄干から湯ノ湖を見る赤とんぼ


と、赤とんぼと戯れている間にすっかり晴れ上がり、湖面がさらに美しさを増した。
我与红蜻蜓这样玩的时候,天完全晴朗了,湖面好看得多了。

陽射しを浴びて輝く湯ノ湖


先ほどの静かな湯ノ湖とは一変、轟音を立てて落ちる湯滝。
与刚才看的平静的汤之湖完全不同,汤瀑布发出轰响地流下。

湯滝全景


滝壺の傍には沢に沿って散策路があり、どうやら湯ノ湖や戦場ヶ原とつながっているらしい。機会があれば、一日かけてハイキングもいいな。
瀑潭的旁边沿着沼泽有散步道,看来与汤之湖以及战场之原连接。有机会的话,我要到这里来一天徒步旅行。

木立と清流


緑まぶしい戦場ヶ原。その昔修学旅行で訪れたことがあるが、春たけなわなのに肌寒くて、この辺もまだ枯れ野だった記憶がある。
绿油油的战场之原。我以前来这里作过修学旅行,还记得那时侯虽然是春色已浓,但是还有点凉丝丝,这里仍然是满目荒凉。

一面に広がる戦場ヶ原


龍頭ノ滝は名前の通り龍の鱗を彷彿させる滝であった。
龙头瀑布是如字面那样,令人想像龙鳞的瀑布。

段々岩を網目状に伝う水しぶき


激流のなか岩から生えている木があった。すごい根性だな。
我发现了激流中从岩石长出的一棵树。它真有骨气啊!

滝中央にモミの木


散策路を下って行くと「足休め処」があり、小さなお地蔵さんがお出迎え。
沿散步道走下去,碰到"休脚处",两位小地藏迎接我。

「足休め処、わらじ履き替え処」と書いた昔風の看板


大小の地蔵が寄り添う


2本の滝が合流する滝壺には綺麗な虹がかかっていた。
两条瀑布合流的瀑潭上挂一个彩虹,很漂亮。

滝壺と虹


だが山を下るにつれて雲行きが怪しくなってきて、再び見た中禅寺湖は霧のなかに。
不过,越下山云越多了,又看到的中禅寺湖已被雾笼罩。

霧の中禅寺湖畔


[PR]
by nohohonvillage | 2007-11-12 22:17 | 日本

奥日光でカモに嫉妬

在奥日光嫉妒鸭子

夏の終わりのある休日、奥日光へ行って来た。
夏天快结束的某休息天,我去了奥日光。

中禅寺湖はひっそりと静まり返っていた。この雰囲気、どことなく北海道の屈斜路湖を思わせるが、浮かんでいる白鳥は人工である。
中禅寺湖万籁俱寂。这气氛令人不由得想起北海道屈斜路湖,只是漂在湖上的天鹅是人造的。
d0085939_21421528.jpg


さらに足を伸ばすと湯ノ湖が見えて来た。
更一步走进去就看到了汤之湖。
d0085939_21423826.jpg


水面がまるで鏡のよう。
水面仿佛是镜子。
d0085939_21425435.jpg


湖の脇に苔むした遊歩道があったが、人っこ一人おらず、しんとして少し恐いくらいだった。
旁边有一条长了青苔的散步道,一个人都没有,什么声音都听不见,有点吓人。
d0085939_21431538.jpg


温泉街の奥に温泉源があり、一般の人も見学できると聞いたので地図を頼りに出かけてみると、もうこの辺りからすでに硫黄の臭いがプンプン。
听说温泉街的里头有温泉涌出的地方,一般人也可以参观,因此我看着地图去了一下,竟然在这边硫磺味儿已经很冲。
d0085939_21433396.jpg


色とりどりの湯があちこちから湧き出ているさまは面白く、いくら見ていても見飽きない。小屋のなかでは源泉が湧き出していて、各温泉宿へ供給されているそうな。
从各处涌出五彩缤纷的温泉的样子很有意思,看多长时间也看不够。据说小板房里涌出的源泉被供应给各个温泉旅馆。
d0085939_21435245.jpg


「硫化水素発生場所に顔を近づけないこと」と注意書きがしてあるのだが、皆んな覗かずにはいられない。当然私も。
虽然写着警告:"别将脸靠近硫化氢发生的地方",但是大家还是禁不住看一看。当然我也是。
d0085939_21441237.jpg


