石垣島路地探検

石垣岛小巷探险

旅の最終日は早起きして路地を探検した。
旅游的最后一天,我早早起来去探险小巷。

鳥居には「船着御殿」とある。海上安全の神様だろうか。
牌坊上写着"船着御殿"。是不是海上安全之神呢?




この雰囲気、北京で見た胡同を思い出すなぁ。
这个气氛,让我想起在北京看的胡同。






初めて来たのに懐かしい小道。
我第一次来这条小路,却令人怀念。




でもすだれは熱帯仕様だ。
可是帘子是热带型。




広い庭を持て余しているらしい。ベランダ菜園の身にはうらやましい限り!
这家院子大,看来用不过来,只有阳台菜园的我羡慕得不得了!




と思えば、こちらは庭の隅を有効活用。さすが石垣、植えてあるものが違う。
另一方面,这家充分利用院子的角落。不愧是石垣岛,栽培的内容不一样。




その後、宮良殿内へ足を伸ばした。りっぱな赤瓦は外からでも目立つ。
此后,我去了"宫良殿内"。红瓦很漂亮,从外面看也显眼。




入場料を払うはずだが、受付には誰もいない。庭いじりをしているおじいさんがいたので聞くと、手を休めることなく、「あそこの机に置いといて」。
我应该付入场费,不过谁都不在问讯处。我看见一位老爷爷,问了问,他不停手,说:"放在那里的桌子上。"




縁側からしばし庭を眺める。
从后厦暂时看院子。




すると、学生らしき観光客グループがやってきて先ほどのおじいさんと話をし始めた。写真を撮りながら横で聞いていると、何とこのおじいさんがここの当主だということがわかった。
这段时候,好像是学生的游客团来,与那位老爷开始说话。我边拍照片,边在旁边听一听,结果知道这位老爷爷原来是这家的户主。




おじいさんはさらに、この赤瓦が辿って来た歴史を熱っぽく語っておられた。
他接着用热情的语调讲这些红瓦走下来的历史。






おみやげはあやぱにモールで物色。
我去Ayapani商店街选择购买土产。




公設市場で写真を撮っていたら、店のおばさんに「何の調査?」と尋ねられた。帽子にサングラスに長袖・手袋で写真撮ってたら、そりゃ怪しいよな。
我在公设市场里拍照片的时候,有铺子的大娘问:"是调查什么?"。我戴着帽子与太阳镜,穿着长袖与手袋拍照片,她怀疑的是理所当然吧。




このハブ、昔おじが沖縄旅行みやげにくれたっけ。食いついて離れないので、幼心にとても怖かった。
这条毒蛇以前我舅父作为冲绳旅行的礼物给我过。它咬住不放,对幼小心灵来说非常可怕。







*住人の旅日記はコチラにアップ中です。
*居民的旅行日记在这里上载中。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-11-13 22:40 | 日本