藤の花随想

紫藤花随感

つつじを見た帰り、民家が軒を連ねる小径にもいろいろな花を発見。いちいち「これは何だろう?」と眺めてはシャッターを切るので歩みがどんどんのろくなってきた。ま、それも休日の散策のおつなところかな。
看映山红后回来的路上,我发现了在民房鳞次栉比的小道上也有多种花开。我逐个地看着猜:"这是什么花?",而且按快门,所以走得越来越慢了。不过,这也是不是一种假日散步的别致呢?

甘い香りがして振り返ると、ハゴロモジャスミンが今にも塀から滑り落ちんばかりに咲いていた。
闻到甜蜜的芳香,回头看就发现了多花素馨(Jasminum polyanthum)。它开花开得快要从围墙滑下了。
d0085939_22315689.jpg

この辺の住民は本当に花好きのようだ。花に詳しくない私には下の3枚はお手上げで、帰宅後インターネットで調べてやっと名前がわかったものだ。
这附近的居民看来真的喜欢养花。对不熟悉花的我来说,下面3张照片的花名根本不知道,是回家后查了一下因特网才知道叫法的。

ツツジ庭園のそばに咲いていたクレマチス。ツツジとは対照的に少し憂いを帯びた表情をしている。
映山红庭院的旁边开着两朵铁线莲(Clematis):与映山红相反,表情带一点愁容。
d0085939_22322087.jpg

楕円形の葉を突き抜けるように伸びる花茎がユーモラス。その名もツキヌキニンドウ。
花茎长得仿佛穿透椭圆形的叶子,很幽默。它名字叫"贯叶忍冬"(Lonicera sempervirens)。
d0085939_22331739.jpg

この木なんの木? 葉っぱや花のつき具合は桃に似ているが、花はまるで菊のような変わった形をしている。たぶん果樹だろうが、何だろう、としばしインターネットをさまよい、「菊桃」と言うことがわかった。観賞用らしいが、こんな桃があることを初めて知った。
这是什么树? 从叶子与花开的样子来看象是桃树,但是花的形状很奇怪,象菊花一样。我一边想:它好像是果树,不过不知道是什么,一边徘徊在因特网里,终于明白了它名字——"菊桃"(Prunus persica cv. Stellata)。据说是观赏用,我到了现在才知道了这种桃树的存在。
d0085939_22335156.jpg

私ならやっぱり、こういう花も実も楽しめるのがいいな。そういえば今年もそろそろ梅酒の季節か。
对我来说,最想栽的是这种树:花与果实都能享受的。哇,今年也快要到腌泡梅酒的季节了。
d0085939_22341693.jpg

できたばかりの小さな公園の隅に池があり、一面カキツバタが植わっていた。
新造不久的小公园的角落里有一个池子,一带栽着燕子花。
d0085939_22343978.jpg

この清々しい紫色と楚々した立ち姿が好きだ。
我很喜欢这清爽的紫色与衣冠楚楚地站立的姿态。
d0085939_2235175.jpg

こちらは藤が見頃を迎えていた。ベンチはお年寄りがずらりと陣取っていて、おしゃべりするでもなく、藤棚に見とれて身動きしない。皆んなそんなに藤が好きなのかな。
在这里紫藤花正在盛开。老人坐成一排在长凳上,看上去都不在聊天,只是呆看藤萝架,身体一动也不动。他们那么喜欢看紫藤花吗?
d0085939_22352621.jpg

ツツジにはツツジの思い出が、藤には藤の思い出がある。子どもの頃住んでいた家の庭に藤棚があった。夏になると、その藤棚の下でビニールプールを出してよく泳いでいた。花よりも実が好きで、あのさやをままごとに使っていたっけ。
看映山红想起映山红的回忆,看紫藤花想起紫藤花的回忆。我小时候住过的房子在院子里有藤萝架。一到夏天,我在那藤萝架的下面放塑料游泳池,常游泳的。我喜欢果实甚于花,因为揪的豆荚可以过家家儿用。
d0085939_22355171.jpg

七五三だったか、親がこんな髪飾りを買ってきたこともあった。でも何だか恥ずかしくてすぐに外してしまった。そういう年頃だったのである。
祝贺"七五三"时,父母为了打粉我的头发,把这样的装饰品买过来,不过我觉得有点害羞,马上摘掉。那正是总爱害羞的年岁的。
d0085939_22361962.jpg

……などと、気がついたら私もベンチのお年寄りと同じように物思いにふけっていた。花には人の記憶を呼び覚ます力があるのだろうか。この古木を見ていたら、とうに取り壊されてしまったはずのあの家や藤棚にも、いつかどこかでまた会えるような気がしてきた。
不知道什么时候我像长凳上的老人一样开始沉思了。花有没有使人回复记忆的作用? 我看着这古树就感觉:我也许在什么时候在什么地方会看见应该早已拆除的那房子与藤萝架。
d0085939_22411216.jpg

[PR]
by nohohonvillage | 2007-05-10 22:49 | 自然