ちなみに産卵に来たであろうトンボはこんなことに……。
这些蜻蜓看来来下子儿的,但结果是这样——。
d0085939_21443243.jpg


その向こうは湿原になっていて、
那边有一片湿原野,
d0085939_21445613.jpg


カモ一家が一心不乱に何かをついばんでいる。
鸭子一家一心一意地在啄什么东西。
d0085939_21451187.jpg


私が近づいても目もくれない。足元がご馳走だらけでしかも食べ放題ときたら、人なんかかまってられないよな。
即使我靠近去也不屑一顾。既然脚下都是好吃的东西,而且可以随便吃,哪里还顾得上人啊!
d0085939_21452923.jpg


そして再び湯ノ湖に出てちょっと散策。
又去汤之湖散了一下步。
d0085939_21454512.jpg


透き通った水面にうっとり。
我被清澈的水面完全吸引了。
d0085939_2146213.jpg


そこで悠々と水浴びしていたのはやはりカモ。むー、こいつら都会の人様よりよっぽどいい生活してるなぁ。
在那里悠闲地游泳的还是鸭子。咳,它们的生活比城市的人家好得多啊!
d0085939_21461822.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-11-08 21:50 | 日本

天の花と地の花1

天空之花与地上之花1

先週末は楽しみにしていた花火大会の開催日。この夏はどこの花火も見逃してしまい、「これが最後!」と賭けていたものの、天気は無常にも朝から冷たい雨。なかば泣きそうな気持ちでホームページをチェックしたら何と「予定通り開催します」とあるではないか! さっそくいそいそとおむすびを握り、防寒用に毛布まで用意していざ出発。
上周末我一直想去看的花火大会举办了。今年夏天我哪个花火大会都错过了,因此我认为这回是今年最后看花火的机会,非得去不可。不过,天气是冷酷的,当天早上就开始下冷雨了。我感到就要哭泣起来的心情看看该网页,竟然说是"我们按照预定举办"! 我马上高高兴兴地攥饭团子,为了御寒,连毛毯都准备了才出发。

毎年恒例の尺玉百連発はなかったものの、コンピューター制御の凝った演出からゲゲゲの鬼太郎が登場するしかけ花火までどれもこれも面白く、あっという間の70分間であった。
虽然没有每年惯例的"尺玉百连发"(把一百个"尺玉"花火连续地发射。"尺玉"的大小有30公尺左右),但是用计算机控制的讲究的演出以及《怪怪怪的鬼太郎》的花样出现的特殊花火,什么都有意思,一眨眼的功夫70分钟就过去了。
d0085939_21443045.jpg

d0085939_21441772.jpg

d0085939_21452995.jpg

d0085939_21444315.jpg

d0085939_21451354.jpg

d0085939_21445874.jpg

d0085939_214409.jpg

d0085939_21454283.jpg



よろしければ動画でもお楽しみください(画像をクリック)
如果你有兴趣的话,点击画像,看看动画。

ニコマークはもう常連ですね。
笑脸标志已经是花火大会的老伙伴了。
Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket

シンプルな花火も負けちゃいません。
质朴的花火也不错吧。
Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket

往年の名曲がこんなことに!
从前的名曲是这样了!
Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket

エキサイティング&感動的な演出でした
……「そこの彼女」を除いては。
令人兴奋而感动的演出
——除了"那个女人"以外。
Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket

[PR]
by nohohonvillage | 2007-10-01 22:15 | 日本

せんきょくんの夏休み

小选举君的暑假

参議院選挙の期日前投票に行ってきました。いつもながら投票をするとポケットティッシュがもらえます。私がもらったのはこんなの。表ではせんきょくんが「投票に行こう!」と言っているみたいです。
我去了参议院选举的提前投票。和往常一样,投票之后可以收一袋口袋卫生纸。我收到的就是这样的。表面上看来小选举君说"咱们去投票吧!"
d0085939_22205733.jpg


そして裏返すと……、おやおや、せんきょくん7月29日は海水浴?(笑) 
ま、彼も期日前投票をすませたってことですかね。
然后把它翻过来看到——,哎哟,小选举君7月29日要去海水浴吗?(哈哈)。
这是意味着他也已经去提前投票了,是吧?

d0085939_22211568.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-07-26 12:21 | 日本

白川郷で考えた

白川乡随感

その後、憧れの白川郷へ。バスで山道を揺られること1時間半、ついに目的地に着いた。駐車場と荻町集落をつなぐ橋からは雪山が見渡せる。
此后,去了一直向往的白川乡。被公共汽车颠簸了一个半小时山路,终于到了目的地。连接停车场与获町村落的桥上能了望雪山。
d0085939_0124052.jpg

