我が南高梅セラピー

我的南高梅疗法

出先でトラブルに遭って凹んで帰る途中、駅前の八百屋さんで完熟南高梅が特売になっているのを発見。久しぶりに梅干を仕込みたいと思っていたところだったので、迷うことなく1kgレジへ持って行ったら、コワモテのおじさんが満面の笑みで「これは紀州産南高梅だからね、ホントにおいしいヨ〜!」と言いながら、袋に入れ手渡してくれた。
我外出遇到了麻烦事,萎靡不振地回来的路上,发现了车站前的蔬菜店廉价出售成熟的南高梅。正好我隔了好久在想腌咸梅,毫不犹豫地拿着1公斤去柜台,仪表使人畏惧的大叔满面春风地说:"这是纪州产南高梅,真的好吃嘛〜!"(注解:纪州是和歌山县的旧称。南高梅是和歌山县特产的梅子的最高品种),把它放进袋子里递给我。

おじさんが太鼓判を押すとおり、さすがは南高梅、電車のなかでもほのかによい香りが漂い、隣に座った人が私の手元に目をやるほどであった。家に着くやさっそく袋を開けると、甘〜い香りにクラクラ。目を閉じるとキッチンが桃源郷(梅源郷?)になったかのような気分になる。この香りに出会えただけでも、生きててよかった……としみじみ思い、些細なことで悩んでいるのが馬鹿らしくなってしまった。果物の香りを嗅いで鬱々した気分が吹き飛ぶ自分も現金ではあるが。
像大叔打保票那样,真不愧是南高梅,在电车里也发散幽香,结果坐在旁边的人注意到我的手边。到家后,我马上打开袋子,甜蜜的香味令人陶醉。一闭起来眼睛,就有厨房好像变成了桃源乡(梅源乡?)的感觉。我痛切地想:人只能闻到这芳香,就值得活着,为小事烦恼太无聊了。虽然只要闻水果的香味,忧郁的心情就消失的我头脑也简单。




1個1個ヘタを取りながら、生まれたての赤ちゃんを洗うように優しく水で洗い、清潔な布で拭いて35度の焼酎をまんべんなくスプレーした後、煮沸したホーロー容器に塩と梅を交互に入れてゆく。
一个一个地去掉蒂,像洗刚生下的婴儿那样温存地水洗,用干净的布擦,平均地喷上酒精度35度的烧酒后,在煮沸的珐琅容器里交错放盐与梅子。




色づいた梅と雪のように白い塩のコンビネーションは何度見ても美しい。
呈红的梅子与雪白的盐的配合,我看好几次也觉得很漂亮。




いちばん上に塩を多めに振り、
在最上面多撒点盐,




焼酎をしみ込ませた和紙で覆い、重石(私は水入りビニル袋)をし、最後に蓋をして仕込み完了。
用烧酒浸过的和纸掩盖,用压重物(我用了里面放水的塑料袋)压,最后盖好才准备完。




重石は最初500gだったが梅酢が思うほど上がらないので、倍に増量したら翌日には梅がほとんど浸かるくらいになった。
压重物当初用了500克,不过渗出来的梅汁没有我想像过那么多,所以增加了一倍,结果第二天梅子几乎都泡了。




今から梅雨明けの天日干しが楽しみだ。
我从现在起高兴地等待着梅雨结束后在阳光下晾干它。



梅と言えば、先日キッチンを整理したとき、5年前に漬けた梅酒が手つかずで出てきたので、梅酒ゼリーをつくってみた(参考サイト。私は砂糖の代わりに蜂蜜を入れた)
要说梅子,我前几天收拾厨房时,5年前泡的梅酒照原样地拿出来了,所以做了梅酒果冻(参考网页。代替糖,我放了蜂蜜)



私は梅酒の実も好きなのだが、この梅は、長い間に美味しい成分は出つくして苦味しか残っていなかった。……いやはや、お務めご苦労!
我喜欢吃梅酒里的梅子,可是这个梅子泡了长时间,好吃的成分都渗出了,只有留下苦味。──哎哟,工作辛苦了!
[PR]
by nohohonvillage | 2009-06-23 22:09 | うまいもん