芽どき花どき

发芽了,开花了

住宅街のミモザアカシア。
住宅街的贝利氏相思树。




サンシュユ。
山茱萸。




これは、サクランボの花だろうか?
这是不是樱桃花?




遅咲きのツバキは、春の訪れに立ち会えて自慢気。
这朵山茶花开得晚,却能体会到春天的到来,扬扬得意。




君たちは居残り組かな?
你们是在加班的吗?




これも柑橘類かと思いきや、調べたらシキミであった。
我以为这也属于柑橘类,但查了一下知道它叫芥草。




ビワは11〜12月に花が咲き、半年かけて実をつける。
琵琶在11月到12月开花,用半年的功夫结果。




カタクリの花。満開までにはもう少し時間がかかりそう。
山慈姑花:看起来还要一会儿时间才盛开。




木々もまさに芽吹きどきだ。
树木也正在是发芽的时候。




「待ってました!」とばかりに顔を出した様子が可愛くて、近寄って手当たり次第に撮ってみる。
等春天等得着急,终于伸出头的样子很可爱,我靠近去它们那里,随便地拍照片。




と、通りすがりの母娘連れに、「それは何の木ですか?」と尋ねられた。
……植物研究者にでも見えたのだろうか。
这时侯,路过的一对母女问我:"那是什么树?"
——她们有没有以为我是植物研究者?





冬の間休ませた畑はほんのり紫色に染まっていた。
冬休的菜园稍微染成紫色了。




市民農園では厄介者だった、ホトケノザのしわざである。
でも、雑草と思わなければなかなか可憐ではないか。
是在市民农园给我添麻烦的宝盖草干的。
不过,只要想它不是杂草,就觉得它很可爱,是不是?





別の畑には茶色いものが多数顔を出している。
近寄ってみると、おお、何とも懐かしい、ツクシではないか!
(残念ながら、フェンス越しにつき、これが限界)
在另一个菜园上不少褐色的东西露出来。
靠近去看的我就叫欢声:哇,真令人怀念! 这是节节草嘛!
(遗憾的是,因为有栅栏,不能更靠近去拍)





若芽を身にまとった柳は、振り袖を着てはしゃぐ子どものよう。
身着新芽的柳树仿佛是穿着长袖和服欢蹦乱跳的孩子。




コブシの花の盛りは、ソメイヨシノより短いだろう。
玉兰花盛开的时间可能比染井吉野樱花短吧。




それでも太陽の光をめいっぱい浴びて咲く姿が好きだ。
即使那样,我喜欢它尽情地晒阳光开花的样子。




桃の花かな? こちらも天に向かって「わーい! 春だー!」と言っているようだ。
这是不是桃花? 它也好像是看着天空,高兴地说:"春天来了〜!"




これは梅ではなくカンヒザクラ。
这不是梅花,而是寒绯樱花。




そしてソメイヨシノもちらほら咲きだした。
于是,染井吉野樱也一个接一个地开花了。



[PR]
by nohohonvillage | 2008-03-25 22:48 | 自然