集落沿いの川は深い青をしていて、思わず郷里の吉野川を思い出した。
沿着村落的河流深蓝,我禁不住想起故乡的吉野川
d0085939_014515.jpg

荻町集落。
获町村落。
d0085939_0153442.jpg

みやげ屋と整備された水路。昨日飛騨の里を歩いたときは「明日は人が実際に生活している古民家を見るんだ!」と心躍らせていたけれど、ここは飛騨の里以上にテーマパークらしい。
土产店与修建好的水路。昨天我在飞騨之乡走的时候,高兴地期待着:"明天我会看人们实际上住的古民房!",不过,看上去这里比飞騨之乡更象人造公园。
d0085939_0164957.jpg

むしろこんな光景のほうが心和むなぁ。
让人心情平静下来的就是这种情景。
d0085939_0173057.jpg

……と写真を撮りながら、はっと我に返った。私は何を求めてここへ来たのだろう。白川郷には夏になると観光バスが連なってやって来て、道も店も人で溢れ返り、なかには傍若無人な振舞いをしていく客も少なくないとか。それを知ったときは何と失礼な! とあきれたが、自分も人の家の前で写真を撮っては、「もっと生活感のある風景がほしいなぁ」などと思っているのだから、五十歩百歩ではないか。
我一边想一边拍了几张照片,突然 醒悟到:我是想做什么才来这里的? 有人说一到夏天,多辆游览车结队而来白川乡,道路上以及商店里都挤满了游人,其中举止旁若无人的也不少。我听到这个,就想:"真是个不可救药的家伙!",但是我现在在人家的前面拍照片,还想要拍更有生活感的情景,也差不多一样吧。
d0085939_10411137.jpg

荻町集落を出て合掌造り民家園に行ってみた。ここは1972年に白川村の離村民家25軒を移築、展示した博物館である。ある民家では、昭和40年頃にある集落が離村する際撮影されたドキュメンタリービデオが流されていた。先祖代々大切にしてきた村を、生きていくために去らざるを得ない経緯※が描かれたもので、見ていた私はそのときの村人の悲痛を思い、胸が詰まった。白川郷の風景は観光への道を選ぶことでかろうじて生き残ったけれど、日本には同じような事情でこの半世紀足らずのうちに廃れた美しい山村がどれほどあっただろう。私はいつしか再び自分の生まれ故郷に思いを馳せていた。そこもやはり過疎化が進んで久しく、先日も中学校と高校が統合された。
我离开获町村落,去了一个博物馆叫"合掌造民家园"(合掌造:人字木屋顶建筑,民家:民房)。里面有25所左右的民房,是随着白川村村民的离村,1972 年从各地迁筑的。在一所民房里上映昭和40年(1965年)左右一个村落居民离村时拍的录像。这纪录片把居民为了生活下去,不得不离开祖祖辈辈爱护的村落的经纬※描写,看的我不由得想像他们当时感到的悲痛,心理难受了。白川乡的风景选择观光之路后好容易才保存下来,不过我不知道:在日本这不足五十年里,由于同样的事情消失的美丽的山村有多少。我不知不觉又想起了自己的故乡。那里的人口也长久以来持续减少,前几天因为学生太少的缘故初中与高中合并了。
d0085939_0232133.jpg

寒風吹きすさぶなか、道祖神がたたずんでいた。この神様もかつてどこかの辻で、遊んだり学校に通ったりする子どもたちを見守っていたのだろうか。
寒风狂吹之中,站着一位守路神。它也曾经在某个路旁照料过孩子们玩耍或去学校吗?
d0085939_0242281.jpg

例年であればこの時期は雪に覆われているらしい。民家園の職員の手植えだろうか、可憐な黄色や紫のクロッカスが心を和ませてくれた。
据说往年这个时候这里白雪覆盖。藏红花可能是民家园的职员亲手种的,黄色与紫色的花很可爱,让我的心情暖和起来了。
d0085939_0255289.jpg



※参考サイト:「飛騨の歴史」(日本語)
※参考网页:《飞騨之历史》(日文)

[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-20 00:21 | 日本

高山街歩き

闲逛高山市街

そして翌日。
第二天。

宿の温泉は朝もやっていると聞き、早起きしてひとっ風呂浴びたのが運の尽き。外の気温は4度しかなく、高山市街へ出て数分も経たないうちに芯から冷えてしまった。何とも不覚である。
我听说饭店的温泉早上也能利用,早早起来泡了一下,却运数已尽:外面气温只有4度,来到高山的街后不过几分钟就冷得彻骨了。真是粗心大意搞糟了。

