梅は咲いたか

梅花开了吗?

先日、府中市郷土の森博物館へ梅を見に行った。昨年より2週間ほど経っていたので、もういい加減見頃だろうと思ったのだが、実際は固いつぼみのものも少なくなかった。やはりこの2月が寒すぎたからかなぁ。
前几天,我去府中市乡土森林博物馆赏梅花。今年去得比去年晚两周左右,我以为已经是正好看的时候了,但实际上还在含苞待放的不少。是因为今年二月太冷的原因吗?

おまけに、朝は穏やかな天気だったのに、博物館へ向かう頃から曇って寒風が吹き出し、せっかく用意したおむすびも震えながら食べるはめに。
并且,虽然上午天气比较暖和,但是到博物馆出发的时候天阴沉得很,冷风开始刮,结果特意准备的饭团子也不得不哆嗦地吃。

今年いちばん目を引いたのはしだれ梅。
今年最引人注目的是垂枝梅树。

白い枝垂れ梅

桃色の枝垂れ梅は満開


この梅の木は昨年も撮った覚えが。数珠つなぎに落ちる滝の水滴のように美しく、見るたびに感動する。
我记得去年也拍了这棵梅树:花开得像联成一串地落下的瀑布水滴一样漂亮,我每次都看得感动。

老木の白枝垂を見上げる


紅梅はもう見頃を過ぎて、ピンクの梅がそろそろ満開。可愛いなぁ。
红梅已经过了正好看的时候,粉红色的梅花就要盛开了。好可爱!

薄桃色の梅のアップ


春を告げる花は、心なしか黄色が多い気がする。曇天の下でもそこだけ日だまりがあるようで、見ていて心温まる。
我总觉得,通知春天的到来的花中,黄色的比较多。连阴天的下面也只有这种花的周围好像有阳光,看起来感到心情暖和。

「朧月夜」が歌いたくなる畑。
我一看这菜园,就想唱《朦月夜》(描写菜花田的日本歌→试听)。

菜園の一角に咲き誇る菜の花


水仙。
水仙。

水仙の花のアップ


福寿草。
侧金盏花。

水仙の根元に咲く数輪の福寿草


サンシュユ。
山茱萸。

小川をバックにサンシュユの花


マンサク。
金缕梅。

満開のマンサクの花


風がますます寒くなってきたので、梅園だけ駆け足で回って、民家見学はパスしたが、それでもお気に入りの旧越智家はしっかり押さえた。
因为风越来越冷,所以我匆忙地看了梅园,没有去看别的民房,不过,只有最喜欢的旧越智家仔细地看了。

昨年撮り忘れた生け垣もパチリ。
去年忘记拍的树篱也拍了。

民家を囲む常緑樹の高い生垣


この素朴で美しい佇まいに心惹かれるのだ。
我被这个朴素而漂亮的门面迷住。

茅葺き農家と菜園のある前庭


これは何を祀っているのだろう。お神酒がわが郷里の「司牡丹」なのがうれしい。
在这里祭祀什么神? 神酒牌是我故乡的《司牡丹》,令人高兴。

庭の一角に藁造りの祭祀所が


「ごめんください。また来ましたよ!」
"有人吗? 我又来了!"

農家の畳の間


ここに座って、お茶をすすりながら「この春は何を播こうか」と思案している自分を想像するだけでも楽しい。
我一想像自己坐在这里,喝杯茶,考虑今年春天播什么,心情就愉快了。

板の間から畑を見渡す


シイタケも栽培していた。取り残し一個発見!
蘑菇也栽培着。我发现了一个没收获的!

シイタケのほだ木


最後に、島田家のひな人形に挨拶をして博物館を後にした。
最后我告辞岛田家的桃花节偶人,离开了博物馆。

旧商家に古いひな人形が並ぶ


ところが皮肉なことに、駅へ戻る道すがら再び晴れて暖かくなってきたではないか。
不过天气捉弄人,我到车站的回去的路上天又晴,又暖和起来了。

青空とピンクの椿


梅園より沿道の梅のほうが見栄えがするとは思わなんだ。
没想到路边的梅花比梅园里的更好看。

青空と満開の桃色の梅





スライドショーで様々な梅の表情をお楽しみください。
请在幻灯上观赏各种梅花的表情。

[PR]
by nohohonvillage | 2008-03-06 23:54 | 自然