街なかを流れる宮川。昨日見た山々の雪解け水が流れ込んでいるのだろう。
宫川河流经高山市内。昨天我看的那些山的雪水应该流入到这里。
d0085939_21422342.jpg

大黒様がお出迎え。これも一刀彫かな。
财神在迎接我们。这也可能是一刀雕刻。
d0085939_21431111.jpg

宮川朝市をひやかす。
溜达一下宫川早市。
d0085939_2143513.jpg

地元民でも寒さが応えるのか、商売っ気のないおじいさん。
不知道是不是因为连对当地人也冷得厉害,这位老爷爷不热心赚钱。
d0085939_21443636.jpg

古い町並み。朝早かったので、博物館も店もほとんど開いていなかった、残念。
陈旧的街道。来得太早,博物馆与商店几乎都没有开,真遗憾。
d0085939_21462027.jpg

上三之町。風情あるたたずまいの民家に吸い寄せられて見たら、歯医者さんだった。
上三之町。被充满情绪的一所民房吸引着去看才知道:竟然是牙科。
d0085939_21472155.jpg

軒続きの家は藤井美術民芸館。歯医者さんの私設で、大正時代からの収蔵物を公開しているそうな。
毗连的房屋藤井美术民艺(民间工艺)馆据说是牙科医生自己设立的,公开展示从大正时代的收藏物。
d0085939_2148102.jpg

おっ、ここにも持って帰りたいものが!
哇,我把这个也想拿回去了!
d0085939_21485434.jpg

木の産地だけあって、家具店も多い。この辺は旧暦で祝うのだろうか、店頭に高山土人形のおひな様が飾られていた。
飞騨是木材的产地,因此市内有不少家具店。这地方好像以农历庆贺,桃花节用的高山泥人摆在铺子前面。
d0085939_21493778.jpg

前回来たとき見逃した高山陣屋まで足を伸ばす。陣屋とは江戸時代のお役所のことで、入り口からして厳かな趣きが漂う。
上次错过的高山阵屋也去了。阵屋是江户时代的衙门,从门口上看就具庄严的风韵。
d0085939_21503486.jpg

庭もかように飾り気がない。板張りの長い廊下を歩きながら、何人もの侍たちが慌ただしく行き来する様を想像した。
院子也这么朴素。我在长木板走廊上一边走,一边想像了好几位武士们忙忙碌碌地来来往往的样子。
d0085939_21511928.jpg

いろりの魚も主がいなくてちょっと寒そう。
地炉上的鱼没有主人了,好像也有点冷。
d0085939_21515420.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-18 21:52 | 日本

駆け足で飛騨の里

走马观花看飞騨之乡

先月末、高山・白川郷に行って来た。都内はすでに初夏の陽気だったので、道中山桜が見えるかもなどと期待していたがとんでもない! 峠にさしかかる頃には車窓の向こうは一面冬景色に……。
我上月末去了高山与白川乡。当时东京都内已经暖和得象初夏一样,所以我期待在去的路上能看到山樱花,但真是出于意料,汽车就要开进山岭的时候,映上车窗的都是冬天的景色了。

平湯バスターミナルからの眺め。
从平汤汽车站的远望。
d0085939_22335798.jpg


道路脇の川は雪解けのせいか、滔々と流れていた。身を切るように冷たいに違いない。
道路的旁边有一条河,可能是因雪化了,波涛滚滚。水应该冷得刺骨。
d0085939_22351546.jpg

高山へ着いたらもう夕方になっていた。 タクシーをつかまえ、一路飛騨の里へ。飛騨の里は昔の飛騨の人々の暮らしが学べる体験型の博物館で、数年前、紅葉の時期に訪れたことがあり、かねがねまた来たいと思っていたところだ。ちなみに今回はモデルを2人連れている※。
到了高山的时候已经是傍晚,我马上叫出租汽车,直奔飞騨之乡。飞騨之乡是一个"体验型"的博物馆,里面能体验飞騨人的过去的生活,我几年前红叶的季节访问这里以来,一直想再来。这回我把两位模特儿带来了※。
d0085939_22373070.jpg

入り口脇の池では、以前と変わらず白鳥がのんびりと泳いでいた。違っていたのは、観光シーズンでないうえ、閉館時間も迫っていたので閑散としていたことだ。でも、そのおかげで貸し切り気分で見学できたのでよかったかもしれない。
门口的旁边有一个池子,与以前我来的那天一样,一只天鹅悠闲地游泳。与以前不一样的是,因为这回不是观光的季节,而且关门的时间快到了,所以里面很冷清。不过,幸亏这个,我一边感到包租一样的心情,一边能参观,可能是好事吧。
d0085939_2238572.jpg

年月を経て苔むした茅葺きの屋根。説明によると、これら合掌造りの家々では1階で人と馬が暮らし、 2階から上は養蚕のために利用されていたという。
年久生苔的草顶。根据说明,这些人字木屋顶建筑的家里,人与马住在一楼,二楼以上为了养蚕用。
d0085939_2240416.jpg

苔には赤い花(胞子体)がついていた。これからどこまで飛んでゆくのかな。
青苔长了红色的花(胞子体)。不知道它们会飞到哪里。
d0085939_22405715.jpg

畦の脇には獅子おどしが。この景色をそのまま持って帰りたい。
田埂的一旁有"鹿威"(一种农具:用竹子与水发出音响,威胁害兽)。我想把这个景色都拿回去。
d0085939_22424792.jpg

田んぼから高山市街が見渡せる。
从水田能了望高山市内。
d0085939_22434825.jpg

工芸集落では飛騨地方の職人さんが実際に居住しながら、実演を見せたり、弟子に技を教えたりしているとか。 ここは機織りの部屋。そういえば祖母の部屋もこんなふうで、柱時計がカチカチと時を刻んでいたっけ。懐かしいなぁ。
听说在工艺村落里几位飞騨的手艺人亲自居住,让客人看当场表演,教徒弟工艺技术。这里是织布的房间。哦,想起了,我姥姥的房间也是这样,挂钟滴答滴答地刻画过时间。真令人感到怀念。
d0085939_2245646.jpg

一位一刀彫も飛騨の伝統工芸のひとつ。眠り猫やあくびだるまなどのユーモラスな作風に職人さんの人柄が伺える。
"一位一刀雕刻"也是飞騨地方的传统工艺之一(只用凿子凿水松)。猫在睡,不倒翁在打哈欠——作品都凿得幽默,容易想像到手艺人的人品。
d0085939_22463096.jpg
d0085939_2246455.jpg

飛騨は桜どころかまだネコヤナギの季節だった。
在飞騨哪里谈得上开樱花,仍然是褪色柳的季节。
d0085939_22473965.jpg

工房の庭先でまたまた持って帰りたいものに出くわした。朽木までうまく使うのは、木の多い土地ならではのセンスだろうか。私なら間違いなく野菜を植えてしまうけど。
在工作室前面的院子里碰见了一个东西,又想拿回去了。连把朽木也用得这么美,是不是树木多的地方独特的? 要是我用的话,一定会种蔬菜的。
d0085939_22484835.jpg

帰り道、バス停近くの水路でふきのとうを発見。 実際生えているのを見たのは子どもの頃以来だ。なんだかうれしくなって、いくつか摘んでポケットに入れる。さてどうやって料理するかな。
回去的时候,在汽车站附近的水路上发现了蜂斗叶的花茎。我从小时候以来好久没亲眼看过它,不由得高兴起来,摘了几个,在口袋里放进去了。我要把它怎样做成菜呢?
d0085939_22495113.jpg



※同行者の様子は住人日記「Qごろうとむしくんのヒダジ。」にてご覧になれます。
※请在住人日记《Q吾朗和小虫的飞騨路》上看同行者的样子。


[PR]
by nohohonvillage | 2007-04-16 22:41 | 日本

探险毛利与土佣世界

どうやらぺりおさんのところで楽園の神々に召喚されたらしい。仕事をしながらもあの顔が頭から離れず、一段落ついたある日、ついに東京国立博物館へ足を運んだ。
我好像在Perio女士那里接到了乐园神仙们的召唤。因为他的脸在我做工作时也浮现在眼前,所以工作告一段落的那一天,终于去了东京国立博物馆

うららかな陽射しを浴びながら、上野公園をてくてく通り抜ける。道ばたでオカリナ奏者がトトロのテーマを吹いていて、幼稚園帰りの男の子が「トトロだーっ!」と歓声を上げていた。「私も二胡持って来たらよかった」と立ち止まりそうになる気持ちを抑えて目的地へ。
一边沐浴着明媚的阳光,一边不住脚地穿过上野公园。在路旁有一位洋埙演奏者,在吹《龙猫》的主题歌,从幼儿园回家的男孩子在发出欢声:"是《龙猫》!" 看到他们的样子我想:"我也应该带二胡而来这里", 但是我好歹打消停步的念头,赶路到目的地。

博物館の手前ではヒカンザクラがもう満開。
在博物馆的这边绯寒樱花已经盛开了。
d0085939_23172973.jpg
d0085939_2317441.jpg

本館は1930年の設計だとか。外観も立派だが、中へ入ると大理石をふんだんに使った風格あるたたずまいに思わず息を呑む。
据说正楼是1930年设计的。宏伟的外观不待言,里边也大量用大理石,形状与气氛都具有一种风格,动人心弦。
d0085939_23185511.jpg
d0085939_2319762.jpg

さて、お目当ての「マーオリ 楽園の神々」は隣の平成館2階で開催していた。入り口でさっそく噂の「マオリ石」を発見し、そっと触ってみると、なんともすべすべして気持ちいい。そういえば小学校時代の夏休みに、吉野川でこれとそっくりの色をした石を拾ったのを思い出した。伯父に見せると「これは珍しい石だ。大事に持っていなさい」と言い、研磨機でピカピカにして手渡してくれたっけ。あの石はどこへ行ったかな?
我最想看的"毛利——乐园的神仙"在傍边的平成馆2楼举办。在会场的门口发现了在网上成了话题的"毛利石",我轻轻地摸了一下,表面很光滑,摸得真舒服。这时候我想起:小学生的暑假时,我在吉野川(四国地方的一条河)捡了颜色与这个毛利石一模一样的石头。我让舅父看它,他说:"这是珍贵的石头。你好好珍惜着",用研磨机琢磨得闪闪发亮后,亲手交给了我。那个石头现在去哪里了?
d0085939_232117100.jpg
画像は東京国立博物館のページよリ 画像是东京国立博物馆的网页

展示をひとつひとつ見ていると、以前ニュージーランド旅行でオークランド博物館を訪れたときの興奮が蘇ってきた。
我一个个地看展示物,不由得重新浮现起来了以前去新西兰旅游访问奥克兰博物馆时的兴奋。

何よりマーオリの人面彫刻は眼力がすごい。そういえば彼らが儀式の際、目を見開いて舌を出すパフォーマンスも、敵を威圧する動物の仕種とよく似ている。石やクジラの骨からつくった武器は美しいけれども、殴れば頭蓋骨を貫通するほど頑丈だと聞くと畏怖すら覚える。1000年前に楽園を求めてやってきたそうだが、偶像の険しい表情や武器の豊富さからして、彼らの生活にはつねに部族間闘争の緊張にさらされていたのではないだろうか。それにしても酋長の写真の威厳のあること! 顔に入れ墨しているせいもあるのだろうが、自然を尊び、強きをくじき弱きを助けるような、厳しさと優しさを兼ね備えた人たちだったに違いない。顔には徳が出るもの。今どきの汚職官僚や政治家のだらしない顔とは格が違う、というより比べるほうが失礼か。
其中最我感动的就是人面雕刻的眼力。我觉得,毛利人在仪式上睁开着眼睛,伸舌的演出很象压制对手的动物的动作。用石头与鲸鱼的骨头制作的武器美丽是美丽,但听到这种武器都特别坚固,一打头就穿过颅骨,我连畏怖之念也怀了。据说他们1000年前为找乐园而来这岛,但是从偶像的严肃的表情与丰富的武器来看,我觉得:他们的生活可能经常暴露部族间斗争的紧张。即使那样,酋长的照片充满了威严。即使脸上的刺青也有效果,它仍然使我相信:他们应该是尊重自然,抑强扶弱,兼有严肃与慈祥。脸上自然会露出品德的。现在贪污的官僚与政治家的脸长得不检点,与毛利酋长品格根本不同——,不,比较是对酋长的不礼貌吧。

などとあれこれ考えていたらあっという間に時間が経っていた。案内板を見ると、本館や東洋館で空海の風信帖展、アイヌの暮らし展、インドネシアの染織展なんかもやっているらしい。こんなペースではとても回り切れないと歩を速めて1階へ降りたら、廊下脇に考古展示室を発見。何と、私の郷里・四国の古墳出土品展をやっているではないか。先ほどのマオリ石が取り持つ縁だろうか。ぜひとも見ておかねば、と思いながら歩いていくと、次の部屋では愛くるしい埴輪につかまってしまった! ここでは写真を撮ってよい(フラッシュ、三脚は不可)と知って、可憐な埴輪群を一点一点カメラに収めていたら、無情にも「まもなく閉館です」のアナウンス……。というわけで、明との交易が盛んになる頃で探検は終了、近々のリベンジを心に誓い、博物館を後にした。
想这想那,转瞬间时间过去了。从向导板来看,在主楼与东洋馆也在举办展览会,介绍空海(8世纪在四国出生的高僧)的书法"风信面",阿伊努族的生活,印度尼西亚的染织等等。现在我的步伐有点慢,怎么也不能去看全部——,所以我加快走到楼下,发现了走廊的傍边有"考古展示室",在那里竟然举办从我的故乡四国的古墓出土的东西! 这是不是上次我摸的毛利石斡旋的缘分呢,我非看不可——边看边走,在下面的房间我又被逗人喜爱的土佣拽住了! 因为我知道在这会场可以拍照片(只是用闪光与三脚台不行),所以把可爱的土佣们一一地拍摄,却听到了无情的播送:"快要关门了"。结果我的探险日本与明朝的买卖盛行起来的时候结束了,内心立誓:再次来看的时候一定要看全部,离开了博物馆。

それにしても長年東京に居ながら、マーオリの神に呼ばれるまでこんな素晴らしい博物館に一度も足を運んだことがなかったとは、日本人としてちょっと恥ずかしい。まぁ、これもマオリ石が結ぶ縁だと思って素直に喜ぶことにするか。
话虽如此,我住在东京好几年了,但从来没去过这么优秀的博物馆,现在被毛利的神仙召唤才实现了第一次的来访,这是作为一个日本人有点羞耻的事。可是从别的方面来看,这也是一种毛利石斡旋的缘分,我还是要由衷地高兴。

「ハイ、いらっしゃい〜」と入り口で踊る埴輪。
これを見て欧米人男性2人組がウケていた。
"你们好! 欢迎欢迎〜" 门口的土佣在跳舞。
两位欧美男人看到它们,哧哧地笑。

d0085939_23313657.jpg

指先サイズの土偶たち。時代が違うとは言え、マーオリの神々に比べて何とのどかであることよ。
手指大的陶俑。虽然时代不同,但是与毛利的神仙比较起来,它们多么悠闲啊!
d0085939_23324522.jpg

色鮮やかな勾玉。
勾玉彩色显得鲜明。
d0085939_23341487.jpg

シルクロードを旅したかもしれないガラス製品や金細工。
玻璃制品与金工艺也许穿越丝绸之路来到日本的。
d0085939_233616.jpg

「ローマン・グラスのアジアへの交易ルート」。地図を見ていたら私も旅したくなってきた。
标题是"浪漫玻璃到亚洲的途径"。一看这幅地图,就想去旅游了。
d0085939_23361643.jpg

そして、めくるめく埴輪ワールド!!
于是,我要介绍令人目眩的土佣世界!!
d0085939_23381684.jpg

まだ見足りない方はスライドショーでどうぞ。
そして、それでも見足りない方は東京国立博物館へ♪
(↑回し者じゃございません〜笑)
你看得不够吗,那么看看这幻灯。
还不够的话,请去东京国立博物馆一下♪
(↑我并不是博物馆的推销员,呵呵)

d0085939_131572.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-03-08 23:15 | 日本

デジカメ再修理に思う

关于再修理数码相机的随感

私は2001年にスキャナを、2002年にプリンタを相次いで買い、さらに2003年にデジタルカメラを手に入れた。3機種ともC社製品である。どれも、カタログを念入りに見比べて、家電店に何度も通って触って確かめ、機能・デザイン・価格の面で納得がいったから買った。
我相继在2001年,2002年购买了扫描机,打印机,并且2003年得到了数码相机。 三机种都是C公司的产品。哪个都是看目录周到地比较,去家电店好几次,亲手确认之后,机能,设计和价格都称心才购买的。

ところが、2004年、修理保証期間が切れるか切れないかという頃に、デジカメの調子が悪くなり始めた。撮ったはずの画像がときどき表示されないのだ。それでもメモリカードを初期化すれば復活するので、最初はだましだまし使っていたが、1、2カ月経つと頻繁にエラー表示が出るようになり、観念して修理センターへ持ち込んだ。
然而,2004年快修理保证期间到期的时候,数码相机的运转不灵了;拍摄的画像有时不表示。因为把存储卡初始化就好了,所以当初凑和着用,但是过了1,2个月后频繁地表示错误,结果我不抱希望地把它带到了修理中心。

修理代があまりに高ければ、新しいのを買うしかない。それにしても買って1年ちょっとでこんな現象が起きるとは、それこそタイマーが仕掛けられているんじゃないか? パソコン周りをC社製品で固めていた私としてはいささか裏切られた気持ちになった。
要是修理费太贵的话,我不得不买新的。尽管这样,购买后只过了一年多,就出现这种现象,这不是因为里面被按了计时器吗? 对把电脑周边的机器弄成全是C公司制品的我来说,感到有点上当的心情。

しかし、修理センターの担当者からは「保証期間中から症状が出て、だましだまし使っていたということでしたら、無料修理とさせていただきます」との説明が。
何ともユーザー思いの対応ではないか!
私は感激しながら1週間後、修理済みのカメラを受け取った。
不过,修理中心的担任者说明:“据说保证期间内也有这个症状,而且您说凑和着用,那么我们可以免费修理。”
这真是为用户考虑的应酬呀!
我非常感激,一个星期后收了修好的相机。


だが今年の夏、何の気なしにカメラ関係の掲示板を見ていて驚いた。私が修理したのと同じ時期に、同じ機種で、同様のエラーが多数報告されており、カメラではなくカード側の問題とされたが他社カードでも問題が起きたという人や、 有料修理と言われて「高い修理代を払うくらいなら」と新しい機種を買った人もいたのだ。そして今年4月、C社は相次ぐこの不具合に関してやっとリコールを発表したことも知った。
今年夏天,无意地看关于相机的留言板的我却吃惊了,很多人在我修理相机的同时报告同样的机型上发生的同样错误。其中有人说:该公司说错误不是相机,而是存储卡的原因,不过用其他公司的卡也发生了错误,别人说:因为该公司说是收费修理,所以想“与其花很多修理费”,结果买了新机型。我还知道了:今年4月,关于相继发生的这问题,C公司终于公告了回收修理。

さて私のカメラだが、先月から再び同じ症状を呈し始めた。しばらく様子を見ながら使っていたがやっぱりダメだった。
「2度目です。必ず直してください!!」
修理依頼の手紙に赤字でなぐり書きしながら、ふと思った。
ーーこのカメラをつくった人や修理した人は、一体どんな思いで仕事していたのだろう?
却说我的相机,从上个月又呈现与以前同样的症状了。我一会儿看着情况使用,果然它又不行了。
“这修理是第二次的,请一定修好!!”
在委托修理的信上写红色的潦草字时,我忽然想:
--制作或修理这架相机的人到底怀有什么感情干活儿的?


これも後で知ったことだが、C社は偽装請負で労働局の指導を受けているが、これに関して同社会長は悪びれるどころか、法律を見直せと主張したらしい。しかも彼は、ホワイトカラー・エクゼンプションという名の残業代カット合法化を先頭に立って推し進めているのである(その他の彼の「ビジョン」も庶民には到底信じがたい内容ばかりだ)
这也是此后知道的:据说C公司由于伪装包工被劳动局指导,该公司会长关于这问题,不但没有感到紧张,反而主张修改法律。而且他现在领头推进white collar exemption;削除加班费的合法化(他的其他“理想"都是百姓到底难以相信的内容)。

私は、ビジネスは人と人との信頼関係が第一だと思っていたが、この会長は金さえあればビジネスは成功するとでもお考えらしい。従業員も使い捨てなら、つくる製品も使い捨てのレベル。当然客の信頼も損なわれる。だとしたら、その下で働く従業員のモチベーションが高まるはずはなく、たった3年で2回も修理に出さねばならないような製品が出来てもおかしくはないだろう。
我曾认为:做生意上最重要的是人与人的信赖关系,可是这位会长好像认为:只要有钱,生意就成功。既然工作人员是一次性,制品的水平也是一次性。当然客人的信赖被损害。如果这样,在他手下工作的人不会卖力气,结果做出3年内得拿去修理两次之多那样的产品也不奇怪。

私は、よりよいものをつくるために頑張っている人たちには喜んで対価を払いたい。だが、彼らの取り分をピンハネして、さらに奴隷化を目論むような輩にはビタ一文もやりたくはない。だから、これから買い物をするときはCMのイメージや価格の安さにばかり惑わされないで、自分の払った金の行き先にまで思いを致さねばなるまい。(参考サイト:パレスチナ情報センター
我乐意给努力做更好产品的人付价款, 但是,象揩他们的份儿的油,还策划奴隶化那样的家伙我一文也不想给。所以从现在起买东西的时候,不应该光被广告的印象和便宜的价格所惑, 而应该想想自己支付的钱最后去哪里。(参考网页;巴勒斯坦信息中心

この年末、年賀状制作やクリスマスプレゼントでプリンタやデジカメを買おうとしている、特にサラリーマンの方は、ぜひとも注意深く製品を選んでほしいものだ。
我希望这年底为了制作贺年片或作为圣诞节礼物要买打印机或数码相机的人--特别是工薪族一定好好注意地选择制品。
[PR]
by nohohonvillage | 2006-12-20 23:15 | 日本